Waseda Research Institute for Science and Engineering早稲田大学 理工学術院総合研究所

Early Bird - Young Scientists' Community

若手研究者支援事業 アーリーバード

アーリーバードとは?

『アーリーバードプログラム』(以下、「アーリーバード」)は理工学術院総合研究所(以下、「理工総研」)が実施する、若手研究者育成・支援を目的 とする事業です。2011年度から始まり、これまでの8期で延べ131名の若手研究者を支援してきました。ここ数年は、若手研究者のうち特に若手(博士後期 課程学生~学位取得後3年以内のPhD)を対象としています。

本事業はメンバー自らが主体的に企画・実施する①若手研究者の人材交流、②異分野の研究交流、③スキル修得・キャリア開発等の活動を支援する為のプ ログラムとなっています。採択者には、研究助成金が交付され、自身の研究活動や、アーリーバードの活動を通じて生まれた、異分野の研究者との融合領域研究 へのチャレンジも推奨しています。

Early Bird

主な活動
メンバー
Early Bird’s Facebook

Early Bird's News

【開催報告】アーリーバード、理工総研募集次席研究員との研究交流会を開催

理工学術院総合研究所(理工総研)の若手研究者育成・支援プログラム『アーリーバード』は2019年12月18日(水)に理工総研が募集する次席研究員(以下、総研募集次席研究員)との研究交流会を行った。 総研募集次席研究員との交 […]

若手研究者支援制度アーリーバード
【ご案内】2020年3月12日 第9期アーリーバードプログラム成果報告会『インタラクティブミーティング』 

理工の若手研究者(博士課程学生・ポスドク)育成・支援事業、アーリーバードでは第9期活動の成果報告会『インタラクティブミーティング』を開催します。幹事による成果報告とメンバーによる100秒トークに続き、ポスターミーティング […]

アーリーバード、富田誠先生の視覚化ワークショップ開催

理工学術院総合研究所(理工総研)の若手研究者育成・支援プログラム『アーリーバード』は11月14日(木)に東海大学教養学部准教授の富田誠先生をお招きし、自身の研究内容を他者にわかりやすく伝えるスキルの向上を目的とする、研究 […]

アーリーバード、田中宗先生(GCS研究機構)講演会開催

理工学術院総合研究所(理工総研)の若手研究者育成・支援プログラム『アーリーバード』では10月29日(火)にグリーン・コンピューティング・システム研究機構の田中宗先生講演会を開催しました。 講師: 田中 宗 先生(早稲田大 […]

アーリーバード、前期日程終了

理工学術院総合研究所(理工総研)の若手研究者育成・支援プログラム『アーリーバード』は6月18日に第1回定例会を開催しました。以降6月26日から4回にわたり他己紹介を行い、メンバー間の交流をはかりました。 他己紹介とは? […]

若手研究者育成・支援事業 『アーリーバード』 第9期 活動開始

理工学術院総合研究所(理工総研)では、若手研究者を育成・支援するための『アーリーバード』と呼ばれるプログラムを2011年度から実施しています。 『アーリーバード』は、異なる分野の研究に従事する理工学術院の若手研究者同士が […]

2019年3月12日開催 第8期アーリーバードプログラム成果報告会『~若手研究者が描く未来予想図~  研究紹介プレゼンコンテスト 100sec TALKS』 

理工の若手研究者(博士課程学生・ポスドク)育成・支援事業・アーリーバードでは、1年間の活動の成果報告としてのイベント『~若手研究者が描く未来予想図~ 研究紹介プレゼンコンテスト 100sec TALKS』を開催します。第 […]

第7期 アーリーバードプログラムが終了 「奨励賞」を桑江博之さん(先進・ナノ・助手)、清水勇気さん(先進・生医・助手)に授与

理工学術院総合研究所(以後、理工総研)の若手研究者(博士後期課程~ポスドク)育成・支援プログラム『アーリーバード』。 第7期目となる、2017年度は、一年間にわたり、理工の若手研究者たちが研究分野の枠を超えて交流を図りつ […]

理工の若手研究者18人が100秒間研究プレゼンバトルに挑戦! アーリーバード成果報告会『100sec. TALKS』~若手研究者が創る未来の科学~開催報告

春の嵐が通り過ぎ、爽やかな青空が広がった3月1日の午後、理工学術院総合研究所(以後、理工総研)の若手研究者育成・支援事業『アーリーバードプログラム』の1年間の活動を締めくくる成果報告会『100sec. TALKS~若手研 […]

アーリーバードメンバー、清水勇気助手(先進・生医D3)の研究成果がプレスリリース:ゼブラフィッシュを用いた脳損傷モデルにより神経幹細胞による組織再生機構の一端を解明

事故や病気による中枢神経系損傷からの組織再生を促す仕組み発見に期待 早稲田大学理工学術院の清水勇気(しみずゆうき)助手(同大学院先進理工学研究科博士後期課程3年)、上田悠人(うえだゆうと)(同大学院先進理工学研究科修士課 […]

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/wise/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる