Notice大切なお知らせ

北京大・康師傅控股と三者間協定

2019年6月11日、田中愛治総長、弦間正彦理事らは北京大学を訪問し、北京大学の郝平校長、康師傅控股有限公司の魏宏名董事長とともに本学と北京大学、康師傅控股有限公司の三者間共同事業包括協定書調印式に出席し、協定書に調印しました。

北京大学は中国高等教育の代表格であり、1982年に本学と大学間協定を締結して以来、共同人材育成プログラムをはじめとした学生交流、それに伴う教職員交流が盛んに行われ、多様な学術交流実績を積み重ねてきました。本年から両大学の間で新たに共同研究交流会が企画され、年6回北京大学で様々な分野における若手研究者による研究発表が行われます。

康師傅控股有限公司は中国食品企業の最大手(中国本社:上海)であり、社会貢献活動の一環として、本学に留学する中国からの留学生を支援する目的で設置された頂新国際集団奨学金(第一期2009年度~2014年度)、康師傅ドリーム奨学金プログラム(2016年度~2021年度)のほか、本学の国際学生寮、図書室、理工系分野における共同研究プロジェクト等幅広い支援を行ってきました。

今回の調印式に先立ち、三者のトップ会談が行われ、田中総長は「北京大学と本学との協力関係の歴史が長く、三者はここ10数年の間では人材育成において卓越した成果を生み出しており、今後三者の協力関係をさらに強化し、研究分野における協力も推し進める」と語りました。

今回の協定に基づき、今後、北京大学、康師傅控股有限公司と本学の三者間で健康医療ビッグデータ、AI、高齢者予防医学、スポーツ医学等の分野における産学連携協力を通して、高度な研究を共同行うことや継続的に共同人材育成(博士課程学生共同指導、大学院生研究インターンプログラム、社会人対象研修事業)を実施し、日中間の国際共同研究の推進および若手人材育成に取り組んでいくことで合意しました。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる