School of International Liberal Studies早稲田大学 国際教養学部

For Applicants

受験生の方へ

General Questions about SILS

国際教養学部全般

特色I : 考える力を養うリベラルアーツ教育を参照してください。 ※ シラバスは「シラバスサーチ」 から参照できます。

正規生の募集人員は600名です。これとは別に、1年間に早稲田大学に滞在する留学生(大学3年生が中心です)を毎年約300名程度受け入れ、国際教養学部の学生として1年間授業を受けることになります。アメリカからの留学生が最も多く、その他、ヨーロッパやアジアなどの地域の大学から留学に来ています。

国際教養学部では、早稲田大学の実施する帰国生入試では募集を行っておりません。主に日本の高校を卒業した方が対象となる入学試験の募集定員は、全体の約6割にのぼります。 海外経験のある方の人数は他学部と比べると多い傾向にありますが、一度も海外での経験がなく、日本の高校を卒業された方も多数入学されています。

現在、国際教養学部で学士号を取得しようとする留学生(4年間在籍)は、入学者全体の約3割を占めています。その国籍は主に日本の近隣諸国である、東アジア地域各国からの学生が最も多くなっていますが、年々、東アジア以外の地域からの留学生も増え、他のアジア諸国、欧米、アフリカなど50ヵ国におよびます。さらに、カリフォルニア州立大学バークレー校、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、コロンビア大学、北京大学など、世界のトップクラスの大学を含む協定校から毎年約300名の交換留学生が集まっています。

はい、可能です。国際教養学部は4月入学と9月入学との2度の入学時期を設定しています。

国際教養学部では、セメスター制(学期制)を採用しています。具体的には4年間を半年ごとに8つの学期に分けて考えます。第1学期~第3学期では基本的な教養と英語力(外国人学生は日本語)を身に付ける期間です。第4学期~第5学期は海外の大学に留学します。身に付けた語学力や教養を実際に生かす場面です。第6学期~第8学期は留学の経験を生かし、学習をさらに深め、総まとめをする期間になります。 このように、4年間の学生生活を大きな流れの中で捉えることによって目標を立てやすくするとともに、個々の学期では少数の科目を集中的に学習することによって、教育効果を高めることが可能になります。

日本語を母語とする学生(Study Plan1)は、カリキュラム上、1年間の留学が必須です。

教育学部設置科目を履修することで、「図書館司書」および「博物館学芸員」の資格を取得することができます。ただし、国際教養学部では、2年次後期から3年次前期まで海外留学が必須となりますので、他学部の科目を履修し、所定の単位を得ることは困難を伴う場合があります。

英語教員免許(高校一種)および英語教員免許(中学一種)を取得することができます。詳しくは教職/資格を参照してください。

他大学等からの3年次編入・社会人入学制度、学士入学制度は実施しておりませんが、早稲田大学の他学部から国際教養学部への2年次転部の編入制度を実施しております。2年次転部については、転部入学試験を参照してください。

2年次~3年次の留学に必要な英語力を養成するための英語教育、外国人学生のための日本語教育、そして27の言語から選択可能な第二外国語教育の3つに大きく分けられます。

英語能力試験(英語検定やTOEFLなど)のテストの点数で一概に言うことはできません。ただし、入学後の授業についていくだけの能力を有しているとみなされる方に、入学試験の合格が与えられますので、自信を持って入学してください。 なお、入学後の第1~3セメスターに英語で考えて表現する力を少人数クラスで徹底的にトレーニングします。「読む」「聞く」「話す」「書く」それぞれのスキルによって習熟度別のクラスが編成されるため、自分の弱点を強化することが出来ます。 英語「で」学ぶ力を強化する教育プログラムを参照してください。

入学前に英語のクラス分けの試験を受験いただく予定です。TOEFL(iBT)79点、TOEFL(PBT)550点、TOEIC750点、IELTS6.5点以上の学生は、英語の一部の授業の受講が免除され、他の科目で単位を充足することが可能になります。

国際教養学部は旧来の学部のように、特定の学問分野に特化して学習するカリキュラムではありません。 真のリベラルアーツ教育を目指し、学べる科目も履修の組み方も学生一人ひとりが自由に決められます。ここでの4年間は、明確な将来像がある学生にとっては定めた目標のもとに自分に必要な学びを選び取れる環境であり、将来の道を決め切れていない学生にとっては広く興味のある分野を学び、その中から自分の適性を探していける豊かさを持っています。多文化・多言語・多価値の環境の中で様々な分野の基礎的な教養をつけることは、社会で活躍するための土台作りに繋がります。学生は様々な経験を積み、幅広い視野を持った上で、大学院への進学や就職など自らの進む道を切り拓くことが可能です。

また、特定の分野について、必要な単位数を履修した場合に、当該分野の学習を修了したことを証明するコンセントレーション制度も設置しています。

 

国際教養学部の専攻科目には幅広い分野から構成されております。受講に際しては一定のルールはありますが、分野を超えて幅広い科目を受講することが可能です。また、他学部やグローバルエデュケーションセンターの設置科目を受講したり、国内の協定大学の提供科目を受講することもできます。

当学部は、英語で授業を行うことに加え、1年次からの演習科目をはじめとする多くの授業において、少人数教育を実施している点が特色の一つです。そのため、授業の中で英語による発言を求められたり、 発表・討論をする機会が多く、その分、授業の準備や復習にかける努力も十分に求められることになります。 このように、当学部では常に緊張感をもって授業に臨むことを求められますが、学生に対するサポート体制を以下のとおり整えています。

  • 学生と教員、学生同士のコミュニケーションを十分に図ることができるよう、低学年の演習科目においては、教員と学生の比率の上限を1:20としています。
  • 各専任教員がオフィスアワー(週2時間)を設け、学生が個人的に教員へ助言を求めることができるようにしています。
  • 各学生に「アカデミックアドバイザー」として特定の専任教員を充て、履修・留学の計画や学生生活での様々な問題について、サポートしています。
  • 「グローバルネットワークセンター」を設置し、留学相談、大学院進学支援、キャリア支援、外国語学習支援を行っています。
  • 統計学授業のフォローアップのための「チュータリングサービス」を提供しています。
  • 先輩学生が主体となり、新入生が入学後すぐに学部の環境に馴染めるようにサポートするシステム(SILS Sempai Project)があります。

卒業後の活躍の場は国内に留まらず、世界中に広がっており、さらなる研究を進めるために国内外の大学院へ進学したり、日本企業や外資系企業に就職しています。 業種も特定の分野に限らず、金融・メーカー・マスコミ・国際機関・公共機関・教育など幅広い領域で活躍しています。これは当学部のカリキュラムの特徴を反映した結果といえるかもしれません。なお、近年英語を社内公用語とする日本企業が話題になっています。国際教養学部で身に付く語学力とコミュニケーション能力は、これからの社会でますます必要とされるようになるでしょう。 卒業後の実績は卒業後の進路を参照してください。

他学部への転部制度はありますが、全学部で受け入れを行っているものではありません。詳細については、転部希望先の学部事務所にお問い合わせください。

国際教養学部では、現代的な教養を幅広く身に付けることを目標にしています。更に専門的な研究を深めたい場合は、大学院に進学することも可能です。 過去の卒業生の進学先は、国内・海外の名門大学院の文系・理系を問わず様々な分野に進んでいます。 卒業後の進路を参照してください。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/sils/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる