School of Culture, Media and Society早稲田大学 文化構想学部

Theoretical Configurations

論系の紹介

Contemporary Human Studies

現代人間論系

現代を「ともに生きる」人間のあり方を研究

人間とは何か。
古来より、この問いはあらゆる学問が抱えてきた究極の命題です。とりわけ、価値観が多様化し、人間を取り巻くあらゆる事象が複雑化・多元化する現代社会においては、人間の本質を探り、「私」自身のアイデンティティを確認することはもっとも大きな課題であるといえるでしょう。しかし、物質や情報の豊かさとは裏腹に、人と人、人と社会との関係が希薄化しつつある現代を生きる人々が、その答えを見出すことは容易ではありません。

こうした問題意識に立ち、人間に対する多面的なアプローチを通じて、現代社会の諸問題に立ち向かうたくましい叡知を備えた人材を育てることが、本論系の目的です。そのために各プログラムを貫く共通のテーマを「ともに生きる」とし、「生き方」や「心」「人との関係」といった、私たちが日常的に突き当たる問題に切り込んでいきます。その特色は次の3 点です。第1に社会学、心理学、文学、哲学、倫理学、宗教学、教育学、社会福祉学などを基盤としながらも、その枠組みを超えて学際的・総合的にアプローチします。第2 に、問題解決の軸足を「現代」に定め、現代人の精神構造や倫理、コミュニケーション、人生などについて探究します。第3に、少子高齢化や環境問題、企業倫理や子育て、心の問題とセラピーなど、具体的な諸課題を念頭に、その解決を模索しながら思考と論究を深めていきます。

このように本論系は、現代人と現代社会の諸問題に新しい視点で向き合う教育研究の場であり、多彩な科目群と教授陣、ゼミ活動やフィールドワークなどがこれを支えています。

  • 現代人間論系が基礎とする社会学、心理学、文学、哲学、倫理学、宗教学、教育学、社会福祉学などの学問領域に関心をもち、かつその枠組みを超えて学際的・総合的・実践的なアプローチを行う意欲がある。
  • 現代人の精神構造や倫理、コミュニケーション、人生などについて探求し、少子高齢化や環境問題、企業倫理や障害、宗教や性をめぐる問題など、「ともに生きる」ために解決を求められている現代社会の諸課題を探求するたくましい叡知を身につけることを求めている。

2年次生

  • 現代社会の諸課題にも即した社会学、心理学、文学、哲学、倫理学、宗教学、教育学、社会福祉学などの分野の多彩な講義科目(ブリッジ科目)の選択履修を通じ、各人が関心をもつ専門学問領域を広く・深く探求する。
  • 現代人が「ともに生きる」ために解決を求められる諸課題に焦点をあてた専門演習科目の選択履修を通じ、現代人の精神構造や倫理、コミュニケーション、人生などについて総合的に探求するための学際的・総合的・実践的なアプローチを学ぶ。

3年次生

  • 少人数制で2年間に亘る論系ゼミ、もしくは指導教員による個別指導に基づく卒業研究を選択し、少子高齢化や環境問題、企業倫理や障害、宗教や性をめぐる問題など、現代人が「ともに生きる」ために解決を求められる諸課題を探求するたくましい叡知を身につける。
  • 論系ゼミにおいては互いに切磋琢磨する共同学習環境のもとで、卒業研究においては学生の志向性を活かした学習支援体制を通じて考究を深める。
  • 論系ゼミや卒業研究で培った問題意識の深化・探求をめざし、更なる専門演習や講義科目の履修を行い、各人の専門学習を進める。

4年次生

  • 3年次までに培ってきた現代人が「ともに生きる」ために解決を求められる諸課題を探求するたくましい叡知を、身に付けた学際的・総合的・実践的なアプローチに従い、ゼミ履修者はゼミ論文、卒業研究選択者は卒業研究として結実させ、各人の4年間の学習のまとめとする。
  • 論系ゼミや卒業研究で培ってきた問題意識の応用的・発展的展開をめざし、必要な専門演習や講義科目の追加履修を行い、現代人間論系における学びの総仕上げを行う。

ゼミ・演習テーマ

プログラム 演習・ゼミテーマ
「多様性を生きる人間」論 【ゼミ】
ディスアビリティと現代/ジェンダーとセクシュアリティの視座/クィア・スタディーズ
【演習】
生きて働くことの臨界/福祉社会の臨界/貧困と社会的排除/障害とクィア/不死の様式/生の詩学/生の解釈/ジェンダー研究の実践/セクシュアリティ研究の実践/エスノメソドロジーの方法/クィア・スタディーズ など
「関係を生きる人間」論 【ゼミ】
子ども文化と居場所/社会の変化と人間関係/プラクティカル・エシックス
【演習】
子ども文化と社会病理/サイバー空間の論理と倫理/親密圏の論理と倫理/環境問題の論理と倫理/消費社会の論理と倫理/近代的人間観の論理と倫理/生きづらさの論理と倫理/世代間交流の理論と実践 など
「発達を生きる人間」論 【ゼミ】
現代人のライフストーリー/現代人の心理/現代人の心の発達
【演習】
現代社会と心の機能/心をしらべる/現代人のアイデンティティーの心理/自己形成と無我/心の回復と成長/現代社会における心理学の意義/人間関係の生涯発達/発達の生得性と環境効果/子育ての文化比較/現代人と家族 など
「心身を生きる人間」論 【ゼミ】
超越と人間/心身論/生命と人格
【演習】
宗教と共同体/生活世界・社会と身体/他者と身体、身体から見た人間/こころとからだの関係を考える/道徳意識の研究/実存と他者の倫理/現代的人間観の論理と倫理/身体理解の諸相/生命・医療の論理と倫理 /死生学と現代社会 など

現代人間論系履修モデル

教員が提案する文化構想学部 各論系の履修モデルをご紹介します。
一人ひとりのテーマにあわせて自由に学習がデザインできます。

ディスアビリティと現代 ~福祉/社会と生き方の構想

学生像

幅広い分野に関心を持ち、それを社会の構想と自分自身の生き方に引き付けて考えることができる人。

将来の活動フィールド

一般企業はもとより、公務員、教員、大学院進学、NPOや福祉分野など多様な進路に開かれています。(プロの野球選手やミュージシャンになった人も)

履修が望ましい外国語

ゼミでは基本的に日本語文献(翻訳を含む)を講読するので、特に指定はありません。好きな外国語を学び、そしてできれば短期間でもいいので、その国で「暮らす」ことをお薦めします。

ブリッジ科目

私が担当する「障害学」と「福祉社会論」の受講によって、ゼミの学びの基本的な枠組みや概念を得ることができます。「老いの政治」(天田城介先生)と「「弱さ」を生きる」(杉田俊介先生)もお勧めです。

そのほか、ジェンダー、セクシュアリティ、エスニシティ、社会学、社会福祉、哲学、教育、文学、心理などの領域の講義群を自分自身の問題関心に従って渉猟し、4年次のゼミ論文/卒業研究執筆の核になるテーマを見つけてください。

ゼミ・演習

【ゼミ】私が担当する「ディスアビリティと現代」ゼミでは、「障害の社会モデル」※を手がかりとし、加速する新自由主義と閉塞する福祉国家を交響する公共圏へと再構築するために必要な「自由の平等」と新たな福祉のかたち(ケア・運動・政策・制度的再分配)について、障害、ジェンダーとセクシュアリティ、エスニシティの領域を往還しながら、読み/調べ/考えていきます。

※障害(disability=できないこと)は個人の属性ではなく、社会的に構築されたものである、とする考え方。

【演習】「生きて働くことの臨界」(春期演習):就活や非正規雇用の“生きづらさ”、若者の労働運動、能力主義や分配的正義、生活保護バッシングなどの福祉社会のイシューを参照しつつ、働くことを含む生き方の自由が生存の平等を棄損しない社会の在り方やそのために必要なシステムを構想します。

「福祉社会の臨界」(秋期演習):いのちを分ける、老い/呆けること、〈貧困〉問題のリアル、臨界を超えて、という4つのテーマを設定し、福祉社会の臨界にせめぎあうさまざまな課題について、講義や映像の視聴、ディスカッションを繰り返しながら多面的に検討していきます。

その他、ゼミの学びとの関連が深い演習として「貧困と社会的排除」(大西連先生)「障害とクィア」(飯野由里子先生)などがあります。

身体的親密性の考察から「ともに生きる」へ――セクシュアリティ、ジェンダー、エロス論その他

学生像

(本論系のテーマである)「ともに生きる」に共感はするものの、だけどそれはそれで少しプレッシャーかな、と思う自分について考えてみたい学生。

将来の活動フィールド

とくに想定される領域はありません。各自で切り拓いていってください。

履修が望ましい外国語

履修が望ましい外国語を特定して挙げることはできませんが、日本語による思考を相対化するという意味で、外国語が重要なのは当然です。また外国語は、大学の授業で身につけることのできる、数少ない実践的能力ですので、その意味でも重要なのかもしれません。 私自身はロシア語をやっています。ロシア語の良いところは、英語と似ていないので、高校時代まで英語が苦手だった人間も優しく受けいれてくれるところです。

ブリッジ科目

「ユートピアと性」「越境する女性の文学」「ジェンダーを知る」とりあえず、私自身に縁の深い3科目だけ挙げましたけれども、率直に申して、学生の皆さんが自由に選択する事柄に関して、こちらであれこれ言えないな、と思っておりますし、その結果なにを履修しても、その科目がいまの皆さんにとって必要な科目なのだと思います。と申しますか、そのような選択をしてください。

ゼミ・演習

【ゼミ】 ジェンダーとセクシュアリティの視座
【演習】「不死の様式」「生の詩学/生の解釈」「ジェンダー研究の実践」「セクシュアリティ研究の実践」

これもブリッジ科目と同じで、とりあえず、私自身に縁の深い4科目だけ挙げました。けれどもこれにこだわらず、現代人間論系の演習を各自の興味関心に応じて履修し、意欲的に授業に取り組んでください。

クィア・スタディーズを中心に、この社会の「生きづらさ」をすり抜ける、あるいは解体する思想と技法を学びましょう。

学生像

この社会における「普通」の生き方って私にはしんどいわー、と思ってしまう人。

将来の活動フィールド

各自ご自由に。自由に生きるのが一番難しく、しかし一番面白いのですから。

履修が望ましい外国語

特になし。外国語が得意な人はそれを活かせばよいですし、(私もそうですが)苦手な人にもやりようはあります。ただし、本気で学びたいなら腹を括って英語の文献を読む必要がある、とは思います。

ブリッジ科目

私が携わる「セクシュアリティの社会学」「クィア・スタディーズ入門」を含め、「ジェンダー」「フェミニズム」「セクシュアリティ」「クィア」「男性学/女性学」などのキーワードでシラバスを検索して、興味を持つものをいくつか履修しておくとよいかもしれません。また、文学や哲学、社会学など、特定のディシプリンを1つ決めて、その概論にあたる授業を履修するのも重要です。

ゼミ・演習

【ゼミ】クィア・スタディーズ
「性について、調べて分析して誠実に考えてみる」「この社会におけるさまざまなマイノリティ(少数派)の置かれている苦境を調べて分析して誠実に考えてみる」。性を恥やからかいの対象としてでなくまじめに面白がり、その先にこの社会の公正さを構想する、そんな営みを地道にやっていきます。

【演習】最も重要なのはどの演習を履修するかではなく、「演習は講義に比べて単位を取るのが楽」と思ってしまう怠け癖に満ちた勘違いをどう回避するか、ですよね? それさえわかっていればどんな演習も確実にみなさんの知的能力を高めます。私が担当するのは「相互承認の技法」「日常動作の社会学」ですが、これらに限定せず自由に選び、しっかりと学んでください。

子どもや若者の文化をあじわい、「居場所」ある社会を構想する

学生像

人が社会のなかでさまざまな文化に囲まれて生き、育っていくことの面白さや不思議さに関心のある人。さまざまなできごとに対して自分と社会とを結びつけながら考えていきたいと思っている人。

将来の活動フィールド

人とかかわるあらゆる仕事。

履修が望ましい外国語

特にありません。言語は考えたり、他の文化を理解するためのツールになりますので、自分の関心のある文化の言語ができると楽しいでしょうね。

ブリッジ科目

私の担当する「現代人と居場所」「教育福祉論」「子ども文化論」をとっていただくとその後学びやすいかと思います。「現代人間論系総合講座」「ライフストーリーの社会学」「日常生活の社会学」「子どものこころ(発達心理学)」「大人のこころ(発達心理学)」「福祉文化論」「教育福祉論」なども人間が生きることの全体像をとらえる上で参考になりそうです。
しかし、子ども・若者や文化に対するアプローチは千差万別。自分で「軸」をさぐりつつ、他学科・他学部の授業も含めて、自由にご自分の関心を深めていってください。自分の研究をすすめていくためのディシプリン(社会学、教育学、心理学、比較文化等々…)についても学んでおくとよいでしょう。

ゼミ・演習

【ゼミ】子ども文化と居場所
子ども・若者にかかわる社会の文化的状況やその状況に抗する文化がどのように生成し、展開していっているのかをとらえていきます。多様な角度から子ども・若者の文化に焦点をあてつつ、現代を生きる子ども・若者の「育ち」や居場所、それを支える社会のあり方を考えていきましょう。

【演習】私の担当は「子ども文化と社会病理」「若者の生活世界と移行」ですが、そこにとらわれすぎる必要はありません。演習は、アクティブに学びを深める良い機会なので、関心のある演習をとって、積極的に学んでいくことがなにより大切です。

関係性を再考する・善き社会の実現に向けて学生像

学生像

「人びとの支え合い」を構築することはできるのか、親密な関係は今後どうなるのか、といったことに興味関心のある人。

将来の活動フィールド

報道、地方公務員(総合的な視点から物事を判断し、対策を検討する能力を求められる場)

履修が望ましい外国語

とくにありません。日本語だけでも多くの文献を読むことが大事です。

ブリッジ科目

コミュニケーション論、社会変動論、日常生活の社会学、地域・都市論研究、家族と社会、現代日本社会論、社会学概論、社会調査法1、社会調査法2、現代社会論1、現代社会論2

ゼミ・演習

【ゼミ】社会の変化と人間関係

【演習】サイバー空間の論理と倫理/親密圏の論理と倫理

現代社会の倫理的課題~ともに生きる倫理を考える

学生像

日々、新聞を読みながら、そこで報道されている諸事象が自分にとって「どうでもいいものではない」と思ってしまうような人、かつ、真に理性的に考えようとする人。

将来の活動フィールド

現代社会の倫理的問題に対して、その問題性を深く認識する能力を活かして、ソーシャルベンチャーに就職する学生も少なくない。高校公民の教員免許を取得して、教員になる人もいるだろう。

履修が望ましい外国語

どの外国語を選んでも、一生ものの実力をつけるようしっかり学んで欲しい。

ブリッジ科目

コミュニケーション論/現代人間論系総合講座/社会倫理学/消費社会論/日常生活の社会学/福祉社会論/グローバル化と日常生活/哲学1/哲学2/倫理学1/倫理学2/応用倫理学/論理的思考法/情報社会論/子ども文化論/生命倫理/公共性の哲学思想/哲学的人間学
授業履修に際して、哲学・倫理学に関連する諸科目と社会学・教育学に関連する諸科目との双方に学びの幅を広げるよう、心がけてください。

ゼミ・演習

【ゼミ】プラクティカル・エシックス
(本ゼミは、さまざまな社会問題に対し、それがどのような意味で問題であり、そのような方向で解決すべきであるかを探求しつつ、既存の道徳に対しても既存の社会に対しても、批判的に検討を加えるような哲学・倫理学的研究を展開します。)

【演習】環境問題の論理と倫理/消費社会の論理と倫理/近代的人間観の論理と倫理/親密圏の論理と倫理/生きづらさの論理と倫理/現代的人間観の論理と倫理/道徳意識の研究/ケーススタディの方法/科学技術の論理と倫理/企業行動の論理と倫理/サイバー空間の論理と倫理

人間の一生~現代人のライフストーリー

学生像

現代人の生き方に関心があり、社会学・心理学・文学・思想などを視野に取り込んだ研究をしたいと考えている人。

将来の活動フィールド

新聞、放送、出版、広告、マーケティング、官庁(とくに文部科学省や厚生労働省)、地方公務員、教員、研究者。一言でいうならば、人間に関心がある仕事。

履修が望ましい外国語

とくに限定はない

ブリッジ科目

現代人間論系総合講座1/現代人間論系総合講座2/ライフストーリーの社会学/日常生活の社会学/セクシュアリティの社会学/クィア・スタディーズ入門/子どものこころ(発達心理学)/大人のこころ(発達心理学)/情報社会論/消費社会論/社会変動論/コミュニケーション論/ エスニシティ論/グローバル化と日常生活/「弱さ」を生きる/など

ゼミ・演習

【ゼミ】現代人のライフストーリー

【演習】現代人と家族/現代人と社交/現代人と孤独/人間関係の生涯発達/自己形成と無我/現代人のアイデンティティーの心理/子育ての文化比較/サイバー空間の論理と倫理/消費社会の論理と倫理/親密圏の論理と倫理/生きづらさの論理と倫理/エスノメソドロジーの方法/調査データ収集・分析の手法/ケーススタディの方法/など

人間の個人差と共通性~現代人の心のようすを探る

学生像

人間のこころの動きに関心があり,人間どうしの関係や,人間と社会との関係で生じる疑問・問題を解き明かしたいと考えている人。

将来の活動フィールド

人間を理解すること,また人間を理解するための心理学的な方法論を身につけることにより,幅広い活躍の場が考えられます。

履修が望ましい外国語

英語で書かれた文献が多いことから英語を身につけることが望ましいといえますが,どの言語を身に着けても世界が広がります。

ブリッジ科目

大人のこころ(発達心理学)/子どものこころ(発達心理学)/個性の発達と差異/感情・人格心理学/その他心理学関連科目

ゼミ・演習

【ゼミ】現代人の心理
現代社会を生きる人々の個人差と共通性に注目しつつ,発達や適応について考え,心理学の方法論を用いて実証することを試みます。

【演習】現代社会と心の機能/現代人のアイデンティティーの心理/現代社会における心理学の意義/心をしらべる/自己形成と無我/心の回復と成長/人間関係の生涯発達

宗教思想・哲学を手掛かりに、「人間とは何か」という問いにぶつかってみましょう。

学生像

この世界における人間の立ち位置に疑問をもってしまうような人。人間と「目に見えない何か」との関係が気になってしまう人。人間を超えたものについて考えてみたい人。

将来の活動フィールド

皆さんの自由です。どこに行っても生きていけるような、人間としてのバッファ(余裕)を身に着けてもらえたら嬉しいです。

履修が望ましい外国語

言語は道具ですので、多いに越したことはありません。英語の文章は読めた方が良いでしょう。またそれ以外の外国語をひとつ。余裕のある人は何か古典語をひとつ(ギリシア語、ラテン語、アラビア語、サンスクリットなど、漢文や古典日本語でも大丈夫です)。「かじる」だけでも結構です。新たな世界が開けてくるでしょう。(ただし、これは一生かけての課題ですので、今は気楽に考えてください。)

ブリッジ科目

私が担当する「霊性と身体」、「宗教思想」などの講義を取っておくと、全体像がつかみやすいかもしれません。とはいえ、自らの内面から湧き出る興味を大事にした方が良いので、自分の興味のある科目をとりあえず取ってゆくのが、遠回りに見えて実は一番の近道だったりします。

ゼミ・演習

【ゼミ】超越と人間
「人間を超えたもの」、「目に見えないもの」と人間の関係をめぐってみなさんと学んでゆきます。そのさいに、古今東西の宗教的・哲学的なテクスト・表象を手掛かりにします。時代や地域を超えた人々のなかに宿る「何か」を探っていければと思います。

【演習】私が担当するのは「宗教と共同体」ですが、それに限らずみなさんの興味のおもむくままに学んでいってくだされば大丈夫です。一見バラバラなように見えても、最終的につながってくることはよくあります。大事なのは、つながってくるまで学び続けることです。

心身論~こころとからだの心理学と実践

学生像

人間のこころとからだを含めた生き方やあるべき姿に関心があり、幅広い分野に知的関心を持てる人。他人と違っていることを恐れず、みずからが本気で大切に思うこと、面白いと思うことを真摯に追求できる人。心理学、脳神経科学の知識や技術と、東洋の身体的実践とを総合的に学び、習得する意欲を持った人。

将来の活動フィールド

特に想定している分野はありません。試行錯誤しながらでも、自分自身の進むべき道を切り拓いていってください。こころとからだの心理学や実践の考え方は、あらゆる仕事で自己の基礎となり、役に立つはずです。

履修が望ましい外国語

日本語と英語が中心になります。英語での文献の読み書きが不自由なくできることが望ましいです。その他の外国語ももちろん役に立ちます。

ブリッジ科目

心身論/生活世界と身体/現代人間論系総合講座1, 2/心理学概論1, 2/心理統計学1, 2/大人のこころ(発達心理学)/子どものこころ(発達心理学)/知覚・認知心理学/神経・生理心理学/臨床心理学/学習心理学/霊性と身体/生命倫理

ゼミ・演習

【ゼミ】心身論
心理学や神経科学の研究と、主に東洋の身体的実践や思想 (例として、ヨーガ、武道、整体、仏教、マインドフルネス、西田哲学) をともに参照しつつ、現代における統合的、調和的な人間理解のあり方について考えていきます。

【演習】生活世界・社会と身体/他者と身体、身体から見た人間/こころとからだの関係を考える/心をしらべる/心をみる/現代社会と心の機能/自己形成と無我/宗教と共同体/道徳意識の研究/実存と他者の倫理

生命と人間を巡る現代社会の問いを掘り下げていきます。

 学生像

現代社会が直面している様々な問題を、哲学・倫理学・心理学などを基礎に、人間観、人間関係から考え、深めていくことに興味をもつ学生。深く考える哲学的な知性、現実の具体的問題に対する感性、どちらも大切にしたい学生。

将来の活動フィールド

教員、研究者、ジャーナリスト(環境問題、医療問題など専門をもつジャーナリスト)、出版や放送界、官庁などが考えられますが、できれば、様々な専門分野のどれにもうまく属さない職種、いわゆる「ニッチ」にも目を向けてください。たとえば、情報の取り扱いの専門家や危機管理などがそうで、こうした新たな職種に挑戦してほしいと思います。「ニッチ」となる部門には需要があるのですが、一般に人材不足といわれています。

 履修が望ましい外国語

言葉は、私たちの世界をつくるものですから、ドイツ語でも、フランス語でも、ロシア語でも、中国語でも、アラビア語でも、とにかく、英語以外の語学を一つ、是非勉強してください。

 ブリッジ科目

どのような科目があるか、皆さんで「心身」、「身体」「生命倫理」などシラバスを検索してみて調べてみましょう。他学部にもいろいろな関連授業があります。まずは、以下のようなブリッジ科目をのぞいてみてはいかがでしょうか。
応用倫理学 / 生命倫理 / 心身論 / 生活世界と身体 / 霊性と身体 / 哲学的人間学 / 心の哲学・心の科学 / 西洋思想史3(近代) / 現代人間論系総合講座2

 ゼミ・演習

【ゼミ】生命と人格
生命倫理の問題を中心に、他者、コミュニケーション、共同体、身体、自律など、さまざまなテーマから、人間を考えていきます。

【演習】道徳意識の研究 / 現代的人間観の論理と倫理 / 実存と他者の倫理 / 生命・医療の論理と倫理 / 死生学と現代社会 / 身体理解の諸相 / こころとからだの関係を考える / 心をみる

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/flas/cms/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

  • Google Chrome
    Windowsバージョン38 以上
    Macintoshバージョン38 以上
    Webサイト

  • Fire Fox
    Windowsバージョン33 以上
    Macintoshバージョン33 以上
    Webサイト

  • Safari
    Windowsバージョン38 以上
    Macintoshバージョン38 以上
    Webサイト

  • Internet Explorler
    Windowsバージョン10 以上
    Webサイト

閉じる