研究所紹介 
Introduction of the Research Institute in ACROSS

電動車両研究所Research Institute of Electric-driven Vehicles

〜”ヒト”と”地球”にやさしい
”電動車両”の本格的普及に向けた取り組み〜

所長:紙屋 雄史 教授

本研究所では”ヒト”と”地球”にやさしい”電動車両”の本格的普及実現に向けて、共通する”バッテリ・充電問題”の克服を中心とした、様々な研究活動を進めています。

■研究テーマ

近年、自動車の分野においても、いわゆる環境・エネルギー問題の克服がきわめて重要なテーマとなっており、関連する企業や研究者に対しては、内燃機関の一層の性能向上とともに、それに代わる新たな動力システムの研究開発が求められている。このような背景のもと、本研究所では環境調和性に優れた電動車両(ハイブリッド自動車、電気自動車/プラグインハイブリッド自動車、燃料電池自動車、等)を対象とした研究活動を行なっている。

電動車両は、従来の自動車と比較して「温室効果ガス削減効果」、「エネルギーシフト効果」、「周囲環境負荷低減効果」、「乗車環境改善効果」が極めて高い。しかし、主に「バッテリ」とバッテリへの「充電」に大きな技術的課題を抱えており、なかなか大量普及出来ない状態となっている。本研究所では、車両本体の設計・製作・環境調和性評価と、これらに共通して搭載される機器類(バッテリ、モータ、充電システム等)の性能向上を図ることで、それぞれ固有の課題を解決すると同時に、共通の「バッテリ・充電問題」に対処していく。

本研究所で追究するものは、エコ(低炭素性、ゼロエミッション性等)とユーザーエクスペリエンス(乗車環境、コスト等)間のバランス感覚に優れたスマートなモビリティ方式としての電動車両である。将来的にはインフラ側との協調により、一層の環境調和性の向上を実現する。

プロジェクトメンバー

所長: 紙屋 雄史(理工学術院教授)

研究所員
紙屋 雄史(理工学術院教授)
草鹿 仁(理工学術院教授)
林  泰弘(理工学術院教授)
中垣 隆雄(理工学術院教授)
楊 イ翔(大学院環境・エネルギー研究科講師)
李 鎬式(研究助手)
客員主任研究員 井原 雄人
(客員主任研究員、研究院客員准教授) 
 
招聘研究員
廣田 寿男(環境総合研究センター客員教授)
高橋 俊輔(環境総合研究センター専門協力員)
成澤 和幸(自動車技術会関東支部理事)
連絡先
大学院環境・エネルギー研究科 紙屋研究室
 
〒169-8555新宿区大久保3-4-1-55S-704
E-mail:[email protected]
Tel:03-5286-3123
Fax:03-5286-3123
ホームページ
http://www.f.waseda.jp/kamiya/
Page Top