研究所紹介 
Introduction of the Research Institute in ACROSS

次世代交通システム研究所Research Institute for Advanced Transport Systems

次世代交通システムを活用した環境
にやさしい未来都市の創造

所長:森本 章倫 教授

本研究所では、都市計画の視点から、LRTをはじめとする次世代交通システムの研究をベースに、交通と土地利用が連携したスマートな未来都市の実現に向けて、研究活動及び都市政策の提案を行います。

■研究テーマ

近年、人と環境にやさしい交通システムへの転換の必要性が高まり、様々な次世代交通システムの導入が世界各地で検討されている。
交通システム自体の開発が進む一方で、それを支える都市や社会システムの整備は遅々として進んでいない。その背景には、既存事業者や行政上の課題または市民の合意形成など、地域固有の問題も多く存在する。特に既存の道路を運行する新たな交通を導入する際には、既存車両との共存や、専有空間整備の合意形成などが大きな課題とされる。

本研究所では、都市計画の視点から既存都市を構成する交通体系の階層性を検討し、次世代交通システムの導入可能性とそれを活用したまちづくりについて研究する。また、次世代交通システムとスマートハウス、スマートビルとの連携や、スマートグリッドへの組み込みを通して、交通と土地利用が連携したスマートな未来社会の提案を行う。
なお、次世代交通システムの中でもLRT(次世代型路面電車システム)や自動運転の普及に着目し、実在都市に導入する際の具体的な提案を行う。

  • 交通体系の階層性<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
次世代交通システム高速移動低速移動高速道路80-100km/h幹線道路40-60km/h生活道路4-30km/hドライバー対応LRT BRT自動運転リニア 新幹線 鉄道地下鉄 バスコミュニティバス デマンド交通 タクシーシステム対応都市間移動都市内移動地区内移動
    LRT(次世代型路面電車システム)
  • 交通体系の階層性

プロジェクトメンバー

森本 章倫(理工学術院教授)

研究所員
森本 章倫(理工学術院教授)
林  泰弘(理工学術院教授)
天野 嘉春(理工学術院教授)
田辺 新一(理工学術院教授)
招聘研究員
中井 秀信(東京電力パワーグリッド株式会社
      内部監査室)
芦野 光憲(独立行政法人都市再生機構
      東日本都市再生本部事業推進部)
渋川 剛史(㈱福山コンサルタント交通
マネジメント事業部交通計画東京グループ次長) 元田 良孝(岩手県立大学総合政策学部
      名誉教授)
浅野 周平(福井大学学術研究院工学系部門
      建築建設工学講座助教)
連絡先
理工学術院 森本研究室内
〒169-8555 新宿区大久保3-4-1 51号館15階7室
E-mail:[email protected]
Tel:03-5286-3098 (内線73-3525)
ホームページ
http://www.waseda.jp/sem-morimoto/
Page Top