School of Education早稲田大学 教育学部

About the School

学部について

Department of Social Studies

社会科

当学科は、地理歴史専修・公共市民学専修に分かれます。両専修ともに、社会のあり方についての幅広い基礎学習の上に、高度な学識と判断力を身につけた、社会一般における指導的位置を占める人材の養成を目的としています。

地理歴史専修

概要

地理学(人文地理・自然地理)・歴史学(日本史・東洋史・西洋史)両方の学問領域について基礎を学んだ後、三年次に地理学・歴史学のいずれかを選択し、演習・卒業論文などを通して専門的な研究を深めていきます。このように当専修は、幅広く、しかも高度の専門性を身につけることを目指しています。したがって、企業、官公庁、ジャーナリズムなどの各方面で活躍する人材を養成すると共に、中学校・高等学校の教員や、専門的な研究を目指す人にも十分応えられるようになっています。

詳しくは地理歴史専修HP / 地理学専攻HPへどうぞ。

特色

  • 地理学と歴史学両方の基礎を学習した後に、どちらかを選択し、専門的な研究を行う。
  • 専門選択科目・演習とも。幅広い関心に応えられるよう、豊富な選択肢が用意されている。なお、3年次の演習(ゼミ)は、2つ履修する事もできる。

公共市民学専修

概要

公共市民学専修では、「公共」と「市民」という2つの概念を手がかりとして、今日の世界を社会科学的に理解します。その上で、さまざまな立場の個人や集団が相互の対話と批判を通じて、より良い社会を作り上げていくプロセスに参加するために必要な資質を持つ人材の育成を目指しています。
そこでは社会学、メディア・コミュニケーション学、政治学、法学、経済学という 学問領域を主な柱としつつ、狭い意味での学問の論理に従うのではなく 上記の二つの概念を軸として学際的に現実の諸課題に取り組みます。

詳しくは公共市民学専修HPへどうぞ。

特色

  • 幅広い社会科学の知識をもって市民社会の発展を担う人材を育成します。
  • 現代世界のさまざまな課題に主体的かつ分析的に取り組む「公共市民学」の力の獲得を目指します。
  • 高校公民の教員免許を取得しやすいカリキュラムになっています。
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fedu/edu/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる