School of Culture, Media and Society早稲田大学 文化構想学部

Theoretical Configurations

論系の紹介

Interdisciplinary Studies of Culture

複合文化論系

時空を超え、文化の複合的な構造を解明

この論系は、社会・文化現象を総合的に研究する4つのプログラム(言語文化、人間文化、超域文化、感性文化)から成り立っています。その研究対象は幅広く、衣食住をはじめ、言語、文学、芸術、哲学、思想、宗教、美意識、メンタリティー、政治、経済、医療、さらには国際関係をも内包しています。

これら4つの領域は独立しているようでいて、その実は極めて強く結びついています。たとえば活版印刷術によりルネサンス期に出版された古典ギリシア語の辞書。そこでは語の意味がラテン語で説明されています。これはまぎれもなく「言語文化」の産物ですが、同時に、ルネサンス世界による古代ギリシア世界の受容として、地域と時代を超えた「超域文化」の問題ともなります。また、人間が作り出す新技術とさまざまな文化現象を考えるとき、「人間文化」に関わりますし、そしてこの人間の活動を具体的かつ普遍的に捉え、技術や文化のはらむ微妙なニュアンスを問うならば「感性文化」の問題となるでしょう。

したがって、本論系でも各プログラムは緊密に連携し、地域や時代、既成の学問ジャンルの枠を超え、各文化圏相互の関係分析や比較研究を行うことにより、人間が織り成す文化の複合的な構造を根本から解き明かすことを目指しています。そのために海外留学を奨励し、外国研究機関との連携のもと、国際舞台で活躍できる人材を養成しています。また、多種多様な科目と履修形態により、影響・対比研究やアーカイブ操作、フィールドワーク、現地実地研修、ディベート、ディスカッション、プレゼンテーションなど、さまざまな研究手法と幅広い視野を身につけられることも本論系の特長です。

複合文化論系は、言語文化、人間文化、超域文化、感性文化の4つのプログラムから構成されており、これらのいずれか、もしくは複数の分野に興味を持ち、複雑に関連する現代社会の諸要素を、共時的、通時的視点から考察して、時代を予測し困難を切り開く洞察力、広い視野に支えられた知識力、現実の課題を分析し対処する実践力の涵養を志す学生の進級を希望する。上記の4つのプログラムは、一見多様に思われ、事実その通りだが、相互に緊密に連関し、「地域や時代、既成の学問分野の枠を超え、文化圏間の関係分析や比較研究を通して人間が織り成す文化の複合的な構造を解き明かす」という複合文化論系の基本方針を様々な面から支えている。

2年次生

「地域や時代、既成の学問分野の枠を超え、文化圏間の関係分析や比較研究を通して人間が織り成す文化の複合的な構造を解き明かす」という複合文化論系の基本方針を踏まえながら、開設された、多岐にわたる内容の複合文化論系演習を履修し、本論系の教員も多く担当している文化構想学部、文学部のブリッジ科目の中から興味ある科目を選択しながら、3年次からのゼミ進級に備えられるようにする。論系の教員や、助手が論系室で相談に応じながら、4つのプログラムにそれぞれ、3~5設置されたゼミに進級するか、論系内の教員が指導して、自分で研究を深めて、その成果をまとめる卒業研究を選ぶかを決めてもらう。

3年次生

言語文化、人間文化、超域文化、感性文化の4つのプログラムに、それぞれ3~5ずつ設置されたゼミに進級したか、もしくは論系内の教員の指導のもとに個人で研究を深めていく卒業研究を選択した後なので、ゼミ論、もしくは卒業研究と深く関係する、演習、講義を履修するのはもちろん、論系内に用意された他の演習や、文化構想学部、文学部共通のブリッジ科目からも多くのことを学びながら、ゼミ論、卒業研究の構想をまとめ、その材料を集めて、文献などの資料読解や、フィールドワークの手法を担当教員から学んで行く。3年次生の大きな関心の一つは、卒業後の進路であり、就職や大学院への進学に関して、ゼミや論系室を通して、先輩たちの体験を聴き、助言が得られる機会を設ける。

4年次生

4年次生の最大の眼目は、卒業後の進路を決め、ゼミ論、卒業研究をまとめ、提出することである。社会に巣立って行く4年次生に対し、ゼミ担当の教員、卒業研究の指導教員から、研究方法、論文のまとめ方、社会生活の心構えなどが、助言される。その際の指針となるのも、「地域や時代、既成の学問分野の枠を超え、文化圏間の関係分析や比較研究を通して人間が織り成す文化の複合的な構造を解き明かす」という複合文化論系の基本方針であろう。資料解読、フィールドワーク、論文作成、ゼミと演習の発表等のプレゼンテーションを通じて得られた経験、知識は、就職もしくは進学後の社会的、個人的活動に大いに役立つものと思われる。

ゼミ・演習テーマ

プログラム 演習・ゼミテーマ
言語文化 【ゼミ】ことばの歴史・ことばの地理/ことばの科学・ことばの哲学/ことばと文学・ことばと美意識
【演習】現代日本語研究/日本地域言語研究/対照言語学研究/比較言語学研究/言語と文化/日常言語の論理学/意味と文脈/文法の理論/日本の美意識/日本古典文化の受容と変容
人間文化 【ゼミ】文化ツーリズム論/宗教への人類学的アプローチ/移動・移住の人類学
【演習】文化人類学入門/フィールドワーク入門/文化人類学学説史/ジェンダー人類学/グローバリゼーションと人間の経済/植民地主義と人類学/民族文化論/カルチュラル・スタディーズと人類学/開発人類学//物質文化論/医療人類学/コミュニティとナショナリズム
超域文化 【ゼミ】都市と美術/文化変容論/集合的アイデンティティの諸相
【演習】芸術思潮の越境/時代の刻印/主題系の研究/国民文学から世界文学へ/近代文化の相互交流/創造の交流点/ギリシア思想の伝播/東アジアの文化遺産/アジアの美術と思想/世界の工芸にみるデザイン/集合的アイデンティティ論/世界のなかの日本のイメージ
感性文化 【ゼミ】現代の文化哲学/現代文明への視座/メディア・コミュニケーション論
【演習】感性文化基礎論/感性哲学/生活環境感性論/視覚文化論/現代文化研究/現代文化の諸相/現代哲学の諸相/現代フランス思想/美学研究/サブカルチャーにみる異文化コミュニケーション/アートコミュニケーション/聴覚文化論/多文化社会論/メディアと異文化コミュニケーション/若者、メディア、グローバリゼーション/広告にみる異文化コミュニケーション

 

複合文化論系履修モデル

教員が提案する文化構想学部 各論系の履修モデルをご紹介します。
一人ひとりのテーマにあわせて自由に学習がデザインできます。

ことばの歴史・ことばの地理

学生像

日本語を対象とした言語学・言語文化論的研究に関心のある学生。

将来の活動フィールド

日本語学関係の学界(大学院進学)、教育界(国語・日本語)のほか、公務員(地方行政など)になる人、銀行や企業に就職する人もいる。

履修が望ましい外国語

特に指定しない。

ブリッジ科目

現代の日本語/日本語の文化史/ことばと社会/日本語学概論1・2/日本語史1・2/言語史の方法

ゼミ・演習

【ゼミ】言語文化ゼミ(ことばの歴史・ことばの地理)

 

【演習】現代日本語研究1・2/日本地域言語研究1・2

言語文化ゼミ(ことばの科学・ことばの哲学)

学生像

日本語を含む世界の諸言語を対象とした理論言語学・言語哲学、ならびに言語学に関する科学哲学的研究を志す学生。

将来の活動フィールド

外国語・日本語関係の教員・研究者、出版・放送・ジャーナリズム関係など。

履修が望ましい外国語

特に指定しない。

ブリッジ科目

言語学入門/認知言語学入門/語用論入門/ヨーロッパのことばと文化/フランス語学概論

ゼミ・演習

ゼミ】言語文化ゼミ(ことばの科学・ことばの哲学)

 

【演習】日常言語の論理学/文法の理論/言語と文化/意味と文脈

ことばと文学・ことばと美意識

学生像

文学(とりわけ日本の古典から近現代の文学)に関心をもつ学生。

ことばと美意識のあり方に関心をもつ学生。

世界の中で日本の文化がいかにとらえられているのかということに関心をもつ学生。

将来の活動フィールド

一般企業(特に文化活動に関わる業種など)、出版・ジャーナリズム・広告関係、公務員、教職(中学校・高等学校の国語科)、大学院進学および研究職(日本の文化・文学など)。

履修が望ましい外国語

英語は必須。必ずしもメジャーな言語とは限らない。

ブリッジ科目

日本文学史1~6/神話と伝説の世界/物語文学の世界/和歌文学の世界/鎌倉・室町の文学/近世小説と俳諧/近代の文学と文化/現代の文学と文化1・2/文化の哲学/近代日本の思想空間

ゼミ・演習

【ゼミ】言語文化ゼミ(ことばと文学・ことばと美意識)

 

【演習】日本の美意識/日本古典文化の受容と変容/世界のなかの日本のイメージ

文化ツーリズム論

学生像

  1. 「文化資源」の現状と課題、その将来について関心がある学生。
  2. 地域文化の継承と発展に取り組む気概のある学生。
  3. フィールドに出向き、現地の人びととの協同を志す学生。

将来の活動フィールド

大学院進学、旅行、観光、マスコミ、銀行、損保、食品、製薬、公務員等。つまり、進路としては、他ゼミ・他論系・他学部と比較して大きな差異はない。

なお、3年生を対象に秋学期(10月頃)には就活を終えた4年生による就活ガイダンスを実施している。

履修が望ましい外国語

学術論文を読解できる英語は最低限必要。その他の外国語については、研究対象地域による。どんな地域で何をやりたいかということが第一義であり、外国語は当人の目的を達成するための手段であることを自覚の上、努力してほしい。

ブリッジ科目

文化人類学の最前線1・2/文化人類学1・2/国民国家と文化

(上記科目については1~2年次に履修することが望ましい)

ゼミ・演習

【ゼミ】人間文化ゼミ(文化ツーリズム論)

 

【演習】民族文化論/物質文化論/植民地主義と人類学/グローバリゼーションと人間の経済/開発人類学

宗教への人類学的アプローチ

学生像

自分とは異なる生活習慣や考え方をもつ人々に対して興味関心を持ち、その人々と積極的に関わろうとする気概のある学生。

将来の活動フィールド

一般企業への就職、公務員、大学院進学、海外留学など

履修が望ましい外国語

英語は必須。その他、調査研究に必要となる言語。

ブリッジ科目

文化人類学の最前線1・2/文化人類学1・2/アジアのジェンダーとセクシュアリティ

ゼミ・演習

【ゼミ】人間文化ゼミ(宗教への人類学的アプローチ)

 

【演習】文化人類学入門/フィールドワーク入門/コミュニティとナショナリズム/ジェンダー人類学/植民地主義と人類学

移動・移住の人類学

学生像

①自分とは異なる文化、異なる立場の人たちのくらしや考え、ものの見方に関心を持つ学生。

②国際的、あるいは国内での人やモノの移動、それにともなう社会の変化や課題について考えてみたいと希望する人。

将来の活動フィールド

一般企業、公務員、国際機関やNGO・NPOへの就職、大学院進学、海外留学などが期待される。

履修が望ましい外国語

英語。その他、調査研究に必要な言語についても積極的に履修することが望ましい。

ブリッジ科目

文化人類学の最前線1・2/文化人類学1・2/国民国家と文化

ゼミ・演習

【ゼミ】人間文化ゼミ(移動・移住の人類学)

 

【演習】文化人類学入門/フィールドワーク入門/植民地主義と人類学/コミュニティとナショナリズム/ジェンダー人類学/グローバリゼーションと人間の経済

都市と美術

学生像

(1)都市とアート(パブリックアート、街並み、建築)、芸術と社会(美術、視覚文化、デザイン、広告、ファッション、ミュージアム)の問題に関心のある学生。

(2)国際交流(とくに日韓の交流)に貢献したい学生。

(漢陽大学人文学部、慶熙大学美術学部、成均館大学建築学部との交流授業を春学期にソウルで行います。)

(3)西洋、東洋、日本のどこかに片寄るのではなく、より広い視野から見渡し、考えることができるように

なることを目指す学生。

将来の活動フィールド

*アートに関わる知識や異文化交流の体験を活かせる場。

*これまでの具体的就職先および進路:

広告会社、出版社、航空会社、商社、通信会社、銀行、保険会社、公務員、大学院進学(海外を含む)など。

履修が望ましい外国語

自分が研究テーマとしたいトピックともっとも関係ある言語を習得していることが望ましい。

例:ウォーホルの広告美術 → 英語

ガウディの建築 → スペイン語

バウハウスのデザイン → ドイツ語

未来派の絵画 → イタリア語

デザイン都市ソウルのメディア戦略 → 朝鮮語

ゴッホ、モネの夢見た日本 → フランス語

*韓国の大学との交流授業をしますが、とくに韓国語の知識が必要というわけではありません。

ブリッジ科目

西洋近代美術/芸術論争の歴史/芸術と社会(都市と美術)/美術史への招待1・2/ 異文化の伝播と受容/異文化接触と日本文化/東アジアの美術工芸/

以上にあげた科目のほか、アート、イメージ、美術、視覚文化に関連する内容の講義科目を、地域・時代にかかわらず、なるべく幅広く履修しておくことが望ましい。

ゼミ・演習

ゼミ】超域文化ゼミ(都市と美術)

 

【演習】創造の交流点/世界のなかの日本のイメージ/東アジアの文化遺産/アジアの美術と思想/世界の工芸にみるデザイン

文化変容論

学生像

「異文化受容」「異文化交流」「文化変容」に興味を持ち、自分でテーマを決め、それをゼミの仲間たちにきちんと説明できるだけの調査・研究とプレゼンテーションをできるよう努力する人。

将来の活動フィールド

卒業生は様々な業種に職を得ているので、どの分野に進んでも、大学で獲得した「学ぶ姿勢」を仕事に活かせる人材になってほしい。

履修が望ましい外国語

必修の英語、基礎外国語を基盤に選択外国語等の履修によって、外国語への興味を持ち続けていることが望ましい。

ブリッジ科目

異文化受容と文学の変容/比較文学入門/ギリシャ・ローマ世界入門/ギリシャ・ローマの思想と文化

ゼミ・演習

【ゼミ】超域文化ゼミ(文化変容論)

 

【演習】時代の刻印/主題系の研究/世界の中の日本のイメージ/アートコミュニケーション/創造の交流点/集合的アイデンティティ論

集合的アイデンティティの諸相

学生像

文化と社会の関係に対して探究意欲がある学生。好奇心の強い人。社会科学系と人文科学系にともに関心のある学生。あらゆる文化現象、社会現象に対して感性を研ぎ澄ませてアプローチしていきたい人。

将来の活動フィールド

メーカー・情報通信・マスコミ・金融などの一般企業、官公庁、教育・研究職など。

履修が望ましい外国語

とくに指定しないが、好きな外国語があるのが望ましいというのは言うまでもない。

ブリッジ科目

社会学概論1・2/社会学研究5(集団・組織論1)/社会学研究6(集団・組織論2)

ゼミ・演習

【ゼミ】超域文化ゼミ(集合的アイデンティティの諸相)

 

【演習】集合的アイデンティティ論/若者、メディア、グローバリゼーション/感性哲学/世界のなかの日本のイメージ/時代の刻印

現代の文化哲学

学生像

当たり前の日常に目をむけ、耳を澄まし、その細部にふれる感触を味わうことのできる人。

性愛と死、他者と私、言語と感覚など、哲学的テーマに関心のある人。

芸術を初めとする、人間のクリエイティヴな領域に浸かりたい人。

将来の活動フィールド

哲学・美学・芸術学関係の大学院進学、出版・マスメディア、映像制作会社、中学高校教員、公務員ほか。

履修が望ましい外国語

特に指定しない。

ブリッジ科目

※文化の哲学/感性の哲学/美学1/美学2/美の諸相/死の諸相

ゼミ・演習

【ゼミ】感性文化ゼミ(現代の文化哲学)

 

【演習】感性哲学/感性文化基礎論/生活環境感性論/視覚文化論/聴覚文化論/現代哲学の諸相/美学研究

現代文明への視座

学生像

基本的に文科系の領域であればどのような分野でもゼミに参加可能です。

高橋は、テクノロジーの哲学を専攻していますが、教員の専攻分野に学生の関心分野を限る必要はありません。

ゼミ論テーマ 例:広告論(広告一般、広告とイメージ)、日本と海外文化比較、サブカルチャー論、ファッション論、食文化比較論など。

将来の活動フィールド

IT系企業、金融業、運輸業、アパレル関係、人材派遣企業、その他様々。

履修が望ましい外国語

特に指定しない。

ブリッジ科目

各自関心のある分野を履修してください。

ゼミ・演習

【ゼミ】感性文化ゼミ(現代文明への視座)

 

【演習】各自関心のある分野を履修してださい。

メディア・コミュニケーション論

副題:グローバリゼーションとメディア

学生像

グローバル・リテラシー(語学力、デジタル・リテラシー、コミュニケーション能力)に優れている人。

異文化や他者を尊重し、相互理解に努め、よりよいグローバル社会の構築を共に目指す人。グローバル人材。

将来の活動フィールド

マスコミ(テレビ局、新聞、出版)、広告、商社、情報通信、メーカー、金融、大学院進学(海外を含む)、国際機関

履修が望ましい外国語

特に指定しない。

ブリッジ科目

グローバリゼーションとメディア/社会学概論1・2/文化人類学の最前線1・2/異文化の伝播と受容

ゼミ・演習

【ゼミ】感性文化ゼミ(メディア・コミュニケーション論)

 

【演習】メディアと異文化コミュニケーション/広告にみる異文化コミュニケーション/若者、メディア、グローバリゼーション/多文化社会論

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/flas/cms/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる