School of Culture, Media and Society早稲田大学 文化構想学部

For Prospective Students

受験生の方へ

Admissions

入学試験情報

Global Studies in Japanese Cultures Program(JCulP:国際日本文化論プログラム)

入学試験要項

2019年度 日本学生 入学試験日程についてお知らせします。詳細はこちら。

2019年度 日本学生 入学試験要項を公開しました。(2018.07.08)

主に海外の高校を卒業した方は、海外学生入学試験を受験してください。

一般入学試験

外国語、国語、地歴の3教科の成績で合否判定する入試制度です。

2019年度の情報

2019年度入試要項を公開致しました。

※2019年度入学試験要項はこちらからご覧いただます。

募集人員、試験教科・科目・時間、配点

学部(募集人員) 試験教科 試験科目 試験時間 配点
文化構想学部
(430名)
外国語* 次のうちから1つを選択
1.英語(コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ)、
2.ドイツ語
3.フランス語
4.中国語
5.韓国語
90分 75点
国語 国語総合・現代文B・古典B 90分 75点
地歴 次のうちから1つを選択
1.世界史B
2.日本史B
60分 50点

*外国語で2~5の科目を選択する受験者は、大学入試センター試験の当該科目を受験してください。なお、大学入試センター試験外国語配点(200点)を文化構想学部の外国語配点(75点)に調整して利用します。

出願期間、試験日、合格者発表日

出願期間 試験日 合格者発表日
2019年1月7日(月)〜1月25日(金)
※締切日消印有効
2019年2月12日(火)

2019年2月20日(水)

要項、願書、その他備考

  • 入学試験要項および出願方法などの詳細は、入学センターウェブサイトに掲出します。(販売・窓口配布・郵送は行っておりません。)
  • 早稲田大学では試験日が異なる学部間での併願が可能です。(よって文化構想学部と文学部の併願も可。)
  • 一般入試(英語4技能テスト利用型)、大学入試センター利用入学試験(センター+一般方式)、大学入試センター利用入学試験(センターのみ方式)との併願可。ただし、センターのみ方式以外は学部ごとに一括して出願する必要があります。
  • 過去の入試問題をCHECK!
  • 文学部の一般入学試験情報をCHECK!

一般入学試験(英語4技能テスト利用型)

英語4技能テスト(事前受験)のスコアシートを出願時に同封し、基準スコアを満たしている者について国語、地歴の2教科の成績で合否判定する入試制度です。

2019年度の情報

2019年度入試要項を公開致しました。

※2019年度入学試験要項はこちらからご覧いただます。

募集人員、試験教科・科目・時間、配点

学部(募集人員) 試験教科 試験科目 試験時間 配点
文化構想学部
(70名)
外国語 別表参照
国語 国語総合・現代文B・古典B 90分 75点
地歴 次のうちから1つを選択
1.世界史B
2.日本史B
60分 50点

別表:英語4技能テスト基準スコア

※2019年度の英語4技能テスト基準スコアを公開しました(2017.12.22)。太枠で囲まれている部分が2018年度基準スコアからの変更箇所です。

※選択したテストにおいて、総点および全ての技能の基準スコア以上であることが必要です。

  • 2017年2月1日以降に受験した試験結果を有効とします。実用英語技能検定は、二次試験を2016年度第3回以降に受験したものを有効とします。(一次試験の受験日は問いません。)
  • ケンブリッジ英検のうち利用可能なのはFCE/CAE/CPEの3種となります。(for schoolsも含む)
  • 英語4技能テスト(TEAP、IELTS、実用英語技能検定(英検)、TOEFL®(iBT)、ケンブリッジ英検、GTEC CBTのいずれかにおいて、上記の基準点・基準級以上である者について、国語と地歴の2教科の合計点により合否を判定します。
  • 国語・地歴それぞれにおいて合格基準点を設けており、いずれかが基準点に満たない場合は、不合格となります。
  • 異なる実施回の技能スコアを組み合わせて提出することはできません。かならず、出願時に提出していただくスコアカード1枚の中に全ての技能スコアおよび総点が記載されている必要があります。
    (なお、実用英語技能検定については「1次試験の免除資格有資格者」が異なる回の2次試験と組み合わせて出願することを認めます(この場合、2次試験後に提出可能なスコアカード1枚の中に全ての技能スコアおよび総点が記載されている必要があります。))

出願期間、試験日、合格者発表日

出願期間 試験日 合格者発表日
2019年1月7日(月)〜1月25日(金)
※締切日消印有効
2019年2月12日(火)

2019年2月20日(水)

要項、願書、その他備考

  • 入学試験要項および出願方法などの詳細は、入学センターウェブサイトに掲出します。(販売・窓口配布・郵送は行っておりません。)
  • 文化構想学部と文学部の併願可。
  • 一般入試、大学入試センター利用入学試験(センター+一般方式)、大学入試センター利用入学試験(センターのみ方式)との併願可。ただし、センターのみ方式以外は学部ごとに一括して出願する必要があります。
  • 過去の入試問題をCHECK!
  • 文学部の一般入学試験情報をCHECK!

 

大学入試センター試験利用入試(センター+一般方式)

センター+一般方式は大学入試センター試験の成績と一般入学試験の合計3教科の成績で合否判定する方式です。

2019年度の情報

2019年度入試要項を公開致しました。

※2019年度入学試験要項はこちらからご覧いただます。

募集人員、試験教科・科目・時間、配点

学部(募集人員) 試験教科 試験科目 試験時間 配点
文化構想学部
(35名)
一般入試または大学入試センター試験の外国語*1 次のうちから1つを選択
1.英語(コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ)
2.ドイツ語
3.フランス語
4.中国語
5.韓国語
90分 75点
一般入試の国語 国語総合・現代文B・古典B 90分 75点
指定の大学入試センター試験科目*2 次の指定科目から1科目を選択
■地歴・公民
「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」
■数学
「数学Ⅰ・数学A」「数学Ⅱ・数学B」
■理科
「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」から2科目
または「物理」「化学」「生物」「地学」から1科目
60分 50点

*1.外国語で2~5の科目を選択する受験者は、大学入試センター試験の当該科目を受験してください。なお、大学入試センター試験外国語配点(200点)を文化構想学部の外国語配点(75点)に調整して利用します。

*2.指定の大学入試センター試験科目を複数受験している場合は、最高得点の科目を利用。
大学入試センター試験科目(100点)を50点に調整。
指定の大学入試センター試験科目を受験していない場合は、合否の対象外。
「地理歴史・公民」、「理科」において2科目受験の場合は、それぞれの第1解答科目のみを合否判定に利用します。

 

出願期間、試験日、合格者発表日

出願期間 試験日 合格者発表日
2019年1月7日(月)〜1月21日(月)
※締切日消印有効
<一般入試>
2019年2月12日(火)
<センター試験>
2019年1月19日(土)、
2019年1月20日(日)
2019年2月20日(水)

要項、願書、その他備考

大学入試センター試験利用入試(センターのみ方式)

センターのみ方式は大学入試センター試験の成績(5教科6科目)のみで判定する方式です。前項の「センター+一般方式」とも併願が可能です。

2019年度の情報

2019年度入試要項を公開致しました。

※2019年度入学試験要項はこちらからご覧いただます。

 

募集人員、試験教科・科目・時間、配点

学部(募集人員)

試験日 合格者発表日
文化構想学部
(35名)
センター試験で課す科目(5教科6科目:必須科目5教科5科目+選択1科目)

■必須科目
国語:国語
地歴・公民:「世界史B」「日本史B」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治経済」から1科目
数学:「数学Ⅰ・数学A」
理科:「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」から2科目
または「物理」「化学」「生物」「地学」から1科目
外国語:「英語」「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国語」から1科目

■選択科目:次のうち1科目選択(ただし必須科目で選択したものを除く)
地歴・公民:「世界史B」「日本史B」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治経済」
数学:「数学Ⅱ・数学B」「簿記・会計」「情報関係基礎」
理科:「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」から2科目
または「物理」「化学」「生物」「地学」から1科目

国語:200点
地歴・公民:100点
数学:100点
理科:100点
外国語:200点
選択科目:100点

*1.英語は、リスニングを含む配点250点を200点に換算します。
外国語で2~5の科目を選択する受験者は、大学入試センター試験の当該科目を受験してください。なお、大学入試センター試験外国語配点(200点)を文化構想学部の外国語配点(75点)に調整して利用します。

*2.指定の大学入試センター試験科目を複数受験している場合は、最高得点の科目を利用。
大学入試センター試験科目(100点)を50点に調整。
指定の大学入試センター試験科目を受験していない場合は、合否の対象外。
「地理歴史・公民」、「理科」において2科目受験の場合は、それぞれの第1解答科目のみを合否判定に利用します。

出願期間、試験日、合格者発表日

出願期間 試験日 合格者発表日
2019年1月7日(月)〜1月21日(月)
※締切日消印有効
<センター試験>
2019年1月19日(土)、
2019年1月20日(日)
2019年2月9日(土)

要項、願書、その他備考

  • 入学試験要項および出願方法などの詳細は、入学センターウェブサイトに掲出します。(販売・窓口配布・郵送は行っておりません。)
  • 文化構想学部と文学部の併願可。
  • 一般入学試験、一般入学試験(英語4技能テスト利用型)、大学入試センター試験利用入試(センター+一般方式)との併願可。ただし、センターのみ方式以外は学部ごとに一括して出願する必要があります。
  • 大学入試センター試験利用入試(センターのみ方式)は、2020年度入試(2020年4月入学)を最後とし、2021年度以降は募集を行いません。
  • 過去の入試問題をCHECK!
  • 文学部の大学入試センター試験利用入試情報をCHECK!

新思考入試(地域連携型)

帰国生入試

国外の中等教育機関を卒業(修了)もしくは卒業見込(修了見込)の日本人を対象とした入試制度です。本制度は2021年度入試より募集を停止します。詳細はこちらをご覧ください。

出願資格は本学帰国生入学試験に準拠しています。募集人員、試験教科・科目、時間、配点等の試験の詳細は本学(入学センター)国際アドミッションズ・オフィスウェブサイトを参照してください。

要項、願書、その他備考

要項・願書は、本学国際アドミッションズ・オフィスウェブサイトでダウンロードしていただきます。
窓口販売は扱いません。

文化構想学部と文学部の併願可

外国学生入試

外国において通常の過程による12年の学校教育を修了(もしくは修了見込)の方を対象とした入試制度です。

出願資格は本学外国学生入学試験に準拠しています。募集人員、試験教科・科目、時間、配点等の試験の詳細は本学(入学センター)国際アドミッションズ・オフィスウェブサイトを参照してください。

要項、願書、その他備考

要項・願書は、本学国際アドミッションズ・オフィスウェブサイトでダウンロードしていただきます。
窓口販売は扱いません。

文化構想学部と文学部の併願可

推薦入学試験

指定校推薦

指定校制による推薦入試です。文化構想学部が独自の基準で決定した指定校の高等学校長に推薦された方が出願できる入試制度で、出願時期は11月頃です。
指定校に選定されているかどうかは、高校の進路指導部等で確認してください。

定員:約225名

附属・系属校推薦

早稲田大学高等学院、早稲田大学本庄高等学院、早稲田実業学校、早稲田高校、早稲田渋谷シンガポール校、 早稲田摂陵高校、早稲田佐賀高校の生徒が出願できる入試制度です。

韓国指定校推薦

早稲田大学が決定した、韓国の指定校の高等学校長に推薦された方が出願できる入試制度です。
指定校に選定されているかどうかは、高校に確認してください。

学士入学試験

4年生大学卒業の方を対象とした入試制度で、3年次生としての入学となります。
募集する論系および、論系ゼミは毎年変更になる場合があります。

2019年度の情報

募集人員、試験教科・科目、時間、配点

学部(募集人員):文化構想学部では、2019年度入学の募集はございません。

※参考:過去の試験概要

一次試験 一次試験科目 一次試験時間 二次試験
筆記 専門科目 90分 面接
#一次試験合格者のみ

要項、出願書類、その他備考

文化構想学部では、2019年度入学の募集はございません。

転部試験

本学の学生が、現在の学部から文化構想学部へ移籍するための試験制度です。

募集人員、試験教科・科目、時間<2019年度の情報>

学部(募集人員) 一次試験 一次試験科目 一次試験時間 二次試験
文化構想学部
募集論系は試験要項に記載
(各論系若干名)
学科 外国語* 90分 面接
#一次試験合格者のみ
小論文* 90分

* 試験内容は論系により異なります。

2018年4月入学転部試験要項  (※2019年4月入学 転部試験要項は2018年11月下旬に公開予定。)

要項の内容を一部訂正しました。(2017年12月8日更新) (p.2: 検定料納入期間 : 2017年12月14日(木)~2018年3月2日(金)/p.3: 納入期間 : 2017年12月14日(木)~2018年3月2日(金)

要項内容を一部修正しました。(2017年11月30日更新) (p.7: 「文芸・ジャーアナリズム論系(英和、仏和、独和、露和1冊のみ可」→「文芸・ジャーナリズム論系(受験する外国語に従い、英和、仏和、独和、露和辞書のうちどれか1冊のみ可)」、「考古学コース」→「(削除)」/p.12 5.3)(1)基礎外国語の記載 「…・イタリア語・朝鮮語のみ」→「…・イタリア語・朝鮮語・アラビア語のみ」/p.12 5.3)(3)基礎外国語の記載 「…・イタリア語・朝鮮語のみ」→「…・イタリア語・朝鮮語・アラビア語のみ」(2017年11月30日)
2018年度の試験要項を公開しました(2017年11月27日)。
リンクから書類をダウンロードしてください。すべてPDFファイルです。

社会人の受け入れについて

文化構想学部では資格・免許取得のために科目等履修生制度にて社会人の方の受入を行っています。
ただし、文化構想学部卒業生に限ります。

科目等履修生(教職)

教員免許状取得に必要な単位を修得できずに文化構想学部を卒業した方が不足単位を修得して教員免許状を取得するための課程です。文化構想学部の卒業生限定となります(他大学出身者でかつ当学大学院の正規生の方は、所定の要件を満たした場合、教育学部の科目等履修生に出願できる場合があります。詳細は教育学部にお尋ねください)。

出願資格等の詳細については、「科目等履修生(教職・学芸員)」ホームページを参照してください。

科目等履修生(学芸員通年)

博物館学芸員となる資格を有するために必要な単位を修得できずに文化構想学部を卒業した方が不足単位を修得して、博物館学芸員となる資格を取得するための課程です。文化構想学部の卒業生でかつ、開講期間に当学の大学院(文学研究科・教育学研究科・理工学研究科・基幹理工学研究科・先進理工学研究科・創造理工学研究科のみ)に正規生として在籍している学生限定となります(それ以外の方は文学部の「科目等履修生(学芸員夏季)」ホームページをご覧ください)。

出願資格等の詳細については、「科目等履修生(教職・学芸員)」ホームページを参照してください。

過去問題のご案内

過去3年分の入試問題について、著作権の利用許諾が得られた問題をweb上で公開しています。
入学センターのホームページよりご確認いただけます。

設問によっては著作権の処理中、または著作権の利用許諾が得られなかったため、公開しているPDFファイルにマスクがかかっているものも一部あります。
恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。

なお、公開されている入試問題を2次的に利用する場合は、改めて著作権許諾処理を閲覧者ご自身の責任において行うことが必要となりますので充分ご留意ください。

 

Q&A

Q. 異なる実施回の各技能スコアを組み合わせて出願することができますか?

A. できません。1つの実施回のスコアを提出してください。必ず「1つのスコアカード」に全てのスコアが載っている必要があります。

Q. 2017年度入試において、英検の一次試験を2015年1月以前に受け、二次試験を2015年2月以降に受けた場合、基準をクリアしていれば有効なスコアとして認められますか?

A. 認められます。二次試験後の最終的なスコアシートが2015年2月以降であれば問題ありません。

Q. 英検の1次試験(Reading、Listenig、Writing)に合格しましたが、2次試験(Speaking)は不合格でした。次回の試験では1次試験が免除になるのですが、この場合「異なる実施回を組み合わせて出願」という事になりますでしょうか?

A. 免除者については、2次試験後に取得したスコアを元に提出していただくことが可能です。必ず「1つのスコアカード」に全てのスコアが載っている必要があります。

Q. 英検について、「合格証書」と「合格証明書」のどちらを提出する必要がありますか?また、英文と和文どちらが必要ですか?

A. 「合格証明書(または英検CSEスコア証明書)」、「和文」をご提出ください。

Q. 英検 CBTは利用可能ですか?

A. 利用できます。

Q. TEAP CBTは利用可能ですか?

A. 利用できません。利用できるのはTEAPとなります。

Q. 英語学位プログラム(国際日本文化論プログラム)を受験するためには、一般入試(英語4技能テスト利用型)の受験が必須でしょうか。

A. 必要ありません。英語学位プログラムはAO入試のため、一般入試(英語4技能テスト利用型)の受験は不要です。

Q. 基準点と同点の場合、出願することはできますか?

A. 出願可能です。

Q. 「めざせ!都の西北奨学金(入試前予約採用奨学金)」に応募することは可能ですか?

A. 応募可能です。ただし、当該奨学金に関する各種基準については別途ご確認ください。

入学試験データ

■一般・センター・帰国生・外国学生・指定校推薦・AO方式(国際日本文化論プログラム)の各入試結果は入学センターウェブサイトをご参照ください。

■上記以外の入試結果は以下よりご確認ください。

  • 2018年度 ※下段の青網掛け部分は女子学生数。
    こちらからご覧ください。
  • 2017年度

    ◆学士入試

    募集論系なし

    ◆転部試験

    学科 論系 志願 受験 合格
    文化構想学科 多元文化論系 15 12 7

    複合文化論系、表象・メディア論系、文芸・ジャーナリズム論系、現代人間論系、社会構築論系は募集がありませんでした。

  • 2016年度

    ◆学士入試

    募集論系なし

    ◆転部試験

    学科 論系 志願 受験 合格
    文化構想学科 多元文化論系 10 9 5

    複合文化論系、表象・メディア論系、文芸・ジャーナリズム論系、現代人間論系、社会構築論系は募集がありませんでした。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/flas/cms/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる