School of Culture, Media and Society早稲田大学 文化構想学部

News

ニュース

【戸山生に聞く】文化構想学部4年 舟橋寛元さん

今回は、2017年度応援部副将の、文化構想学部多元文化論系4年の舟橋 寛元さんにお話を伺いました。

 

「学び舎」戸山までの道のり

戸山に来るまでは紆余曲折があった、舟橋さん。出身の福島から上京し、進学したのは実は他大学。しかし、早稲田の校歌で学生がひとつにまとまる雰囲気に魅せられ、仮面浪人を決断、2014年にスポーツ科学部に入学しました。

スポーツ科学部在籍中に、文化構想学部の他学部開講科目(*1)を受講し、転部試験(*2)の受験を決意。見事転部試験に合格し、戸山キャンパスに辿りつきました。

他大、他学部を渡り歩いてみて、戸山キャンパスに持った印象は、「学び舎」。ひとりひとりの学生のレベルが高く、他の学生が提出したコメントシートの内容に「こんな視点があるんだ!」と驚かされることも多々あったとのこと。

 

「部活動での経験は財産」

大学4年間は、応援部一筋で過ごしました。苦しい下級生時代を経て、最終学年になって立つ春の早慶戦の舞台には、「とにかく圧倒された」と言います。得点が入り、応援席が肩を組んで喜んでいる姿は脳裏に焼き付いており、「最高の喜び」、「人生のピーク」とまで仰っていました。「部活動での経験は財産」というのも、熱い語りからうなづけます。

 

文構での学びについて

「部活と勉強はどっちが大変でしたか?」という質問には、意外にも勉強で苦労したとの回答。印象深い授業は、『今昔物語集』の震旦部について学んだ、吉原 浩人先生の「多元文化論系演習(仏教文化交流)」(*3)。図書館に何日間もこもって色々な論文を読み、発表準備にのめり込んだそうです。そのまま、論系ゼミも吉原先生に決めました。現在は、「花山天皇の出家の真相」について、ゼミ論文(*4)を執筆中です。

 

 

これからもワセダにエールを!

5万人の早大生を1つにまとめあげる応援部の中心で活躍された舟橋さん。様々な大学や学生と交流して感じたことは「早稲田は間違いなく日本一の大学」とのこと。ここまでの努力と経験が裏付ける言葉だと思います。

卒業後は素材・繊維メーカーに就職される予定です。フィールドは違えども、これからもワセダを大いに盛り上げてくださることでしょう!(文化構想学部の卒業式では、舟橋さんのエールを聞くことができるかも・・・!?)

 

*1:各学部が、他学部生に対しても開放する科目(詳細はこちら)。

*2:本学の学生が、現在の学部から文化構想学部へ所属学部を変える試験制度(詳細はこちら)。

*3:2016年度開講科目(今年度の開講科目はこちら)。

*4:文化構想学部では3年次進級の際にゼミか卒業研究を選び、ゼミを選択した場合は、
卒業時に論文(ゼミ論文)を提出します(詳細はこちら)。

(取材日:2017/11/16 事務所T)

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/flas/cms/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる