School of Culture, Media and Society早稲田大学 文化構想学部

Theoretical Configurations

論系の紹介

Studies of Media, Body and Image

表象・メディア論系

芸術文化の諸相に多角的にアプローチ

本論系では、人類がこれまでに生み出してきた多種多様な芸術文化活動を、「メディア」「身体」「イメージ」という3つの切り口から分析します。すなわち、現代社会を形作るイメージ文化がいかにしてメディア技術とのかかわりの中で作られてきたかを問う「メディア論」と、メディア文化が人間の身体にまつわる表象(イメージ)に与えてきた影響を探る「身体論」、さらにメディアや身体を取り巻く新しい文化を規定してきた表象について分析する「イメージ論」の各プログラムです。

表象とは、世の中に存在する事物、観念、出来事などに何らかのイメージを与え、別の形にして表されたものをいいます。たとえば、絵に描かれた風景は現実世界の表象ですが、それは社会や時代、あるいはそれを見たり描いたりする人に応じて自在に形を変えます。また、人間の身体は絵画や彫刻として表されるだけでなく、舞踏、儀礼、パフォーマンスなどによって時代を映す鏡として多彩なイメージを与えられてきました。そして、それらのイメージを媒介するものがメディアです。逆にいえば、メディアや身体感覚、イメージを手がかりに、それらを生んだ社会的・文化的状況を検証することも可能になるのです。

こうした3つの視点を相互に交差させることで、表象文化の作品・イメージ群を、芸術史や美学、作家論などといった従来からある学問の枠組みから解放し、治・経済の諸問題やテクノロジーの進化などの世界状況と結びつけ、ダイナミックに捉えなおすことを目指しています。また、現代思想、ポスト構造主義、記号論、精神分析、言説分析、ジェンダー理論などの現代人文諸科学の成果を生かし、新たな文化研究の方法を模索していきます。

古典芸術、サブカルチャー、メディア文化など多種多様な表象文化を、「メディア」、「身体」、「イメージ」という三つの切り口を交差させて分析する本論系では、人間の多様な芸術活動やメディア現象に対して、時代やジャンルを超えて、幅広い好奇心を持って接することのできる学生を求めます。そして、そうした多様な表象文化的活動の意味を、ただ既存の学問的枠組みや自分自身の価値判断によって裁断してしまうのではなく、柔軟な思考によってより深いところで理解し、その理解を通して自らの感受性と知性を鍛え上げ、新しい表象文化を創造する担い手となっていくことを期待します。

2年次生

2年次からは、「メディア論」、「身体論」、「イメージ論」という3つのプログラムによって分類された様々な演習科目群の中から、各自が自分の興味にあわせた授業を選択・履修して、広領域をカバーする複合的な視点から表象文化を分析する方法を身に付けてもらうことになります。また、映画、演劇、美術、広告文化、アニメ・マンガ、メディア・アート、ファッション・モード、オカルト芸術など、様々なジャンルの表象文化を扱ったブリッジ科目や演習科目を履修することで、それぞれの分野の歴史や理論について学び、自分の知識と視野を広げてもらいます。そして、そうした学習を通して、自分がどの専門のゼミを選ぶか、もしくは卒研テーマで研究するかを決めてもらうことになります。

3年次生

3年次では、2年次までと同様に、さまざまな演習科目やブリッジ科目を履修して、表象文化の歴史や現状に関する知識を広げたり、その分析方法や理論に関して認識を深めたりしながらも、それぞれが「ゼミ」か「卒業研究」のいずれかに所属して、各自の学問的関心や認識を深めてもらいます。それぞれに専門的な内容を展開する「ゼミ」においては、同じ芸術作品、書物、メディア現象などをめぐって、ゼミ生同士が互いの意見をぶつけ合いながら、それぞれ独自の研究を深めていくことが期待されます。また、「卒業研究」においては、指導教員による指導をはじめとした論系の支援を受けながら、各自が自分の興味をより深く探求していくことになります。

4年次生

4年次では、これまで学んだことの成果として、ゼミ履修者は「ゼミ論文」を、卒業研究選択者は「卒業研究」(論文)を完成させることを最大の目的とします。

演習・ゼミテーマ

プログラム 演習・ゼミテーマ
メディア論 【ゼミ】
現代思想/メディア社会論/デジタル・メディア論*/幻影論/クリエイティブ・メディアR&D
【演習】
メディア原論/複製メディア論/メディア考古学/消費社会とメディア/テレビ文化論/映画文化論/メディア・アート論/表象文化の政治経済学/デザイン・フィクション・ワークショップ
身体論 【ゼミ】
復元身体論*/身体の精神分析/身体表象論/文化身体論
【演習】
身体原論//音声身体論/芸能文化論/バレエ・ダンス論/身体と現在/ヴィジュアル・カルチャー論/身体文化論/メディア演劇論
イメージ論 【ゼミ】イメージ論/イメージの記号論/イメージ分析
【演習】図像学/ヴィジュアル・カルチャー論/ジェンダーとイメージ/広告イメージ論/視覚イメージの読み方/戦争の視覚文化論/イメージの分析/イメージの記号論/沖縄文化表象論
(プログラム横断) 【演習】
写真論/ポピュラー音楽論/言葉とイメージ/エロティシズム論/ファッション・モード論/ゲームデザインの考現学
(プログラム横断) 【演習】デザイン論/デジタル・コンテンツ技術/モダニズム論/都市空間論/スポーツ文化論/サブカルチャー論

*2017年度はゼミ募集せず。

表象・メディア論系履修モデル

教員が提案する文化構想学部 各論系の履修モデルをご紹介します。一人ひとりのテーマにあわせて自由に学習がデザインできます。

メディア・身体・イメージ

学生像

現実とフィクションの相互関係に興味がある者、社会における芸術の役割に関心がある者

将来の活動フィールド

放送、新聞、出版、情報メディア関係をはじめとする企業や商社、クリエイター、批評家、編集者、キュレーター、公務員、教員、大学院進学および研究職など

履修が望ましい外国語

英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語のいずれか

ブリッジ科目

メディア論1・2、身体論1・2、イメージ論1・2、映像メディアの社会学、コンテンポラリー・アート、オカルト芸術論、メディア・アートとデジタル表現、テレビ文化論、精神分析入門、ファッション・モード論、表象文化の政治経済学、性とイメージ、ジェンダーとイメージ、実物のアウラ、ポスト/モダニズム論

ゼミ・演習

【演習】
映画文化論、メディア・アート論、メディア原論、メディア考古学、身体原論、ヴィジュアル・カルチャー論、イメージ原論、視覚イメージの読み方、モダニズム論、図像学

【ゼミ】
メディア社会論、デジタル・メディア論、クリエイティブ・メディアR&D、幻影論、復元身体論、身体表象論、文化身体論、イメージ論、現代思想、イメージの記号論、イメージ分析、身体の精神分析

テクスト、戯曲、活字文化

学生像

言葉による芸術に関心がある者、言語と他のメディアとの関係に興味がある者

将来の活動フィールド

放送、新聞、出版、情報メディア関係をはじめとする企業や商社、クリエイター、批評家、編集者、キュレーター、公務員、教員、大学院進学および研究職など

履修が望ましい外国語

英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語のいずれか

ブリッジ科目

メディア論1・2、表象文化の政治経済学、オカルト芸術論、身体論1・2、テレビ文化論、演劇文化論、オペラ論、モダニズム論、ポスト/モダニズム論、芸能論、マンガ文化論、アニメーション文化論、サブカルチャー論

ゼミ・演習

【演習】
メディア原論、モダニズム論、サブカルチャー論、言葉とイメージ、表象文化の政治経済学、身体文化論、メディア演劇論

【ゼミ】
幻影論、現代思想、メディア社会論、身体表象論、復元身体論、文化身体論

映像、映画、テレビドラマ、ヴィジュアル・カルチャー全般

学生像

映像による芸術に関心がある者、視覚イメージと他のメディアとの関係に興味がある者、映画・テレビドラマ・ビジュアルカルチャー全般に関心がある者

将来の活動フィールド

放送、新聞、出版、情報メディア関係をはじめとする企業や商社、クリエイター、放送作家、批評家、編集者、キュレーター、公務員、教員、大学院進学および研究職など

履修が望ましい外国語

英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語のいずれか

ブリッジ科目

映像メディアの社会学、オカルト芸術論、メディア・アートとデジタル表現、イメージ論1・2、メディア論1・2、テレビ文化論、演劇文化論、写真論、オペラ論、芸能論、マンガ文化論、アニメーション文化論、性とイメージ、実物のアウラ、映像アーカイブ

ゼミ・演習

【演習】
映画文化論、テレビ文化論、ヴィジュアル・カルチャー論、メディア・アート論、写真論、デザイン論、複製メディア論、ゲームデザインの考現学、メディア考古学、図像学、デジタルコンテンツ技術、イメージの分析、視覚イメージの読み方

【ゼミ】
メディア社会論、デジタル・メディア論、幻影論、イメージ論、イメージ分析、イメージの記号論、身体の精神分析、クリエイティブ・メディアR&D

身体、舞台芸術、コンテンポラリー・アート、音楽

学生像

言語によらない芸術や身体表現に関心がある者、身体と他のメディアとの関係に興味がある者

将来の活動フィールド

放送、新聞、出版、情報メディア関係をはじめとする企業や商社、劇場・舞台・マネージメント関係、クリエイター、批評家、編集者、キュレーター、公務員、教員、大学院進学および研究職など

履修が望ましい外国語

特に限定しないが、研究成果を発表する手段として母語以外に最低一カ国語は習得すること

ブリッジ科目

身体論1・2、イメージ論1・2、メディア論1・2、実物のアウラ、コンテンポラリー・アート、演劇文化論、芸能論、オペラ論、サブカルチャー論、バレエ・ダンス論、ファッション・モード論、都市空間論、写真論、映像アーカイブ

ゼミ・演習

【演習】
バレエ・ダンス論、芸能文化論、音声身体論、ポピュラー音楽論、ファッション・モード論、サブカルチャー論、身体原論、スポーツ文化論、メディア演劇論、写真論

【ゼミ】
復元身体論、身体の精神分析、身体表象論、イメージ論、イメージの記号論、イメージ分析、幻影論、メディア社会論、デジタル・メディア論

社会、思想、ネットワーク

学生像

メディア社会学あるいはメディア理論を学習したいと思っている学生

将来の活動フィールド

メディア関係、ジャーナリズム・広告・出版関係、通信・運輸関係、公務員、教員、大学院進学および研究職など

履修が望ましい外国語

英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語のいずれか

ブリッジ科目

メディア論1・2、デジタル・メディアと社会、メディア・アートとデジタル表現、映像メディアの社会学、表象文化の政治経済学1・2、身体メディア論、ポスト/モダニズム論、広告イメージ論、戦争とイメージ

ゼミ・演習

【演習】
メディア原論1・2、複製メディア論1・2、表象文化の政治経済学1、消費社会とメディア1・2、イメージ原論1・2、芸能文化論、メディア・アート論

【ゼミ】
メディア社会論、現代思想、デジタル・メディア論、クリエイティブ・メディアR&D

テレビ、映像、文学

学生像

テレビ、映画などの映像世界に強い関心をもっている学生

将来の活動フィールド

放送、映像・広告・マスコミ関係をはじめとする企業、公務員、教員、大学院進学および研究職など

履修が望ましい外国語

英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語のいずれか

ブリッジ科目

メディア論1・2、テレビ文化論、映像メディアの社会学、現代映画論、アジア映画論、サブカルチャー論1・2、マンガ文化論、アニメーション文化論、映像アーカイブ、メディア・アートとデジタル表現、広告イメージ論、オカルト芸術論、ポスト/モダニズム論、身体メディア論

ゼミ・演習

【演習】
テレビ文化論、映画文化論1・2、メディア考古学1・2、複製メディア論1・2、サブカルチャー論1・2、ヴィジュアル・カルチャー論1・2、メディア・アート論

【ゼミ】
幻影論、メディア社会論、身体表象論

身体、精神、テクノロジー

学生像

身体をキーワードそして現代社会の問題をとらえようとする学生

将来の活動フィールド

映像クリエーター・ファッション関係、出版・広告・マスコミ関係をはじめとする企業、公務員、教員、大学院進学および研究職など

履修が望ましい外国語

英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語のいずれか

ブリッジ科目

身体論1・2、身体メディア論、精神分析入門、ジェンダーとイメージ1・2、性とイメージ、メディア論1・2、メディア・アートとデジタル表現、ファッション・モード論、オカルト芸術論、表象文化の政治経済学1・2

ゼミ・演習

【演習】
身体原論、ポスト/モダニズム論1 、メディア原論1・2、メディア考古学1・2、ジェンダーとイメージ1・2、ファッション・モード論

【ゼミ】
身体表象論、デジタル・メディア論、幻影論、現代思想、身体の精神分析

演劇、パフォーミング・アーツ、モード

学生像

演劇、ダンス、オペラ、古典芸能など舞台芸術に関心がある学生

将来の活動フィールド

劇場・舞台・芸能・マネージメント関係をはじめとする企業 、批評家、クリエイター、公務員、教員、大学院進学および研究職など

履修が望ましい外国語

英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語のいずれか

ブリッジ科目

身体論1・2、芸能論、オペラ論、バレエ・ダンス論、舞踊論、復元表象研究、身体メディア論、サブカルチャー論1・2、ファッション・モード論、オカルト芸術論

ゼミ・演習

【演習】
身体文化論1・2、芸能文化論、音声身体論1・2、メディア考古学1・2、サブカルチャー論1・2、バレエ・ダンス論、ファッション・モード論、ポピュラー音楽論2

【ゼミ】
復元身体論、身体表象論、幻影論

図像、言葉、セクシュアリティー

学生像

古典的作品から現代アートまでひろく芸術の世界に関心がある学生

将来の活動フィールド

博物館・美術館、広告関係、アートマネージメント、芸能マネージメント、キュレーター、公務員、教員、大学院進学および研究職など

履修が望ましい外国語

英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語のいずれか

ブリッジ科目

イメージ論1・2、コンテンポラリー・アート、デザイン論、実物のアウラ、性とイメージ、ジェンダーとイメージ1・2、写真論、戦争とイメージ、比較イメージ論、広告イメージ論、ファッション・モード論

ゼミ・演習

【演習】
図像学1・2、言葉とイメージ1・2、ヴィジュアル・カルチャー論1・2、デザイン論、ジェンダーとイメージ1・2、ファッション・モード論、メディア・アート論

【ゼミ】
イメージ論、イメージの記号論、イメージ分析

写真、都市、ポスト/モダニズム

学生像

ポストモダン理論を包括的に学習しようとする学生

将来の活動フィールド

情報、通信、交通、出版、編集ジャーナリズム関係をはじめとする企業、通信・運輸関係、公務員、教員、大学院進学および研究職など

履修が望ましい外国語

英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語のいずれか

ブリッジ科目

イメージ論1・2、写真論、表象文化の政治経済学1・2、サブカルチャー論1・2、メディア・アートとデジタル表現、オカルト芸術論

ゼミ・演習

【演習】
イメージ原論1・2、ポスト/モダニズム論、都市空間論、写真論、メディア原論1・2、メディア考古学1・2、サブカルチャー論1・2、ヴィジュアル・カルチャー論1・2

【ゼミ】
イメージの記号論、イメージ論、イメージ分析、現代思想、幻影論

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/flas/cms/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる