Notice大切なお知らせ

早稲田大学の学費に関する考え方について Waseda University’s Policy on Tuition

早稲田大学の学費に関する考え方について

2020年5月5日
更新2020年5月15日

 早稲田大学の学生の皆さん、並びに保護者の皆様へ

 *English version follows Japanese

今般の新型コロナウイルス感染症拡大は、日本のみならず、世界中の人々に恐怖心を抱かせると共に、経済的苦痛を与えています。この度、ご本人もしくはご家族が感染された方、なくなられた方もいらっしゃるかと存じます。また、経済的に打撃を受けていらっしゃる方もいらっしゃると存じます。そのような方たちには心からお見舞い、お悔やみを申し上げます。

早稲田大学は、5月11日(月)からオンラインによる授業を開始し、2020年度春学期を8月2日まで行い、通常どおり単位を付与することにしています。一方、早稲田大学の各キャンパスは、感染防止のために、立入禁止を継続しています。図書館・体育館などすべての施設は、利用できない状態が続いています。
そのためにか、学費(授業料ならびに実験実習料等)の減額を求める声が、学生の皆さんの一部から挙がっています。そこで、早稲田大学の学費についての考え方をお伝えいたします。

早稲田大学は、学費および実験実習料の減額をいたしません。しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大により、学生あるいは保護者の方が経済的に困窮している場合に対応するため、申請した方への「緊急支援金制度」(10万円)を新設し、併せて、家計が急変した方が申請できる「早大緊急奨学金」(40万円)を用意いたしました。お困りの方は躊躇なくお申し込みください。

わたしたち早稲田大学の教職員は、創立者である大隈重信侯が遺した「建学の精神」の一つ、「一身一家一国のためのみならず、進んで世界に貢献する抱負が無くてはならぬ」という言葉を噛みしめ、同時に国際連合のSDGsの理念の一つ、「誰一人も取り残さない」を実践していきたいと考えております。そのため、現在経済的に困窮している学生を優先的に援助してまいります。

大学における学費の性格について、ご説明いたします。大学の学費は、学部生は学士号を4年間、大学院生は修士号を2年間、博士号は3~6年間で取得するための教育を提供し、学士号・修士号・博士号を授与するに足る教育を修了することに対して総額で設定されています。従いまして、感染症より学生を守るため、ある特定な形の授業形態を取ったとしても、学費が上下するものではありません。大学の学費は、4年間もしくは2年間・3~6年間の教育に対して、必要とされる総額を年数で等分して納めていただいているものなのです。

学費の内には、図書館などの設備を維持する費用も含まれています。現時点では、感染症の予防のため図書館への入館はできません。それでも、書籍の購入は、今年度の春学期にも新刊の学術研究書などを購入しており、入館可能になった場合に閲覧できる準備をしています。電子ジャーナルの専門学術雑誌の論文(英文、和文、多言語を含む)については、莫大な費用を刊行元の国際企業に支払っています。それにより、学生も教職員も、国際的な電子ジャーナルを自宅で読むことができるのです。このことによって、現在でも教員は自宅でオンライン授業の準備ができ、学生は自宅で学習や研究ができるのです。それも、学費をお納めいただいているおかげです。

図書館以外の施設(体育施設・研究室・実験室)も、学費により維持しています。現在も更新が必要な教室・研究施設を建築する計画を進めていますが、これも全学生に還元できる教育環境を整えるために行っています。何年度の入学生に、どの建物の費用をご負担いただく、というものではありませんので、どの年度に入学された方にでも、同じように学費をいただいております。

早稲田大学は、オンライン授業ができるように、数年前から多額の費用を投入して、新たな電子通信の方式を開発しておりました。3年間の準備を経て、本年4月から教職員と学生が共に使える、学習支援システム(Learning Management System)を一新、従来の[email protected]に加えて、新たにWaseda Moodleを導入しました。このシステムの導入により、今年度のオンライン授業がより円滑に行い得ることになりました。

このような設備投資のための資金は、毎年の学費により準備してまいりました。今般の新型コロナウイルス感染症拡大により、大学では例年に比べて多大な出費を強いられています。従来のものに加えて、二つの新しいインターネットを利用した授業用のシステムを導入し、使用回線を大幅に増やしたためです。

しかしながら、そうした費用を今年度の学費に上乗せしないのが、大学の学費のあり方です。大学の学費とは、皆さんが入学してから卒業・修了するため教育・研究にかかる費用を数年間の学費として平準化して納めていただいているという性質を持つのです。それをよくご理解いただきたいと存じます。

授業料とは別にいただいている、実験実習料につきましても、2020年度の春学期のためだけの実験実習料ではなく、卒業までに必要とされる実験実習料なのです。したがって、今学期の授業形態がオンライン形式であっても、在学中には、かならずそれに見合うだけの教育を享受できるようにいたします。そのため、原則として実験実習料の減額もいたしません。

今年度が特殊な状況であることはよく理解しております。早稲田大学は、学生の皆さんの健康と命を守ることを最優先課題と考え、在校時に悔いのない学生生活を送っていただけるよう、工夫と努力をしております。現在は、各教員が必死にオンライン授業ができるように、新たなシステムの利用法を学び、そして効果的に教えられるようシラバスを精緻に見直す努力をしております。職員は、それらの教員のサポートや、授業実施に向けた準備を一丸となって懸命に行っております。また、実際に体験することを重視する実験科目は、秋学期に割り当て直すなど、柔軟なカリキュラム組み替えにより対応することも科目ごとに検討しております。

このような考え方の背景には、早稲田大学の高等教育機関としての揺るぎない信念と使命感があります。それに基づいて、(1)学生と教職員の健康と生命を守ること、(2)学生への教育を提供すること、(3)どのような環境であろうとも研究を継続すること、以上の3点を新型コロナウイルス感染症拡大への対策における最優先課題と考えております。

これらの方針に基づき、新型コロナウイルス感染症の影響の深刻化と長期化の下で、学生の皆さんを感染の危険からお守りしたうえで、どのような状況であっても、すべての学生が、教育を受ける機会を持てるように、教職員一同で準備を進めております。このことを是非ご理解いただきたいと思います。

早稲田大学は、皆さんと共に、地球上のすべての人類が現在直面しているこの危機を乗り越えていきたいと考えております。ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

早稲田大学総長

 

 

Waseda University’s Policy on Tuition

May 5, 2020

Dear Students of Waseda University, and their Parents or Guardians,

On behalf of Waseda University, I would like to explain our thinking regarding tuition. However, first I want to express my sincere sympathy to those who suffer from the corona virus and my sincere condolences to those who have lost loved ones, whose friends or relatives are sick, or who are suffering financial hardship.

Waseda University has decided to start all classes online from May 11, 2020. We are planning to complete the spring semester by August 2, 2020 and to provide full credit for all courses you take this spring. However, we have closed all the campuses and all the buildings, and you are not able to use any facilities, such as the libraries and gymnasium. Probably because of this situation, some students have been asking for a reduction in tuition. Therefore, I would like to explain how the University plans to address this issue.

Waseda University will not reduce tuition. However, we have newly instituted “Emergency Financial Support” to provide financial support of 100,000 Japanese Yen to those students who are having financial difficulty due to the corona virus pandemic. In addition, “the Waseda Emergency Scholarship”, which provides 400,000 Japanese Yen, has been available to those students whose parents’ or guardians’ are facing financial difficulty. If you need such assistance, you can apply to both at the same time. Please do not hesitate to apply to “the Emergency Financial Support” and/or “the Waseda Emergency Scholarship”.

We respect the ideals of our founder, Mr. Shigenobu Okuma. One of his ideals is to foster model citizens. This ideal was conceived by Mr. Okuma as “Please have ambition to contribute the world without thinking of merit for yourself, your family, or your country.” This ideal of our founder is in accordance with one of the ideals of the Sustainable Development Goals (SDGs) of the United Nations, that is “No one will be left behind.” We have made policy decisions to support our students, because we wish that “no student should give up her/his education at Waseda due to financial difficulty caused by the corona virus pandemic.”

Please permit me to provide some background about the nature of our university’s tuition. The following philosophies underlie university tuition. In part, tuition is intended to reflect the worth of the education provided for the 4-year undergraduate Bachelor’s degree, the 2-year Master’s degree, and the 3 to 6 year doctoral (Ph.D.) degree programs. The tuition is not a reflection of the particular number or type of courses or labs taken each semester, but rather the worth of the total educational program students receive as well as the programs’ costs. Furthermore, because we do not want tuition to fluctuate a lot each semester, tuition should reflect benefits and costs not just for current students, but also for students in the recent past and near future. Thus, the tuition for each university program is designed to cover the education students past, present and future receive during their 4 years, 2 years, or 3-6 years, even though it is set semester by semester.

Tuition includes the cost to maintain facilities such as the university libraries. The university libraries are now closed, and no student can use them. However, we are now purchasing hard copies of new books and journals that will be read when the libraries re-open. Also, the University libraries have been paying huge sums to several international e-journal/e-books companies for annual subscription to e-journals and e-books. These subscription enable all students and faculty to access a wide range of e-journals and e-books at home via internet. Accordingly, faculty members can prepare their lectures, and students can learn from home during the pandemic. A significant part of tuition is for this purpose.

Other facilities besides the libraries, such as the gymnasiums, labs, and offices, are maintained by your tuition payments. At the present moment, a new building is planned for completion in about three years. Other buildings will have to be rebuilt to offer new educational content and new methods of instruction. The tuition is designed to cover these costs over the years, and the new and better quality of education will be the reward for your tuition payments. However, we do not change the tuition depending on which building is being built.

Waseda University has been spending much money over the past three years to replace the old Learning Management System, “[email protected]”, with a new one, “Waseda Moodle”. After three years of preparation, we can now move all the classes online very smoothly with this new Waseda Moodle. This has been sustained by your tuition, too.

While we have been spending our budget to create these facilities and internet systems every year, we must spend much additional money to prepare the online education this year due to the corona virus pandemic. For example, we purchased two new software programs to provide online education in addition to Waseda Moodle, and we also increased the capacity of our servers. We are not adding these cost to your tuition this year, because, as indicated above, we do not want tuition to fluctuate year by year. Moreover, we do not want to burden you with extra expenses intended to maintain the quality of your education during these exceptional circumstances.

For the same reason as mentioned above, the University does not intend to reduce fees for experiments and labs. Although these fees are designed to cover each student’s experimental and lab work, a large proportion of these fees represent fixed costs that do not fluctuate year by year, and Waseda cannot afford to vary these fees semester by semester according to individual levels of use.

We understand that this year, particularly this semester, is very unusual. But, we faculty members and staff in Waseda University are placing the highest priority on the safety of your life and health, while doing our best to provide effective, high-quality education. Now, many professors are making great efforts to learn how to conduct online classes and to re-design their syllabi to adapt them to online teaching. The administrative staff are also working hard to support and help professors teach online. Also, we are in the process of shifting some lab experiments from the spring to autumn semesters so that students will not miss important parts of their education.

Our philosophy and creed about our missions lie behind these policies. The three important missions of Waseda University now under the circumstances of the pandemic are: (1) protecting the life and health of our students, (2) providing effective education to them, and (3) conducting research under these difficult circumstances.

According to our policies mentioned above, we are determined to protect our students from becoming sick with the novel corona virus, and we are preparing to provide equal opportunities for every student to receive a quality education. We hope you understand our policies and the philosophy behind them.

We at Waseda University wish to overcome, with all of you, the crisis that all human beings face. I would like to humbly request your understanding and cooperation.

Best regards,

Aiji Tanaka, President
Waseda University

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる