Notice大切なお知らせ

緊急事態宣言の発出に際して

緊急事態宣言の発出に際して

*English version follows Japanese

2021年1月5日
早稲田大学総長

早稲田大学の学生・教職員の皆さんへ

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、近日中に緊急事態宣言が発出される見通しになりました。学生・教職員の皆さんは、不安を感じていることと思います。本日、本学の新型コロナウイルス感染症対策本部会議を緊急に開催して、以下のことを決めましたのでお伝えします。

今回の緊急事態宣言では、研究教育機関は対象から外される可能性が高いとされています。それを考慮して、今学期の授業は、学期の終わりまで、予定通り行うことといたします。すなわち、緊急事態宣言の発出後も、コロナの感染状況の急激な変化が起きない限り、11月23日以降に行ってきた対面とオンラインを併用する授業の形をそのまま継続していきます。

早稲田大学は、現在使用しているすべての教室の空調設備を、1時間1人あたり30立方メートルの換気ができる設備に入れ替えました。また、対面授業における1教室あたりの学生数を教室収容人数の約2分の1以下としてきました。この環境であれば感染拡大は防げる、との専門家の意見を基に、上記の決定をいたしました。ただし、健康上の理由などで登校・出校できない人は、無理をしないようにしてください。

今年度、早稲田大学は、新型コロナウイルス感染の拡大を防ぐよう細心の注意を払ってきました。そのため学生の多くは、キャンパスに来て、学ぶことのできない日々が続きました。とりわけ昨年4月と9月に入学した1年生の皆さんには、つらい思いをさせました。

新年度は、7割をキャンパスでの対面授業にすることを目指しています。同時に、100人以上の大規模な講義形式の授業などについては、オンラインで行う工夫も組み合わせていく予定です。それにより、ソーシャルディスタンスをとり、感染拡大を防ぎながら、できる限り学生らしいキャンパスライフを送ってもらえるよう努力していきたいと思います。

今後の授業や試験に関する詳細、図書館の開館時間などにつきましては、各学部・研究科、および図書館からの情報に注意してください。競技スポーツセンター所属の体育各部の活動、学生部所管の学生サークルの活動については、それぞれの事務所からの通知に従って行動してください。また、緊急時の連絡は、大学ホームページで行いますので注視してください。

一人ひとりが自覚を持って行動し、感染を防ぐ努力を怠らないようお願いいたします。

On the Issuing of the State of Emergency

January 5, 2021

Dear Students, Faculty Members, and Staff,

The Japanese Government is to issue a State of Emergency in a few days, according to a recent press release. You may feel anxious about our education from January 6 onwards this semester. Today, we held an emergency meeting (the 42nd) of the Headquarters for Corona Virus Prevention at Waseda University and decided the following policy.

First, we will continue to provide all classes in the same manner that we decided for the second half of autumn semester (or the winter quarter). Even after the State of Emergency is issued by the Japanese Government, we will maintain this policy unless a drastic change in the COVID-19 situation takes place.

Second, we would like to assure you that you will be safe from the corona virus when having classes in person, as we replaced all the older air conditioning systems with new ones that can circulate 30 cubic meters per hour per person in order to maintain a safe environment for teaching. In addition, we are preparing appropriate distancing between seats in classrooms. However, if you feel anxious about your health, please do not hesitate to stay home and learn/teach online.

Third, we have been very careful to prevent spreading the corona virus infection. At the same time, many of our students, particularly freshmen who enrolled in April or September 2020, felt isolated and uneasy, as we had to move all classes online in spring 2020 and many classes online in autumn 2020. We are therefore aiming to provide about 70 percent of classes in person for the new academic year starting April 2021. At the same time, we may have to keep some large classes, which means classes with about 100 students or more, online in order to prevent spreading the corona virus on campus. We are trying our best to ensure a normal campus life insofar as possible.

For class teaching, Library opening hours, working conditions of staff, athletic activities of varsity clubs, and activities of student circles, please stay tuned for further information from each office of Waseda University.

We trust that you will behave with prudence towards yourselves and consideration towards others, with pride as members of the Waseda University community.

Aiji Tanaka, President
Waseda University

 

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる