School of Education早稲田大学 教育学部

For Current Students

在学生の方へ

Study Abroad/Leave of Absence

休留学等

留学

留学制度と手続き

留学には、おおよそ以下の3種類があります。

  1. 早稲田大学交換留学制度
    学生・学術交換協定を締結している各国の大学へ早稲田大学生として派遣される制度です。交換留学、Customized Study Programs (CS)※、ダブルディグリープログラムがあります。
    ※2014年度までのTSA、ISAは2015年度よりCustomized Study Programs (CS)という名称に変更になっています。
  2. 私費留学制度
    個人で留学先の教育機関を選定し、入学を許可され留学する制度です。
  3. 国内留学制度
    同志社大学への1年間の国内留学制度です。

それぞれの制度によって、学部での手続が異なります。以下「留学手続について」をよく読んで手続を行ってください。手続用紙(留学願)は教育学部事務所に用意しています。

また、留学願には各学科専攻専修の主任の教員の署名・捺印が必要になります。各学科専修の主任の教員は下記ページより確認してください。

なお、私費留学にあたっては、以下をご確認ください。

国内留学制度・交換留学制度について

国内留学制度については、募集時期・募集要項等を例年4月・9月に発表しています。詳細はグローバルエデュケーションセンターHPを参照してください。

交換留学に関する詳細は、『早大生のための海外留学の手引き』(学部事務所、留学センターにて配付)または留学センターホームページをご参照ください。

復学時の手続き

復学予定学期の1か月前に復学に関する書類を保証人宛てに送付しますので、その書類を熟読し必要な手続きを取ってください。書類が届くまでは特にするべきことはありませんが、単位認定を検討している場合は、単位認定用の資料を収集しておくことをお薦めします。

留学中に取得した単位の認定について

以下は2018年4月復学者用の単位認定手引きです。今後変更が生じる可能性がありますので、正確な情報は必ず、復学時に保証人宛に送付される最新版をご確認ください。

継続履修について

次項「科目登録/継続履修について」を確認してください。

科目登録/継続履修について

休留学中の科目登録

休留学中は科目登録できません。

休留学のタイミングによっては必修科目が自動登録されてしまいますが、事務所で自動的に取消を行いますので、何も手続きをする必要はありません。

帰国後登録

長期留学から帰国し次学期に復学するまでに、夏クォーター/冬クォーターに開講する科目の一部や夏季/冬季集中科目の一部を履修することができます。
なお、対象となるのは交換留学・ダブルディグリー留学プログラム・CS(Customized Study Program)・私費留学などにより、帰国後登録を行う学期に留学中の学生です(休学は対象外)。

復学時の科目登録

復学時の科目登録は、他の学生と同じようにWeb申請システムからの申請となります。

なお、必修科目等の自動登録科目もご自身で申請する必要があります(ゼミ、卒論は除く)。
ゼミや卒論の登録は、復学時の配付書類の中に申請用紙があ りますので、そちらを記入し期間内に提出してください。詳細は復学時に保証人宛に郵送する復学手続関係書類を確認してください。

復学時の年間履修制限単位数の計算方法

復学時期、休留学の期間によって計算方法が異なります。なお、いずれの場合も単位認定による単位は年間履修制限単位数には含みません。

春学期に復学する場合

他の在学生と同様に復学年度の1年間の登録で年間履修制限単位数を計算します。

秋学期に復学する場合

半期休留学からの復学の場合には、復学時の秋学期の登録で年間履修制限単位数を計算します。

前年度秋学期から1年間の休留学からの復学の場合には、休留学前の春学期の登録単位数を含めて年間履修制限単位数を計算します。
また、休留学前に履修していた通年科目は、復学後に継続履修する場合には年間履修制限単位に含み、継続履修しない場合には登録取消という形になるため年間履修制限単位には含みません。

科目登録情報

科目登録の情報は、復学時に配布する「授業ガイド」及び教育学部HPの情報を確認してください。

継続履修制度について

秋学期から復学する場合、休・留学開始年度に履修をしていた通年科目を継続して履修することが可能です(一部例外有り)。ただし、当年度春学期から休・留学を開始した場合には、継続履修の対象ではありませんので、他の在学生と同様に秋学期科目登録に参加してください。

手続き方法

該当者には継続履修に関する書類を復学届に同封いたします。送付された書類をよく読み期限内に手続きをしてください。

ゼミ・卒論の継続履修を希望する場合には、休・留学前に指導教員に相談をし、継続履修する旨伝えてください。また、休・留学中にゼミ・卒論の予備登録が実施される場合には、休・留学前に所属学科専修の助手に相談してください。

継続履修ルール

原則として、休・留学開始年度に登録した通年科目の同クラスを継続して履修します。卒業要件への算入/非算入も当初登録したとおりです。ただし、以下の場合は例外となります。

①休・留学開始年度の登録科目が廃止もしくは休講の場合

継続履修の対象外となり、登録を放棄することとなります。放棄した科目数分の単位数については、秋学期科目登録にて登録することが可能です。

②担当教員が変更になっている場合(外国語科目含む)※次の1)~3)は優先順位

1)クラスのない科目については、休・留学開始年度に登録した科目を登録する。
2)クラスが複数ある科目で、休・留学開始年度の担当教員が他のクラスを担当している場合、休・留学開始年度の担当教員のクラスを登録する。
3)クラスが複数ある科目で、休・留学開始年度の担当教員がどのクラスも担当していない場合、休・留学開始年度に登録したクラスを登録する。

「科目登録継続履修届」を見て、休・留学前後で担当教員が変更となった科目がある場合、所属学科専修の「授業ガイド(科目登録の手引)」でクラス数・担当教員を確認のうえ、上記1~3の優先順位で継続履修希望科目・クラスを決定してください。

③継続履修する科目の曜日時限が重複している場合

複数クラスのある科目は他のクラスを選択してください。それでも重複する場合は先述の①と同様の扱いとします。また、他にクラスのない場合も先述の①と同様の扱いとなります。

短期留学者の履修保留制度

海外大学のサマースクール等で短期間留学する場合に、一部の科目では授業期間の途中で履修を保留し、翌学期または翌年度に開講される同一科目を継続して履修することができます。詳細は科目登録のページを確認してください。

休学

病気、語学留学、経済的事情、インターンシップ、ボランティア、ワーキングホリデーなどの正当な理由により、引き続き2ヶ月以上授業(試験を含む)に出席することができない場合、所定の手続き・承認を得て「休学」することができます。
休学を希望する学生は、以下の「休学について」をよく読んで手続きを行ってください。

また、休学制度を利用して海外に行く方(語学留学、インターンシップ、ボランティア、ワーキングホリデー)は、上記「留学」の説明にある海外携帯電話等のリンクもご確認ください。

※手続用紙(休学願)は教育学部事務所で配布しています。

また、休学願には各学科専攻専修の主任の教員の署名・捺印が必要になります。各学科専修の主任の教員は下記ページより確認してください。

復学について

休学の基本的な考え方として、休学後に復学することを前提としています。
休学期間終了日が近づきましたら、復学の手続きをしなければなりません。復学手続き関係書類は、休学期間終了日の約1ヶ月前に保証人宛てに送付します。

休学継続について

特別な事情がある場合には、引き続き休学を許可することがあります。ただし、休学の期間は通算で4年を超えることはできません。休学継続を希望される場合は、休学期間終了前に教育学部事務所までご相談ください。

科目登録について

留学の同項目を参照してください。

退学

退学を希望する学生は、以下の「退学手続きについて」をよく読んで手続きを行ってください。

※手続用紙(退学願)は教育学部事務所で配布しています。

再入学

正当な理由で退学した者が再入学を願い出たときは、退学した翌年から7年以内であれば選考の上これを許可することがあります。ただし、再入学できるのは春学期および秋学期開始時に限られます。

再入学をご希望の方は、原則として、再入学を希望する学期の直前の4月末(秋学期再入学の場合)、11月末(春学期再入学の場合)まで事務所に申請して下さい。なお、再入学する学年などは個々人で異なりますので、申請する前に必ず教育学部事務所にご相談ください。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fedu/edu/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる