Waseda University Library早稲田大学図書館

Services

サービス

FAQ

FAQ

資料の入手

はい、学生および教職員は、政経・法・教育・商・社学・理工・国際教養・日本語教育の学生読書室の図書を借りることができます。 詳しくは「共通貸出規則」をご覧ください。

ILLとは、”Interlibrary Loan”の略で図書館間相互貸借を意味します。早稲田大学図書館では、 図書館間相互貸借と文献複写取り寄せサービスを合わせて、”ILL”(アイ・エル・エル)と呼んでいます。つまり、自館で所蔵していない資料を他の図書館 から現物借用または複製(コピー)という形で取り寄せて利用者に提供するサービスです。詳しくは、「資料の取り寄せ(学内者対象)」をご覧ください。

WINEについて

専任教職員・非常勤講師・助教・助手・大学院生・学部学生の方はMyWasedaから利用の申し込みができます。詳しい操作方法は「整理中図書を利用する際の申請方法」をご覧ください。該当しない方はレファレンスカウンターにてお申し込みください。

はい。WINEで予約をかけることができます。詳しくは「貸出・返却・延長・予約(学内者対象)」のページをご覧ください。

貸出・返却のルール

まず、「利用者記録の照会」画面で状況をご確認ください。データが貸出中のままであれば、置いた場所と書架の定位置をご確認ください。図書が見つかった場合は、その図書を持参してレファレンスカウンターにご相談ください。見つからない場合も、返却期限を過ぎると貸出図書の延滞となりますので、お早めにご相談ください。借りた図書は、返却カウンターに返すまで、ご自身で責任を持って管理していただきますよう、お願いいたします。

連絡が行き違いになった可能性もありますので、まず「利用者記録の照会」画面で状況をご確認ください。まだ貸出中になっている場合は、お早めにレファレンスカウンターにご相談ください。督促された図書を書架で見つけた場合は、レファレンスカウンターにご持参いただき、状況をお知らせください。

病気等のご事情により、図書館まで返却に来ることが困難な場合に限り、代理の方による返却または郵送による返却を受け付けます。ただし、図書の紛失や郵送事故などのトラブルが発生した場合には、図書を借りたご本人の責任で対処していただくことになりますので、あらかじめご了承ください。

はい、長期貸出サービスを行ないます。詳細は、図書館ホームページにてお知らせします。

レファレンス事例集

  • レファレンス事例は【こちら】からご覧いただけます。
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/library/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる