Waseda University Library早稲田大学図書館

Collections & Publications

コレクション・刊行物

Lease for Exhibitions

出陳情報


 

展示概要

江戸時代、日本は世界でも有数の出版大国でした。それまで学問や贈答を目的とする高尚な存在だった書物が、町人の間にも広く浸透した要因のひとつには、ストーリーの面白さと挿し絵の充実化があったと言われています。本企画展では、当館の所蔵する絵入り本の中から、江戸時代前期(17世紀~18世紀初め)に出版された資料と、その挿絵の数々をご紹介します。通俗的なものから美しい挿絵まで、その背景にある江戸時代の書籍流通や出版文化にも迫ります。

日時・場所

会期:2021年10月1日(金)~11月11日(木)(日曜閉室)
時間:10:00~18:00
場所:早稲田大学総合学術情報センター2階展示室

  • 入場無料。図書館入館資格のない方でもご覧いただけます。
  • 次の日曜日は開室します:10/24、11/7
  • 次の日程は17時閉室となります:10/24、11/5、11/6、11/7

来館時の注意

新型コロナウイルス感染防止対策のため、来館時には必ず事前に「図書館展示室での企画展観覧にあたって」をご確認ください。

展示品リスト

伊勢物語、文正草子、竹斎、平治物語、仁勢物語、源氏物語、京童、東海道名所記、吉原こまざらい、はちかづき、的中地本問屋、江戸雀、好色一代男(大坂版)、好色一代男(江戸版)、好色江戸紫、山路の露、武道伝来記、日本永代蔵、忠臣身替物語、世間胸算用、百人一首像讃抄、役者口三味線、若草源氏物語、色ひいな形、魂膽色遊懐男

新型コロナウイルス感染症の影響により上記内容は変更となる場合があります。適宜最新情報をご確認ください
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/library/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる