School of Education早稲田大学 教育学部

About the School

学部について

From the Dean

学部長挨拶

早稲田大学教育学部と早稲田大学教育・総合科学学術院

教育学部長 若林 幹夫

 早稲田大学教育学部は、大学院教育学研究科、教育総合研究所、教職支援センターと共に、教育・総合科学学術院に属しています。

教育・総合科学学術院には、教育学部で教育・研究に携わる教員に加え、専門職大学院である大学院教育学研究科高度教職実践専攻で研究・教育にあたる教員も所属しています。本学術院所属の理学科の教員と数学科の教員の一部は、大学院基幹理工学研究科・先進理工学研究科・創造理工学研究科で研究指導にあたっており、また、文科系の教員の一部も、学内の他の学術院に属する大学院でも研究指導を担当しています。「教育・総合科学学術院」という名称は、教育学にとどまらず、教科教育各分野に関連する文科系・理科系の諸科学・諸学問の専門家からなる本学術院の、学問的多様性を表すものです。(大学院教育学研究科教育総合研究所教職支援センターについては、それぞれのHPをご覧ください。)

 

早稲田大学教育学部――「開放制」の教育学部として

一つの学部としては、学生数、教員数、教育研究領域の広さにおいて学内随一を誇る早稲田大学教育学部は、1903年に設置された早稲田大学高等師範部を前身に、1949年に私立大学初の教育学部として設立されました。他の多くの大学の教育学部とは違い、早稲田大学教育学部は教員免許の取得を卒業要件としない「開放制」の教育学部です。また、教育学の研究・教育を目的とする旧帝国大学などの教育学部とは異なり、初等・中等教育の各教科や語学教育に関連する様々な専門科目と、多様な学問の最先端の成果を学ぶことができるように、教育学科(教育学専修・生涯教育学専修・教育心理学専修・初等教育学専攻)、文系・理系それぞれの専門分野の研究や教科教育に対応する国語国文学科・英語英文学科・社会科(地理歴史専修・公共市民学専修)・理学科(生物学専修・地球科学専修)・数学科、既存の枠組にとらわれず新しい知の創造を目指す複合文化学科という、7つの学科から成り立っています。

小さな総合大学のようなこの学部では、教員免許を取得して教員になることができるのはもちろんのこと、調べ・学び・考え・教え・伝えるという広い意味での〈教育〉に関わる知見と、高度に専門的な学識を身につけて、広く社会に貢献し、また学問の発展に寄与することができる力を得ることができます。

変動の時代の中で地球・社会・人間を見つめ、考える

地球規模での気候変動や環境破壊、そうした変動や破壊を生み出してきた社会システムに内在する諸問題、国民国家を単位とする国際秩序の揺らぎと新たな体制の模索、国境を越える人間・モノ・情報の移動が生み出す新たな可能性と課題、地域や家族のあり方の変容、個人の価値意識や人生のあり方の多様化、遺伝子工学や情報技術の個々人の生への介入など、現代の社会はマクロなレヴェルからミクロなレヴェルまで、多様なかつ大きな変動と課題に直面しています。「人間を育て、過去からの遺産を伝承し、新たなものを創造し、よりよい社会を実現する」という、〈教育〉という営みに求められることも、また果たしうる役割も大きな時代に、私たちは生きています。

早稲田大学教育学部はこれまで、学校はもちろんのこと、一般企業・出版社・マスコミ・官公庁・大学等の研究機関など様々な職域で活躍し、また文芸や美術や演劇などの芸術分野や、スポーツ界においても目覚ましい成果を残す卒業生たちを輩出してきました。教員を目指す学生と、必ずしも教員を目指しているのではない学生が、多様な学問の専門領域に触れつつ共に学ぶことのできる、教員養成に特化しない開放制の教育学部だからこそ、早稲田大学教育学部は、現代社会の諸課題に取り組むことのできる、広い教養と高い学識、豊かな人間性をもった卒業生を、社会の諸分野に送り出してくることができました。同じ教育・総合科学学術院に属する大学院教育学研究科、教育総合研究所、教職支援センターと共に、今後もその役割を果たしつつ、新たな可能性を追求し、発展させていきたいと思っています。

若林 幹夫(わかばやし みきお):社会科公共市民学専修所属、専門は社会学

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fedu/edu/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる