School of Culture, Media and Society早稲田大学 文化構想学部

About the school

学部について

From the Dean

学部長挨拶

大藪泰

文化構想学部長  大藪 泰

2007年に文化構想学部ができ10年が経過しようとしています。文化構想学部は、早稲田の「文科」として豊かに蓄積された人文学の知見を現代的な視点から見直し、既成の伝統的な学問の枠組みを乗り越え、新たな学問領域を創出することをめざして発足しました。

わたしどもが構想した新たな学問領域には、文化の流動性・融合性に着目しつつ地域文化を研究する「多元文化論系」、地域や時代を超え、文化圏相互の関係分析や比較研究を行う「複合文化論系」、多種多様な芸術文化活動をメディア・身体・イメージから分析する「表象・メディア論系」、文芸の創作者と伝達者の育成をめざす「文芸・ジャーナリズム論系」、現代社会の諸問題に立ち向かう叡智を備えた人材養成をめざす「現代人間論系」、現代社会の問題点を歴史的、文化的視点から分析し、新たな社会構築を構想する「社会構築論系」という6つの学融合的な論系があります。大学は、既存の知を学び、それを疑い、乗り越えようとする場です。そうした大学の使命の実践の場、それがこの6つの論系にほかなりません。

文化構想学部は、2017年4月から、新たなチャレンジをはじめます。日本文化を世界的な視野から学び、その成果を広く世界に向けて発信できる人材を育成する「国際日本文化論プログラム(Global Studies in Japanese Cultures Program)」の設置と実践です。このプログラムは、独自の入試を経て、1年次から履修することになります。ほぼ同数の日本学生と海外学生で構成され、英語で教えられる授業だけで卒業要件を満たすことができる英語学位プログラムです。文学学術院には、文部科学省スーパーグローバル大学創成支援事業に基づく「国際日本学拠点」がありますが、この拠点活動と連携しながら最先端の日本文化研究を反映した教育を行ってまいります。

それぞれに特色がある論系で、最も興味がもてるコア科目を定め、学びの世界を構想する営みは、皆さんの心が希求する独自な意味世界の創出をもたらすことでしょう。論系での学びは、既存の領域を超えて広がる学問の大海原を航海するのに似ています。その海図のない海原に漕ぎ出し、未知の世界を切り拓こうとする試みに「あなた」が加わるのを待っています。文化構想学部という豊かな恵みをもたらす海原に、あなた独自の航海の軌跡を描きだしてみてください。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/flas/cms/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる