Waseda Research Institute for Science and Engineering早稲田大学 理工学術院総合研究所

About the Institute and Researchers

研究所と研究員

WISE Researchers

研究員と研究員の人事申請

当研究所で行われる研究活動は、以下の研究員により構成されています。

研究重点教員、特任研究教授、(常勤)研究員*、理工総研が募集する次席研究員*、研究助手、(非常勤)研究員*、招聘研究教授**、名誉研究員**、招聘研究員**、嘱託**、兼任研究員

*印:研究院呼称(研究院教授、研究院客員教授等)が付与されています。
**印:本学との雇用関係はありません。

研究員一覧

谷口 正信 TANIGUCHI Masanobu    教授    基幹理工学部 応用数理学科

古谷 誠章 FURUYA Nobuaki    教授    創造理工学部 建築学科

井上 昭雄 INOUE Akio    教授(任期付)    先進理工学部 物理学科

福永 明彦 FUKUNAGA Akihiko 教授(任期付) 先進理工学部 応用化学科

上級研究員

荒 勝俊 Ara, Katsutoshi 上級研究員(研究院教授)
今田 正俊 IMADA, Masatoshi 上級研究員(研究院教授)
駒宮 幸男 KOMAMIYA, Sachio 上級研究員(研究院教授)
錦谷 禎範 NISHIKITANI, Yoshinori 上級研究員(研究院教授)
前川 卓 MAEKAWA, Takashi 上級研究員(研究院教授)
松永 是 MATSUNAGA, Tadashi 上級研究員(研究院教授)

主任研究員

浅岡 陽一 ASAOKA, Yoichi 主任研究員(研究院准教授)
岩田 和彦 IWATA, Kazuhiko 主任研究員(研究院講師)
小河 脩平 OGO, Shuhei 主任研究員(研究院准教授)
亀崎 允啓 KAMEZAKI, Mitsuhiro 主任研究員(研究院准教授)
鄭 顕志 TEI, Kenji 主任研究員(研究院准教授)
望月 義彦 MOCHIZUKI, Yoshihiko 主任研究員(研究院准教授)
八木 高伸 YAGI, Takanobu 主任研究員(研究院准教授)

次席研究員

五十幡 康弘 IKABATA, Yasuhiro 次席研究員(研究院講師)
石井 辰典 ISHII, Tatsunori 次席研究員(研究院講師)
磯村 朋子 ISOMURA, Tomoko 次席研究員(研究院講師)
林 秀原 LIM, Soowon 次席研究員(研究院講師)
井本 文裕 IMOTO, Fumihiro 次席研究員(研究院講師)
岩上 わかな IWAKAMI, Wakana 次席研究員(研究院講師)
ウェブ カレン エリザベス WEBB, Karen Elizabeth 次席研究員(研究院講師)
上森 理弘 UWAMORI, Masahiro 次席研究員(研究院講師)
大越 孝洋 OHGOE, Takahiro 次席研究員(研究院講師)
太田 英介 OTA, Eisuke 次席研究員(研究院講師)
大谷 拓也 OTANI, Takuya 次席研究員(研究院講師)
大貫 隼 OHNUKI, Jun 次席研究員(研究院講師)
尾方 壮行 OGATA, Masayuki 次席研究員(研究院講師)
小野 純一 ONO, Junichi 次席研究員(研究院講師)
加藤 真也 KATO, Shinya 次席研究員(研究院講師)
金井 謙治 KANAI, Kenji 次席研究員(研究院講師)
木谷 建太 KITANI, Kenta 次席研究員(研究院講師)
木村 晃敏 KIMURA, Akitoshi 次席研究員(研究院講師)
倉石 孝 KURAISHI, Takashi 次席研究員(研究院講師)
碁盤 晃久 GOBAN, Akihisa 次席研究員(研究院講師)
周 ベイニ ZHOU, Beini 次席研究員(研究院講師)
ジャン シン ZHANG, Xin 次席研究員(研究院講師)
周 建斌 CHOU, Chien Pin 次席研究員(研究院講師)
清野 淳司 SEINO, Junji 次席研究員(研究院講師)
ソムロア ソフォン SOMLOR, Sophon 次席研究員(研究院講師)
孫 鶴鳴 SUN, Heming 次席研究員(研究院講師)
高畑 光善 TAKAHATA, Mitsuyoshi 次席研究員(研究院講師)
高畠 知行 TAKABATAKE, Tomoyuki 次席研究員(研究院講師)
竹内 健 TAKEUCHI, Masaru 次席研究員(研究院講師)
田中 一成 TANAKA, Kazuaki 次席研究員(研究院講師)
陳 怡静 CHEN, I Ching 次席研究員(研究院講師)
坪子 侑佑 TSUBOKO, Yusuke 次席研究員(研究院講師)
ティア ヘン イ TEAH, Heng Yi 次席研究員(研究院講師)
ドゥアン グアンタオ DUAN, Guangtao 次席研究員(研究院講師)
中村 厚 NAKAMURA, Atsushi 次席研究員(研究院講師)
長濱 峻介 NAGAHAMA, Shunsuke 次席研究員(研究院講師)
西村 好史 NISHIMURA, Yoshifumi 次席研究員(研究院講師)
比護 拓馬 HIGO, Takuma 次席研究員(研究院講師)
平松 裕基 HIRAMATSU, Yuki 次席研究員(研究院講師)
ファブレル アーチャ トリスタン FAVREL, Arthur Tristan 次席研究員(研究院講師)
淵田 茂司 FUCHIDA, Shigeshi 次席研究員(研究院講師)
舩田 陸 FUNADA, Riku 次席研究員(研究院講師)
プラスティスト ウィディヤワント バンバン PRASTISTHO, Widyawanto Bambang 次席研究員(研究院講師)
細川 正人 HOSOKAWA, Masahito 次席研究員(研究院講師)
ホワイト ドナルド ヒルトン WHITE, Donald Hylton 次席研究員(研究院講師)
ポーレ リコ POHLE, Rico 次席研究員(研究院講師)
増田 亮 MASUDA, Ryo 次席研究員(研究院講師)
町田 光史 MACHIDA, Koshi 次席研究員(研究院講師)
松吉 大輔 MATSUYOSHI, Daisuke 次席研究員(研究院講師)
モハメド アブダラマジッド アブダラ モハメド アハメド MOHAMMED, Abdalmajeed Abdalla Mohamed Ahmed 次席研究員(研究院講師)
森永 真央 MORINAGA, Masahiro 次席研究員(研究院講師)
矢菅 浩規 YASUGA, Hiroki 次席研究員(研究院講師)
安田 和弘 YASUDA, Kazuhiro 次席研究員(研究院講師)
山中 郷史 YAMANAKA, Satoshi 次席研究員(研究院講師)
ユリアント ムハマド YULIANTO, Muhamad 次席研究員(研究院講師)
吉川 武司 YOSHIKAWA, Takeshi 次席研究員(研究院講師)
ラッデル サムエル ケルビン RUDDELL, Samuel Kelvin 次席研究員(研究院講師)
李 天舒 LI, Tianshu 次席研究員(研究院講師)
リ モーチェン LI, Mochen 次席研究員(研究院講師)
王 海龍 WANG, Hailong 次席研究員(研究院講師)

理工総研の研究体制の充実をはかると同時に優れた研究能力を有する若手研究者の研究を奨励するために、理工総研が募集する次席研究員を若干名置きます。他の研究機関への正規採用を目指すポストドクターへの暫時的な支援を主たる目的としています。

五十幡 康弘 IKABATA, Yasuhiro
太田 英介 OTA, Eisuke
大谷 拓也 OTANI, Takuya
尾方 壮行 OGATA, Masayuki
木谷 建太 KITANI, Kenta
清野 淳司 SEINO, Junji
坪子 侑佑 TSUBOKO, Yusuke
長濱 峻介 NAGAHAMA, Shunsuke
平松 裕基 HIRAMATSU, Yuki
ファブレル アーチャ トリスタン FAVREL, Arthur Tristan
増田 亮 MASUDA, Ryo
町田 光史 MACHIDA, Koshi
安田 和弘 YASUDA, Kazuhiro
ユリアント ムハマド YULIANTO, Muhamad
リ モーチェン LI, Mochen

客員上級研究員

有光 晃二 ARIMITSU, Koji 客員上級研究員(研究院客員教授)
林 憲玉 IMU, Honoku 客員上級研究員(研究院客員教授)
浦川 順治 URAKAWA, Junji 客員上級研究員(研究院客員教授)
遠藤 彰 ENDO, Akira 客員上級研究員(研究院客員教授)
大内 茂人 OUCHI, Shigeto 客員上級研究員(研究院客員教授)
荻田 武史 OGITA, Takeshi 客員上級研究員(研究院客員教授)
小坂 眞一 OSAKA, Shinitchi 客員上級研究員(研究院客員教授)
加瀬川 均 KASEGAWA, Hitoshi 客員上級研究員(研究院客員教授)
川村 公一 KAWAMURA, Kouichi 客員上級研究員(研究院客員教授)
粂野 文洋 KUMENO, Fumihiro 客員上級研究員(研究院客員教授)
黒澤 正一 KUROSAWA, Shoichi 客員上級研究員(研究院客員教授)
小林 慶規 KOBAYASHI, Yoshinori 客員上級研究員(研究院客員教授)
斎藤 恭一 SAITO, Kyoichi 客員上級研究員(研究院客員教授)
斉藤 純夫 SAITO, Sumio 客員上級研究員(研究院客員教授)
齋藤 宏文 SAITO, Hirobumi 客員上級研究員(研究院客員教授)
佐藤 光三 SATO, Kozo 客員上級研究員(研究院客員教授)
塩田 邦郎 SHIOTA, Kunio 客員上級研究員(研究院客員教授)
平良 繁治 TAIRA, Shigeharu 客員上級研究員(研究院客員講師)
高信 英明 TAKANOBU, Hideaki 客員上級研究員(研究院客員教授)
ダリオ パオロ DARIO, Paolo 客員上級研究員(研究院客員教授)
千葉 敏雄 CHIBA, Toshio 客員上級研究員(研究院客員教授)
常木 英昭 TSUNEKI, Hideaki 客員上級研究員(研究院客員教授)
槙 宏太郎 MAKI, Koutaro 客員上級研究員(研究院客員教授)
溝口 明則 MIZOGUCHI, Akinori 客員上級研究員(研究院客員教授)
三家 礼子 MITSUYA, Reiko 客員上級研究員(研究院客員教授)

客員主任研究員

安積 隆夫 ASAKA, Takao 客員主任研究員(研究院客員講師)
有元 誠 ARIMOTO, Makoto 客員主任研究員(研究院客員講師)
尾崎 克久 OZAKI, Katsuhisa 客員主任研究員(研究院客員准教授)
河東田 道夫 KATOUDA, Michio 客員主任研究員(研究院客員講師)
木戸 冬子 KIDO, Fuyuko 客員主任研究員(研究院客員講師)
齋藤 潮美 SAITO, Shiomi 客員主任研究員(研究院客員講師)
宗 慶太郎 SOU, Keitaro 客員主任研究員(研究院客員准教授)
鄭 宗秀 JEONG, Jongsoo 客員主任研究員(研究院客員准教授)
仁田 佳宏 NITTA, Yoshihiro 客員主任研究員(研究院客員准教授)
橋本 健二 HASHIMOTO, Kenji 客員主任研究員(研究院客員准教授)
原 由理枝 HARA, Yurie 客員主任研究員(研究院客員准教授)
松崎  和賢 MATSUZAKI, Kazutaka 客員主任研究員(研究院客員准教授)
盛川 浩志 MORIKAWA, Hiroyuki 客員主任研究員(研究院客員准教授)
山崎 恭 YAMAZAKI, Yasushi 客員主任研究員(研究院客員准教授)
山中 脩也 YAMANAKA, Naoya 客員主任研究員(研究院客員准教授)
山本 信夫 YAMAMOTO, Nobuo 客員主任研究員(研究院客員准教授)
吉岡 信和 YOSHIOKA, Nobukazu 客員主任研究員(研究院客員准教授)
脇田 健裕 WAKITA, Takehiro 客員主任研究員(研究院客員准教授)

客員次席研究員

赤澤 泰 AKAZAWA, Yasushi 客員次席研究員(研究院客員講師)
石塚 充雅 ISHIZUKA, Mitsumasa 客員次席研究員(研究院客員講師)
稲垣 嘉彦 INAGAKI, Yoshihiko 客員次席研究員(研究院客員講師)
大野 慶祐 OHNO, Keisuke 客員次席研究員(研究院客員講師)
春日 秀之 KASUGA, Hideyuki 客員次席研究員(研究院客員講師)
金 相賢 KIM, Sanghyun 客員次席研究員(研究院客員講師)
小林 麻衣子 Kobayashi, Maiko 客員次席研究員(研究院客員講師)
サクティ アディチャ ウィバワ SAKTI, Aditya Wibawa 客員次席研究員(研究院客員講師)
サンジュレ シャルルボアー マキシム ST GELAIS CHARLEBOIS, Maxime 客員次席研究員(研究院客員講師)
菅 佑樹 SUGA, Yuki 客員次席研究員(研究院客員講師)
野田 満 Noda, Mitsuru 客員次席研究員(研究院客員講師)
ノックス エレナ マリー KNOX, Elena Marie 客員次席研究員(研究院客員講師)
蓮池 岳司 HASUIKE, Takeshi 客員次席研究員(研究院客員講師)
安井 万奈 YASUI, Mana 客員次席研究員(研究院客員講師)
横山 聡 YOKOYAMA, Satoshi 客員次席研究員(研究院客員講師)


<嘱任資格>
1 博士学位を取得している研究者
2 大学・研究機関等で研究を行い、1と同等の研究実績をもつ研究者
3 プロジェクト研究に従事することを条件に、大学院修士課程修了後2年以上を経た者、または学部卒業後5年以上の実務経験を有する者

<任期>
1年以内、その期間は都度定める。ただし、再任を妨げない。

<嘱任資格>
大学・研究機関等で研究を行い、研究実績をもつ研究者

<任期>
1年以内、その期間は都度定める。ただし、再任を妨げない。

<嘱任資格>
兼任研究員であった教授、特任教授または特任研究教授であって、在任中における総合研究所での研究上の功績が顕著な者

<任期>
1年以内、その期間は都度定める。ただし、再任を妨げない。


本学の専任教員、特任研究教授(理工学術院本属に限定しない)が、当研究所で研究代表者として研究活動を行うには、当研究所の兼任研究員になる必要があります。理工学術院本属専任教員、任期付教員(講師(任期付)、助教除く)は嘱任時に兼任研究員となります(理工学術院本属の講師(任期付)はご自身で申請のうえ、運営委員会での承認が必要です)。
兼任研究員の任期は、理工総研の所長の任期に従います。ただし、再任を妨げません。

なお兼任研究員の理工総研における研究展開の条件については、以下の通りです。

研究展開/
兼任研究員
理工総研
PJ代表資格
人事
申請資格
受託研究
共同研究
科研費 財団
応募資格
研究代表者研究分担者連携研究者 研究協力者
【専任】

教授・准教授・専任講師・特任教授

【任期付】

教授・准教授・講師(*)

× ×

凡例:(*)講師(任期付)は申請必要、○:資格を有する、×:資格を有さない、△:資格の有無を判断するため事前に事務要相談

  • 「兼任研究員」嘱任申請書 ※理工学術院の講師(任期付)、理工学術院以外の専任教員、特任研究教授用です。
    ※理工学術院本属専任教員、任期付教員(講師(任期付)、助教除く)は嘱任時に兼任研究員となります。

研究員人事申請(学内向け)

研究員申請について(本学と雇用契約を締結する場合)

科研費等原資の場合は、専攻からの申請扱いとなり、専攻での教室会議承認を経て、総研運営委員会に付議されます。

PJ研究受入れ原資を雇用財源とする人事について

理工総研PJ従事の、PJ受入の外部資金(受託研究など)を雇用財源とする場合は、理工総研研究部門委員会での承認を経て、総研運営委員会に付議されます。

「理工総研が募集する次席研究員」(理工総研原資を雇用財源とする)人事について

理工総研で募集する、独自の次席研究員人事制度があります。申請書、履歴書、教育研究業績等が必要です。研究部門委員会、研究振興委員会の議を経て総研運営委員会にて審議されます。詳細は申請要領をご覧ください(掲載のない場合は募集は行っていません)。研究重点教員(専任教員)およびプロジェクト研究代表者(部屋なしPJ研究代表者は除きます)であれば、本制度申請を行うことができます。なお財源は本学の研究推進部主管予算となり、雇用の扱いは外部資金ではなく大学雇用扱いとなります。

理工重点従事の理工総研(旧理工研原資)を雇用財源とする場合は、理工重点研究所内での承認を経て、国際理工学センター運営委員会、総研運営委員会に付議されます。

理工重点従事の重点研究所内で受け入れる外部資金を雇用財源とする場合は、理工重点研究所内での承認を経て、総研運営委員会に付議されます。

嘱任予定の方が外国籍の場合は、採択決定後、在留資格および査証申請手続きが必要となるため2~3ヵ月要します。

(受入研究室)「在留資格認定申請書」および必要書類を入国管理局に提出(代理申請)

○在留資格認定証明書交付申請書(申請人等作成用+所属機関作成用(有効期間3か月))
※所属機関作成用は大学本部にて作成。
○雇用条件確認書(大学作成)
○採用予定証明書(大学作成、ローマ字氏名記載含む)
○履歴書コピー
○返信用封筒(定形封筒に宛先を明記の上,392円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの)
○(覚書による無給の場合)理由書(サンプル

(受入研究室)「在留資格認定証明書」が交付(入管より郵送)
(受入研究室)「在留資格認定証明書」を在外の申請者(嘱任予定の研究員)へEMSで郵送
(本人)在外日本大使館等で査証(VISA)の申請
(本人)在外日本大使館等より査証(VISA)が発給
(本人)日本への入国および、在留カードの交付
(本人・受入研究室)在留カードコピーを事務所へ提出

「高度専門職1号イ」の在留資格の場合、早稲田大学の「指定書」でない場合は、「機関名」を本学に変更する以下の手続きが必要となります。(※「高度専門職1号イ」の方は、「指定書」記載の機関でしか就労ができないため、勤務先が変わる場合は記載内容の変更が必要。)

①嘱任予定者本人は、「指定書」コピーの提出および「所属機関用」、「採用予定証明書」の発行依頼を人事課へ行って下さい。

②嘱任予定者本人は、「在留資格変更許可申請書」の申請人等作成用1-3を記入してください。(様式は下記よりダウンロード可)

http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-2-1.html

③人事課が、学内決済終了し嘱任が承認された後、依頼のあった「所属機関用」、「採用予定証明書」を発行し、依頼元へ送付します。

④嘱任予定者本人は、記入した「在留資格変更許可申請書」、「所属機関用」、「採用予定証明書」を嘱任予定者本人が入国管理局へ提出して下さい。

⑤入国管理局が、申請者本人へ変更済みの「指定書」を交付します。

⑥嘱任予定者本人は、変更済みの「指定書」のコピーを理工総研事務所へ提出してください。

常勤研究員、非常勤研究員の理工総研における研究展開の条件については、以下の通りです。

研究展開/
研究員
理工総研
PJ代表資格
人事
申請資格
受託研究
共同研究
科研費 財団
応募資格
研究代表者研究分担者連携研究者 研究協力者
【任期付・常勤

上級研究員・主任研究員・次席研究員・研究助手

× ×
【任期付・非常勤】

客員上級研究員・客員主任研究員・客員次席研究員

× × ×

凡例:○:資格を有する、×:資格を有さない、△:資格の有無を判断するため事前に事務要相談

任期付教員(研究員)の受託・共同研究等の契約について

理工総研では、「理工総研における「指針」」に基づき、別途確認書をご提出いただきます。
受託研究・共同研究・指定寄付・委託研修・試験依頼・研究交流事業の受入に関する具体的な方法については、研究総合支援課にご確認ください。


研究員申請について(本学と雇用契約を締結しない場合)

兼任研究員である専任教員、特任研究教授からのみ申請できます。あわせて履歴書・教育研究業績の提出が必要です。詳細は人事申請要領をご覧ください。

(ご参考)理工総研プロジェクト受入代表者による嘱任申請[4月1日嘱任手続の場合]

日程 手続等 会議体等
10月中旬 日程・手続等の報告 運営委員会
11月下旬 申請締切
12月~1月 各研究部門決議 研究部門委員会
2月初旬 運営委員会決議 運営委員会
4月1日 嘱任

(ご参考2)理工重点研究領域 各研究所 所長による嘱任申請[4月1日嘱任手続の場合]

日程 手続等 会議体等
10月中旬 日程・手続等の報告 運営委員会
1月下旬 申請締切
2月初旬 運営委員会決議 運営委員会
4月1日 嘱任

研究員の継続嘱任・解任について毎年11月頃にメンターとなっている兼任研究員にお伺いします。
なお、年度途中での解任の場合は、すみやかに理工総研事務所にご連絡をお願いします。


出張手続について

出張手続きはe-Trip(MyWaseda)からご利用いただけます。

教員:上部「ホーム」タブ → 左側メニューより「e-Trip(出張システム)」

なお、e-Tripの操作に関しては以下ご参照ください。

https://waseda-research-portal.jp/how-to-use/e-trip/

■問い合わせフォーム 上述のMyWaseda上の「e-Trip(出張システム)」メニュー→「問い合わせ」

※海外渡航時に、本学指定の海外旅行保険に加入していただいていますが、保険会社より、一部の国・地域(キューバ、北朝鮮、イラン、シリア、イエメン、クリミア地域)においては医療アシスタンス(病院の紹介、キャッシュレス受診の手配)の提供や、事後の保険金請求ができない場合があることについて報告がありました。詳細はMyWasedaの案内を参照ください。

在職証明書等、給与証明書、源泉徴収票の発行、勤務管理(非常勤用)(人事部、学内向け)、Waseda-IDについて

兼業手続(常勤職用)

招聘研究員等身分証明書の発行や受入に際して

身分証明書は希望者に対し発行しています。希望される場合は、「身分証明書」発行申請書をダウンロードし、研究代表者(メンター教員)の捺印の上、理工総研事務所(55号館S棟1階)まで提出してください(学内便可)。

理工総研招聘研究員および嘱託の傷害保険加入について

嘱託の不慮の事故に対する補償を考え、1986年5月22日の管理委員会(理工総研 現運営会議)において検討した結果、担当研究員(兼任研究員等)を通して本人の了解が得られた場合、下記の内容で嘱託を被保険者として保険に加入することにした。(招聘研究員にも適用:1990年6月幹事会承認(理工総研))※名誉研究員は傷害保険加入対象外。

保険の加入については任意とする。また、未加入者については傷害保険の対象とはせず補償は行わない。保険料(団体一括加入)については理工総研が負担する。加入期間については、原則として運営会議嘱任承認日より解任日までとする。 ※保険期間は7/1から翌年の7/1までの1年更新で、毎年6月頃傷害保険加入の調査を行う。

理工総研での研究活動中に事故が起きた場合は理工総研に連絡をする。理工総研は保険会社に手続きを行い、保険金を受け取り、該当者に「見舞金」として支払う。見舞金については、保険会社との契約内容により支払われる。

<契約内容の一部>
事故により傷害を被り、その傷害が生じた日から180日以内の死亡、またはその後遺傷害に対しての見舞金は、1人あたり500万円を限度として支払われる。傷害入院及び通院の場合、事故の日より180日を限度として、一人あたり次の見舞金が支払われる。

o 入院日額 5,000円

o 通院日額 2,500円

見舞金の支払いが出来ない主な事項は次のとおりである。

o 病気入院・通院によるもの

o 故意、自殺、犯罪行為または闘争行為によるもの

o 放射線照射、放射線汚染、大気汚染、環境汚染によるもの

o 地震、噴火、津波によるもの

o 山岳徒登はん、危険なスポーツによるもの

o 頸部症候群(いわゆる「むちうち症」)または腰痛で他覚症状のないもの

o ガン治療死亡によるもの

o その他

招聘研究員、嘱託の皆様には、当研究所のメンバーの一員としての自覚をお持ちいただくとともに、より安心して研究活動に携わっていただくことを目的として、留意点等をまとめています。

招聘研究員、嘱託の方は、研究活動に従事する際には、メンター教員の指示・承認のもと活動していただくことになります。また、実際の活動にあたっては、早稲田大学で定められた研究に関する各種規程に準じていただくことが必要不可欠となりますので、以下の各項目を十分に理解いただきますようお願いします。

(1)キャンパスへの入構、研究室への入室について

メンター教員の指示に従ってください。休日の入構に際しては、身分証明書を提示することで西早稲田キャンパス内に入構することができますが、建物ごとに施錠の状況が異なりますので、詳細は、メンター教員にご確認ください。なお、入試に伴うロックアウト期間中(2月中旬頃)は、キャンパス内にも入構することができません。

(2)研究倫理について

理工総研での研究活動に限らず、早稲田大学で研究活動に携わるすべての方は、倫理的な態度と行動規範として制定されている「早稲田大学学術研究倫理憲章」、「学術研究倫理に係るガイドライン」、および「研究活動に係る不正防止に関する規程」に則り研究活動に携わることが求められます。研究活動をはじめる前には、研究倫理オフィスホームページに記載の内容を必ずご確認ください。

(3)知的財産の取り扱いについて(知的財産の基本理念と職務発明)

大学の使命の一つである「社会貢献」を実現するために、早稲田大学では、知的財産に関する基本理念および早稲田大学職務発明規程を定め、産学官研究推進センターを中心として、知的財産の組織的な活用を進めています。職務発明規程では、招聘研究員・嘱託研究員が行った発明も対象とされている場合がありますので、『知的財産に関する基本理念』、また『早稲田大学職務発明規程』を必ずご一読いただきますようお願いします。

(4)緊急時の対応、事故防止のためのルール

実験を行う場合、様々な機器・装置、化学物質・薬品等を扱うことが予想され、事故に遭遇する可能性があります。危険予知や準備が十分でない場合や扱い方を誤った場合には大事故につながることもあります。西早稲田キャンパスでは、西早稲田キャンパス安全衛生委員会のもとで、安全管理や環境保全のための様々なルールが策定され、安全を保つよう積極的な活動が行われています。招聘研究員・嘱託の皆様にも、ルールに則り研究活動に従事いただきますようお願いします。安全に関するルールの詳細は、理工学術院安全サイトを参照ください。『安全のてびき』の冊子版の入手を希望される場合は、技術企画総務課までお申し出ください。

(5)安全保障輸出管理について

・研究活動を行う中で、海外への貨物(計測機器や試料等)の輸出や技術情報を提供(国内の非居住者への提供を含む)する機会が発生する場合、これらの貨物や技術情報には「外国為替及び外国貿易法(外為法)」で規制を受けるものも含まれていることもあるので注意が必要です。
・本学は安全保障輸出管理規程を定めて法令を順守し円滑な研究活動を進めています。詳しくは安全保障輸出管理ホームページを確認ください。質問・ご相談は、研究推進部産学官研究推進センターまでお問合せください。

・研究の都合上、名刺が必要な場合は、事前にメンター教員に相談いただき、次の点に注意して作成してください(費用負担についてはメンター教員に相談いただくか、自己負担となります)。
・付与された資格名(招聘研究員・嘱託等)以外を名刺に記載することは認められません。
・本学の校章やUIを名刺に入れた場合、本学とは関係のない本属機関等の名称、役職等を併記することは認められません。
・住所・電話等の連絡先について、本学における研究プロジェクト(研究室)以外の情報を記載することは認められません。

○:早稲田大学****研究プロジェクト招聘研究員□川◇子
×:早稲田大学****研究プロジェクトマネージャー□川◇子
×:早稲田大学****研究プロジェクト招聘研究員 ●●●研究所 主任研究員 □川◇子

Waseda‐netメールアドレス希望の方は、メンター教員にアドレス取得を依頼してください。また、解任の際には、アドレスの削除を依頼してください。

受入教員の方へ:Waseda‐netメールアドレスの取得・削除申請はMyWasedaのITサービスメニューから申請できます。

奨励研究について(理工総研が募集する次席研究員用)

奨励研究について(理工総研募集次席研究員用)

主旨

理工総研が募集する次席研究員(以下、理工総研次席研究員)の育成を目的として、研究助成を行う。

申請資格・時期・手続

当該年度の理工総研次席研究員への嘱任申請と兼ねるものとし、嘱任が決定した時点で嘱任期間の奨励研究にも採択する。ただし解任された場合は、解任日を以て奨励研究も終了する。4月の理工総研運営委員会において交付承認されて初めて、4月1日に遡って使用可能となる扱いとなる。残額は翌年度繰越はできない。

交付申請書の提出

年度毎に所定の奨励研究費交付申請書に必要事項を記入のうえ、理工総研に提出する。理工総研執行部による交付申請書の確認を経たうえで、規定の奨励研究費を支給する。締切日等は該当者宛てに理工総研より通知する。

研究期間

理工総研次席研究員としての嘱任期間と同一とする。ただし交付申請書は年度毎に提出する。

研究助成規模

(1)基本の奨励研究費(80万円)(課題番号:BA080Z00300)

(2)海外学会出張補助費(11万円)(課題番号:BA080Z00400、「研究費005」)

(3)学会出張補助費(9万円)(課題番号:BA080Z00500、「研究費004」)

※証票類は研究総合支援課担当者に提出する。執行にあたっては研究総合支援課に問合せること。

※(2)(3)は奨励研究費との合算が可能。

※出張願いにおける経費は「その他学外経費」扱いとなる。

収支決算報告書の提出

毎年度末までに当該年度の収支決算報告書を理工総研へ提出する。期間内に提出されなかった場合、次年度以降の奨励研究費交付を認めない。

研究成果報告

理工総研ホームページ「ASTE(年次報告)」上で公開する。

研究費獲得状況の報告

毎年度末研究費の獲得状況を報告する。

文科省科学研究費への申請

本助成に対し申請する研究課題は、「文部科学省科学研究費」にも研究代表者として申請すること。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/wise/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

  • Google Chrome
    Windowsバージョン38 以上
    Macintoshバージョン38 以上
    Webサイト

  • Fire Fox
    Windowsバージョン33 以上
    Macintoshバージョン33 以上
    Webサイト

  • Safari
    Windowsバージョン38 以上
    Macintoshバージョン38 以上
    Webサイト

  • Internet Explorler
    Windowsバージョン10 以上
    Webサイト

閉じる