Waseda Research Institute for Science and Engineering早稲田大学 理工学術院総合研究所

WISE Research Initiatives

<NEW> 理工・重点研究領域

Institute for Social Implementation of Advanced Chemical Wisdom

先端化学知の社会実装 研究所

先端化学知の社会実装研究所

研究所長

先進理工学部 応用化学科 松方正彦 教授

先進理工学部 応用化学科 松方正彦 教授


研究所紹介


メンバー

松方 正彦 教授  応化  エネルギー変換化学・社会実装学
下嶋 敦 教授  応化  物質変換化学
山口 潤一郎 教授  応化  物質変換化学
桐村 光太郎 教授  応化  物質変換化学
本間 敬之 教授  応化  エネルギー変換化学
門間 聰之 教授  応化  エネルギー変換化学
小柳津 研一 教授  応化  エネルギー変換化学
野田 優 教授  応化  物質変換化学・社会実装学
関根 泰 教授  応化  エネルギー変換化学
古川 行夫 教授  化学  先端計測化学
中田 雅久 教授  化学  機能創成化学
中井 浩巳 教授  化学  機能創成化学
柴田 高範 教授  化学  機能創成化学
中尾 洋一 教授  化学  機能創成化学
TEAH, Heng Yi 次席研究員  理工総研  社会実装学
GUEGAN, Régis 教授(任期付)  国際理工学センター  機能創成化学
山本 佳奈 准教授(任期付)  国際理工学センター  機能創成化学


研究概要

ものづくり・資源、環境・エネルギー、健康・医療などの技術分野における、知識および技術の膨大化は、専門分化と全体システムの複雑化を招き、応用研究においてすら科学技術と社会の距離が広がってしまっている。したがって、われわれ研究者は急激に進化する社会の現状を正しく把握し、その外挿でトレンドをフォアキャストするとともに、社会の持続性を担保する境界条件を明確化し、それを満たすビジョンを構築すること、さらにはビジョンからのバックキャストでシステムと技術を構想・設計・評価・開発し、経済価値にも繋げる、総合的な研究開発が必要となる。すなわち単なる個別技術の実用化ではなく、新たな社会システムの実現に繋げる「社会実装学」の学理の構築と、個々の技術での実践が強く望まれる。

init-chem

 

本研究所では、本学化学系のこれまでの「実践的化学知」に関する研究活動を新たに「物質変換化学」、「エネルギー変換化学」、「機能創成化学」、「先端計測化学」の4分野に統合し、社会要請に応えるべく「先端化学知」の継続的創成をはかる。これら「先端化学知」を結集し、社会実装を意識しながら目的に応じて自在に組み合わせる仕組みを新たに構築する。従来のシーズベースの技術統合による実用化への試みに加え、従来型の個別の産学連携活動を超え、化学関連産業とコンソーシアムの形成など産学協働の場を創出する。さらに、社会ビジョンからのバックキャストに基づくシステム設計、既存シーズ探索と現有シーズとの統合、ボトルネックの可視化と新規シーズ開拓にも取り組むことで、「社会実装の学理の構築」と「先端化学知の価値化」を推進することを目的とする。

 


今後の企画


活動履歴

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/wise/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる