Waseda Business School (Graduate School of Business and Finance)早稲田大学 大学院経営管理研究科

For Prospective Students

受験生の方へ

Admissions

入学試験情報

WBSでは志願者のニーズに対応できるよう、多様なプログラムと複数の入学時期(4月、9月)を設けており、これに応じて、多様な入学試験を実施しています。ここでは、入学試験の種類や概要、各プログラムへの出願資格、出願の流れを紹介します。合わせて入学説明会情報をお伝えします。

※注意
出願する際は、必ず志願するプログラム/入試制度の「入試要項」を確認してください。

2019年度以降の入学試験制度変更について

2019年度以降の入学試験(2018年度に実施される入試)について制度変更がございます。該当する年度に受験を検討されている方は必ずご確認ください。

入試要項ダウンロード

入学試験の種類

プログラム別入試対応表

ご自身が希望するプログラムで行われる入試方法を以下の表からご確認ください。

入試/ プログラム 全日制 グローバル 一年制総合 夜間主総合 夜間主プロフェッショナル MSc in Finance 早稲田ー ナンヤンDMBA
4月入学 9月入学 マネジメント専修 ファイナンス専修
一般入試 秋募集
冬募集
企業派遣入試 秋募集
冬募集
事業承継者入試 秋募集
冬募集
春募集
AO入試 ○※
学内推薦入試

(○・・・実施します。 ―・・・実施しません。)
※MSc in FinanceにおいてもAO入試の中で企業派遣入試を実施します。詳細については当研究科事務所にお問い合わせください。

一般入試

対象プログラム

全日制グローバル(4月入学のみ)、1年制総合、夜間主総合、夜間主プロフェッショナル(マネジメント専修、ファイナンス専修)

選考方式

【第一次選考】書類審査、筆記試験(小論文)
【第二次選考】面接

概要

日本語を主な履修言語とするプログラムを対象とした入試方式です。出願時に志望プログラムを1つ選択していただき、プログラム別に選考します。夜間主プロフェッショナルについてはマネジメント専修またはファイナンス専修を選択、マネジメント専修については更に志望モジュールを1つ選択していただき、志望専修、志望モジュール別に選考を行います。全日制グローバル・1年制総合・夜間主総合・夜間主プロフェッショナル(ファイナンス専修)では、入学後(夜間主総合は2年次)にゼミを選択しますが、夜間主プロフェッショナル(マネジメント専修)では出願時に志望したモジュールにより、入学後に所属するゼミが決定します。出願後のプログラム・専修・モジュールの変更はできません。対象プログラムのうち、夜間主プロフェッショナル(マネジメント専修)は秋募集のみ、その他のプログラムについては秋募集・冬募集を実施します。

企業派遣入試

対象者(出願条件)

証券取引所上場企業およびそれに準ずる企業、公的機関(※)が出願者の在学期間中の学費を全額負担することが出願時点において確約している者。(半額負担など部分負担は対象外となります。)
※本入試制度に該当するかどうかについては必ず事前に当研究科(wbs-admissions@list.waseda.jp)にお問い合わせください。

対象プログラム

全日制グローバル(4月入学のみ)、1年制総合、夜間主プロフェッショナル(ファイナンス専修のみ)

選考方式

【第一次選考】書類審査、筆記試験(小論文)
【第二次選考】面接

概要

企業からの派遣により出願・入学する者が上記に定めるプログラムに出願する場合に適用される入試方式です。出願書類として提出するForm 4「推薦書(派遣承諾書)」を加味して選考を行います。出願時に上記よりプログラムを1つ選択していただき、プログラム別に選考を行います。出願後のプログラム・専修の変更はできません。対象となるすべてのプログラムについて、秋募集および冬募集を行います。

事業承継者入試

対象者(出願条件)

親族等が企業を経営し、将来的にその企業を承継する予定の者。

対象プログラム

全日制グローバル(4月入学および9月入学)
※9月入学については2019年度入試より出願資格変更有。詳しくはこちら

選考方式

4月入学:
【第一次選考】書類審査、筆記試験(小論文)
【第二次選考】面接
9月入学:書類審査、筆記試験(小論文・英語)、面接(英語)

概要

親族等が企業を経営し、将来的にその企業を承継する予定の者が全日制グローバルに出願する場合に適用される入試方式です。出願書類として提出するForm 5「事業承継者選考申請書」および承継予定の企業経営者からの推薦状(自由書式、要直筆署名)に基づき、後継者・経営者としての資質を加味して選考を行います。4月入学については秋募集・冬募集、9月入学については春募集を実施します。

AO入試

対象プログラム

全日制グローバル(4月入学および9月入学)、MSc in Finance
※全日制グローバル(4月入学)は2019年度入試より廃止。詳しくはこちら

選考方式

書類審査

概要

出願時の提出書類により総合的に審査を行う入試方式です。出願に際しては事前にGMATまたはGREを受験し、そのスコアレポートを出願書類として提出する必要があります。なお、MSc in FinanceプログラムではAO入試の中で企業派遣入試を実施します。詳細については当研究科事務所にお問い合わせください。

学内推薦入試

対象者(出願条件)

・早稲田大学の学部を2017年3月または9月に卒業または卒業見込みの者
・出願時にGMAT(GRE)において以下のスコアを取得している者
全日制グローバル:GMAT600点以上を取得している者(またはGREでそれに相当するスコア)
MSc in Finance:GMAT580点以上かつQuantitative Partにおいて70%以上のPercentile Rankを取得している者(またはGREでそれに相当するスコア)
・GPAが3.0以上、もしくはダブルディグリーを取得予定の者

対象プログラム

全日制グローバル(9月入学のみ)、MSc in Finance

選考方式

書類審査

概要

早稲田大学の学部卒業(見込)者を対象とした入試方式です。出願時の提出書類により総合的に審査を行います。出願に際しては事前にGMATまたはGREを受験し、そのスコアレポートを出願書類として提出する必要があります。

出願資格

出願資格<一般入試、企業派遣入試、事業承継者入試(4月入学)>

「1年制総合」「夜間主総合」「夜間主プロフェッショナル」の各プログラムへの出願資格

以下の(1)①〜⑥のいずれか、および(2)の資格をいずれも有する者。

(1)
①日本において学士号以上の学位を取得した者および当研究科入学までに取得見込みの者
②大学評価・学位授与機構により、学士の学位を授与された者、および当研究科入学までに授与される見込み のある者
③外国において通常の課程による 16 年の学校教育を修了した者、および当研究科入学までに修了見込みの者
④文部科学大臣の指定した者
⑤大学に3年以上在学し、外国において学校教育における 15 年の課程を修了、または当研究科入学までに修 了見込みの者で、当研究科において、所定の単位を優れた成績をもって修得したものと認めた者(注 1) (中国の3年制大学(専科)卒業生は該当しません)
⑥当研究科において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、 2017 年 4 月 1 日までに 22 歳に達する者(注1)

(2)
当研究科入学までに、常勤者として満3年以上の実務経験を有する者
※日本語を母語としない方は、日本語能力試験 1 級または N1 に合格したことを証明するスコアレポートの提 出が必要です。

「全日制グローバル」への出願資格

以下の①〜⑥のいずれかに該当する者。当研究科入学までに原則として満 3 年以上の実務経験を有することが望 ましいですが、出願の必須条件ではありません。

①日本において学士号以上の学位を取得した者および当研究科入学までに取得見込みの者
②大学評価・学位授与機構により、学士の学位を授与された者、および当研究科入学までに授与される見込み のある者
③外国において通常の課程による 16 年の学校教育を修了した者、および当研究科入学までに修了見込みの者
④文部科学大臣の指定した者
⑤大学に3年以上在学し、外国において学校教育における 15 年の課程を修了、または当研究科入学までに修 了見込みの者で、当研究科において、所定の単位を優れた成績をもって修得したものと認めた者(注 1) (中国の3年制大学(専科)卒業生は該当しません)
⑥当研究科において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、 2017 年 4 月 1 日までに 22 歳に達する者(注 1)
※日本語を母語としない方は、日本語能力試験 1 級または N1 に合格したことを証明するスコアレポートの提 出が必要です

(注 1) ⑤⑥で出願しようとする者については、出願前に個別の入学資格審査を行いますので、以下の出願資格審査フォームに必要事項を入力し、当研究科までお申し出ください。

出願資格審査申出期日

秋募集:2016年9月30日(金)
冬募集:2016年12月16日(金)

出願の流れ

①オンライン出願システムに志願者情報を入力

出願するプログラムや入試制度に関わらず、全員オンライン出願システムにて出願していただきます。 願書の書式は、すべてオンライン出願システムよりダウンロードできます。 必要な情報を入力し、IDとパスワードを取得してください。

②PDF形式の出願書類を印刷

オンライン出願システムよりPDF形式の出願書類をダウンロードします。

各種申請書のPDFファイルは、こちらからもダウンロードできます。

Form4:推薦書(派遣承諾書)

Form5:事業承継者選考申請書

Form6:提出書類返却依頼書

Form7:早稲田大学検定料免除申請書

Form8:留学にかかる経費負担計画書

Form9:予約型奨学金申請書

Form10:志願者評価書(推薦状)
※Form10は一般入試、企業派遣入試、事業承継者入試(4月入学)では不要です。

③その他の出願書類の準備・作成

オンライン出願システムから出力されない出願書類(卒業証明書等)は、ご自身で準備してください。

④入学検定料の納入

所定の入学検定料を納入してください。

⑤出願書類の提出

市販の封筒(角型2号サイズ)に出願書類一式を封入し、オンライン出願システムから出力される宛名ラベルを張り付け、「簡易書留郵便」にて送付してください。

一般入試・企業派遣入試・事業承継者入試(4月入学)

科目等履修生入試

WBSでは、修了生及び企業派遣の方を対象に科目等履修生制度を設置しています。これは、WBSが指定する科目の中から、学びたい科目を履修することができる制度です。

出願区分

①委託履修生(所属する企業・団体等の委託による出願者)
②当研究科が指定する研究科修了生または修了予定者
【注意】一般個人での出願は受け付けておりません。

詳細は以下の科目等履修生募集案内をご覧ください。

科目等履修生募集情報☜

過去問題情報&資料請求

入学説明会スケジュール

WBSでは、定期的に入学説明会を開催しています。各プログラムの説明に加え、現役学生との個別相談会や模擬授業なども実施しておりますので、ぜひお気軽にご参加ください。

詳細については以下よりご確認ください。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/wbs/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる