Faculty of Science and Engineering早稲田大学 理工学術院

About the Faculty

理工学術院について

School of Fundamental Science and Engineering(Departments)

基幹理工学部・研究科

基幹理工学部

「人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的」

早稲田大学理工学部の伝統は理と工の一体化による先端研究とそれに基づく教育を行うことにあった。基幹理工学部では、その定評ある伝統を継承し、数理科学等の「理」と基礎工学等の「工」の基礎をまずしっかり学ぶ。その上で、数学と応用数理、情報と通信の科学と技術、機械の科学と航空、電子と光の科学と技術、アートと科学の融合等の専門分野の教育を行う。ここでは、充実した講義・演習・実験等により専門に精通させていくとともに、先端研究を行う教員や研究員がプロジェクト研究等へ学生を誘い、「研究の楽しさに触れて学ぶ」伝統を実践する。一年次を学部一括教育の期間とし、学部共通基礎を深く学ぶと同時に、各専門分野に一年間触れて将来の進路を見極める時聞が用意されていることが特徴である。数理科学や工学の基礎と専門科目をともにしっかり学ばせることにより、新しい時代を切り開く自在の能力を持つ学生の育成を目的とする。また、人文・社会科学的な素養も併せ持たせて、持続可能な社会構築など科学者として人類に貢献する視点の形成も行う。

「アドミッション・ポリシー <基幹理工学部の求める人材>」

近年、科学技術の領域は飛躍的に大きな広がりを呈し、それに対応してそれぞれの領域は分化・深化してきた。大学における教育研究体制もこれに呼応した形で発展してきた。しかしながら、専門分野の発展と同時に、新しい価値観の創造、新しい科学技術分野あるいは学問分野の開拓が強く求められる時代を迎えた。これに伴い、地球規模で考え行動し、新しい時代を切り拓く人材を育成する教育研究の展開が求められることとなった。

基幹理工学部は、科学技術の根幹をなす数学をはじめとする理工系の素養と共に人文・社会学系の素養を身に付け、その上で科学技術の基幹を担う数学・応用数理、機械科学、航空宇宙工学、材料科学、電子物理システム学、情報理工学、情報通信学、表現工学などの基本を学習し、新しい分野に創造的に取り組む意欲と能力を備えた人材を求める。高等学校等における学習によって、確かな基礎学力(知識・技能・思考力・判断力・表現力)、および主体的に学ぶ姿勢を身につけた者を受け入れることを基本方針とする。

入学者選抜の方法

※ 学部名の表記がないものは3学部共通

上記の方針に基づき、以下の入試による選抜を行う。

  • 一般入試では、数学、理科、外国語において高い学力を有していることを重視する。科目・設問により選択型と記述型の解答方式を用いて、多角的に学力を評価する。創造理工学部建築学科では空間表現(デッサン)の力も評価する。
  • 指定校推薦入試では、高等学校等での教育内容を堅実に習得した勉学意欲の高い者を受け入れる。書類審査(志望理由書、高校調査書等)、面接審査を基に総合的に評価する。また、基幹理工学部では指定校推薦制度を活用した「北九州地域連携型推薦入試」を実施し、地方貢献の意識の高い人材を受け入れる。
  • 附属高校・系属高校推薦入試では、基礎学力に加え幅広い知識と豊かな教養を持ち、リーダーシップを発揮できる者を受け入れる。高校調査書等を基に総合的に評価する。
  • 特別選抜入試【先進】では、理工系科目において極めて優れた能力を有する者を受け入れる。書類審査(理数系の各種コンテストの成績、志望理由書、高校調査書等)、面接審査を総合的に評価する。
  • 早稲田建築AO入試(創成入試)【創造・建築学科】では、創造性豊かで指導力に富み、率先してチームをまとめ上げるコミュニケーション能力に優れた活発な者を受け入れる。書類審査(自己報告書、活動実績報告書、高校調査書等)、面接審査(プレゼンテーション等)を総合的に評価する。
  • 帰国生・外国学生入学試験では、日本国外での教育・文化的な経験を持ち、かつ確かな基礎学力を備えた者を受け入れる。数学・理科の筆記試験、英語外部検定試験および面接審査等により総合的に評価する。
  • 海外指定校推薦入試では、日本国外の高等学校等での教育内容を堅実に習得した勉学意欲の高い者を受け入れる。書類審査(志望理由書、高校調査書、英語外部検定試験等)、面接審査を基に総合的に評価する。
  • 英語学位プログラム特別入試では、日本の教育制度において確かな基礎学力を身に着け、大学での英語による専門分野の学習に強い意欲を持った者を受け入れる。書類審査(志望理由書、高校調査書、英語外部検定試験等)、筆記試験、面接審査を総合的に評価する。
  • 英語学位プログラムAO入試では、日本国外の教育制度において確かな基礎学力を身に着け、大学での英語による専門分野の学習に強い意欲を持った者を受け入れる。書類審査(志望理由書、高校調査書、英語外部検定試験等)、面接審査を総合的に評価する。

「カリキュラム・ポリシー <1 年で幅広い知識を身に付ける>」

基幹理工学部は一括入試を採用し、1年次の学生は学科に配属されることはない。1年次の学生は学部共通のカリキュラムにより、理工系の幅広い基礎をしっかりと修得するとともに、将来どのような分野に進むべきかについて時間をかけて考えることになる。1年次のカリキュラムは数理科学の基礎学問(微分積分、線形代数など)、基礎工学(モデリング、理工学基礎実験)、情報科学・表現工学(コンピューティングと表現)、複合領域科目、語学により構成される。
一定の条件を満たした1年次の学生は、2年次から数学科、応用数理学科、情報理工学科、機械科学・航空学科、電子光システム学科、表現工学科のうちの1学科に進級する。進級の際には、進級希望学科に応ずる振り分けが実施され、進級先の学科が決定される。2年次カリキュラムにおいては各学科必修科目の比率が高くなり、専門科目の履修が本格的に始まる。3,4年次では、受身的な学習から一転して能動的な学習が中心となる。各学科ともに基本と応用を学びながら課題に取り組み、問題解決の能力を身に付けることができるカリキュラム体系となっている。

「ディプロマ・ポリシー <時代を切り拓く人材の育成>」

早稲田大学の総合性・独創性を生かし、体系的な教育課程と、全学的な教育環境と学生生活環境のもとに、多様な学問・文化・言語・価値観の交流を育み、地球社会に主体的に貢献できる人材を育成する。
さらに現代社会においては、科学技術に関する広い知識と、人文・社会科学系の知識を含む幅広い教養を備え、将来への洞察力を持って時代を切り拓く人材の育成が求められている。また新しい時代の科学技術を確立するとともに、学問の枠組み・意味さらには学問とその活用の関係を再構築することが時代の大きな要請となっている。
基幹理工学部では社会を支えるキー・テクノロジーである情報、機械、エレクトロニクス、物質・材料、エネルギーに関する基礎的科学技術とその根幹にある数学、および両者の架け橋となる応用数理を軸とする教育研究を展開する。そして、幅広い教養の上に理工学の基礎を修得し、これをもとに各専門分野や新しい学問領域に取り組む能力を涵養し、時代を切り拓き世界で活躍できる人材の育成を目指す。

学科 学べる内容 主な就職実績
※修士修了者含む
数学科 代数・幾何・解析から数値シミュレーションまで幅広い領域をカバー。数学を深く追究するとともに、物理学、理工学、社会科学などにおける数理現象を理解できる高度な知識や数理感覚を身につけます。 ソフトウエア、金融・電機・機械、情報・通信、教員
応用数理学科 数学と自然科学・各種工学との架け橋となる応用数理。本学科では物質の数理構造や数理ファイナンス、情報セキュリティーといった領域を学び、さまざまな分野の問題を数学の観点から研究します。 ソフトウエア、金融・電機・機械、情報・通信、教員
機械科学・航空学科 機械工学の基礎的な知識と技術を学び、それらを総合化して実践できる力を養います。主な研究領域としては熱流体、設計、精密機械、機械材料、力学系、システム制御、航空・宇宙などがあります。 機械・電気電子、情報・通信、鉄鋼・金属、化学・素材
電子物理システム学科 ナノエレクトロニクス、バイオエレクトロニクス、システム設計、LSI、光エレクトロニクスなど、情報技術を支える基幹技術について幅広く学びます。学際的な研究も積極的に推進します。 メーカー、公益企業、通信・放送
情報理工学科 情報科学、情報工学、通信工学を追究。ハードウェアやソフトウェア、コンピュータネットワークなど、最先端情報技術を総合的に学び、高度情報化社会に貢献できる知識やスキルを習得します。 情報・通信、メーカー、金融、商社、コンサルティング
情報通信学科 情報通信システムの構成と動作の仕組み、システムを構成する上での原理/原則、情報通信サービスを構築するアプリケーション技術、システムの動作を可能にする物理法則を知識として身につけ、またそれを活用する能力を養います。
表現工学科 アート・デザイン制作、音楽、メディアマネージメント、そして表現科学・技術(サイバーシアター、立体映像表現、音響など)を学びます。学外連携プロジェクトも積極的に行います。 広告・制作、放送・通信、電気・機械・製造

基幹理工学研究科

「人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的」

科学技術に関する広い知識と、人文・社会科学系の知を含む幅広い教養を備え、将来への洞察力をもち 新しい時代を切り拓く人材が求められている。また同時に、学問の枠組み・意味さらには学問とその活用の関係を新しい時代に対応して再構築することが時代の 大きな要請となってきた。このため、理工学基礎教育およびそれにもとづく各専門分野における基礎的教育をさらに発展させ、新しい時代に要請される専門領域 あるいは学際領域に挑戦する能力を有する人材の育成をめざす。

「アドミッション・ポリシー <基幹理工学研究科の求める人材>」

早稲田大学では、『学問の独立』の教育理念のもとで、一定の高い基礎学力を持ち、かつ知的好奇心が旺盛で、本学の理念である進取の精神に富む、勉学意欲の高い学生を、わが国をはじめ世界から多数迎え入れる。
近年、科学技術の領域は飛躍的に大きな広がりを呈し、それに対応してそれぞれの領域は分化・深化してきた。大学における教育研究体制もこれに呼応した形で発展してきた。しかしながら、専門分野の発展と同時に、新しい価値観の創造、新しい科学技術分野あるいは学問分野の開拓が強く求められる時代を迎えた。これに伴い、地球規模で考え行動し、新しい時代を切り拓く人材を育成する教育研究の展開が求められる。
基幹理工学研究科では、科学技術の根幹を担う数理科学、情報科学、機械科学、材料科学、電子光科学などの専門分野の教育研究が学部教育に継続して進められる。これらの専門分野の発展・深化に貢献するのみならず、新しい分野に創造的に取り組む意欲と能力を備えた研究者・高度専門科学技術者を目指す意欲的な人材を求める。

「カリキュラム・ポリシー <学部・大学院の一貫教育>」

基幹理工学研究科は、数学応用数理、情報理工学、機械科学、電子光システム学の4専攻を設置し、学部での教育研究を基盤に、大学院ではより高度な研究に取り組む人材を育成する。従来の大学院カリキュラムは、専門性の高い科目を集めた編成になりがちであったが、科学技術が飛躍的な進歩を遂げている今日、学部教育のみでは基礎学問や関連知識の修得は困難になっている。本研究科においては、学部および修士課程を基礎教育期間と位置付け、学部・大学院(修士課程)における一貫教育の実践を理念とする。したがって、修士課程においては学部教育に深く連携したカリキュラムを設置している。その特色は、専門分野や関連分野について体系的に学べること、幅広い関連分野を学ぶことにより、自らの専門が科学技術の領域においてどのような位置にあるかを理解できることである。修士課程学生は、研究指導を受ける研究室を中心とする教育研究活動を通じて、各自の研究テーマに取り組むことにより研究・問題解決能力を身に付けることが可能である。
さらに博士後期課程に進学した学生は、高度で専門的な理論および応用について研究し、その深奥を究めることを目指すことが可能である。

「ディプロマ・ポリシー <時代を切り拓く人材の育成>」

早稲田大学の総合性・独創性を生かし、体系的な教育課程と、全学的な教育環境と学生生活環境のもとに、多様な学問・文化・言語・価値観の交流を育み、地球社会に主体的に貢献できる人材を育成する。
さらに現代社会においては、科学技術に関する広い知識と、人文・社会科学系の知識を含む幅広い教養を備え、将来への洞察力を持って時代を切り拓く人材の育成が求められている。また新しい時代の科学技術を確立するとともに、学問の枠組み・意味さらには学問とその活用の関係を再構築することが時代の大きな要請となっている。
基幹理工学研究科では社会を支えるキー・テクノロジーである情報、機械、エレクトロニクス、物質・材料、エネルギーに関する基礎的科学技術とその根幹にある数学、および両者の架け橋となる応用数理を軸に据えつつ、各専門分野での教育研究を展開する。そして各専門分野の深化・発展に貢献するばかりでなく、新しい学問領域に創造的に取り組み、時代を切り拓き世界で活躍できる研究者・高度専門科学技術者の育成を目指す。

修士課程

研究科 専攻 修士課程
日本語で学位を取得
するプログラム
英語で学位を取得
するプログラム
4月入学 9月入学 4月入学 9月入学
基幹理工学研究科 数学応用数理専攻
機械科学専攻 × ×
電子物理システム学専攻 × ×
情報理工情報通信専攻
表現工学専攻 × ×

博士課程

研究科 専攻 博士課程
日本語で学位を取得するプログラム 英語で学位を取得するプログラム
4月入学 9月入学 4月入学 9月入学
基幹理工学研究科 数学応用数理専攻
機械科学専攻
電子物理システム学専攻
情報理工情報通信専攻
表現工学専攻

実体情報学博士プログラム 実体情報学コース ※1
※1 各専攻の入学試験で選考を経て合格した場合に応募することが可能なコースです。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる