研究所紹介 
Introduction of the Research Institute in ACROSS

マーケティング国際研究所Marketing International Institute

〜新市場創造〜
グローバル市場の多様な社会課題に科学的かつ多面的に迫る

所長:川上 智子 教授

情報・エネルギー・サービスが高度に融合するスマート社会の実現に向けて、経済性と社会性を同時追求する組織および消費者の戦略や行動に関する研究成果を蓄積し、国内外に発信することを目指す。

■研究テーマ

情報・エネルギー・サービスが高度に融合するスマート社会の実現に向けて、グローバル社会の多様な課題に科学的かつ多面的にアプローチする。本研究所の活動を通じて、経済性と社会性を同時追求する組織および消費者の戦略や行動に関する研究成果を蓄積し、国内外に発信することを目指す。

具体的な研究課題として、主として次の3つのテーマを掲げている。
1)サステナブル・マーケティング
社会性と経済性を両立しうる企業活動と消費行動をうながすサステナブル・マーケティングにおいては、市場における多様なステイクホルダーとの関係のマネジメントが重要な鍵となる。
科学技術の進展とともに、モノの生産だけでなく、情報・エネルギー・サービスの在り方が大きく変容する中、それによって社会にどのような便益や価値が新たに創出され、人々の暮らしにいかなる影響を与えるのか、を社会科学的なアプローチで分析し、学術的・実践的示唆を導くことを目指す。

2)顧客との共創(co-creation)や顧客のエンゲージメント・エクスペリエンス向上
マーケティングのプロセスに戦略的に顧客をエンゲージさせることは近年重視されているテーマの一つである。研究の延長線上には、スマート社会において経験価値を高めうるマーケティングのあり方を科学的に研究するという中長期的な課題がある。

3)新興国の消費者行動
企業活動の国際化においては、文化的な違いを明確に意識したマーケティング視点のアプローチが求められる。今後、経済の急成長が見込まれる新興国の消費者に関する研究を蓄積し、世界に発信することを目指す。

プロジェクトメンバー

川上 智子(商学学術院教授)

研究所員
林  泰弘(理工学術院教授)
淺羽 茂(商学学術院教授)
根来 龍之(商学学術院教授)
池上 重輔(商学学術院教授)
連絡先
商学学術院 川上智子研究室
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
11号館1137室
Tel:03-5286-1479
E-mail:[email protected]
ホームページ
Page Top