Notice大切なお知らせ

秋学期後半の授業のあり方について

秋学期後半の授業のあり方について

*English version follows Japanese

早稲田大学の学生(とくに大学1年生) の皆さんへ

2020年11月23日
早稲田大学総長

秋学期が始まり2ヵ月近くが経ちましたが、いかがお過ごしでしょうか。秋学期も対面授業が少なく、キャンパスに来て他の学生と交流する機会が制限されており、申し訳なく思います。同時に、皆さんの忍耐強さと、自粛しながらの健康管理には頭が下がります。

早稲田大学は、本日から秋学期の後半(冬クォーター)に入ります。大学では、主に1年生を中心に徐々に対面の機会を増やすよう努めております。1年生や一部の2年生でもゼミ(演習)がない人のことを考慮して、ゼミ以外の科目でも一部は対面での授業を再開し始めています。また、1年生でどの科目でも対面の授業がない学部もありますが、それらの学部では授業以外に対面で顔を合わせる機会を設けるなどの試みをしております。

対面授業の増加が遅くなったのは、科目ごとに授業の形態を変えるには、多くの時間と労力がかかるためです。秋学期の最初から、ゼミや実験だけでも対面授業を再開する計画は、6月中旬から9月中旬まで、3ヵ月間かかりました。そして今回、秋学期後半に対面授業を増やす計画もまた、2ヵ月かけて進めてきたものなのです。

本学は、秋学期に授業を行う予定のすべての教室で、1人1時間あたり30立方メートルの換気ができる空調施設を、夏休みに約3.4億円かけて整備しました。今後も、2021年春学期を目指して、残りのすべての教室で同様の空調設備の工事を、さらに約4.1億円をかけて行ってまいります。

しかしながら、皆さんもご存じのように、過去数週間にわたり、新型コロナウイルスの感染者が急増しています。本学が全面的に対面授業を再開すれば、大きなクラスターの発生する可能性があります。ですから、私たちは、科目の形態変更だけではなく、8月から設備の拡充も行い、感染拡大が起きないように様々な準備をして、オンライン授業にした科目を少しずつ対面に戻そうとしています。

しかし、感染の拡大を防ぐためには、何よりも学生の皆さん一人ひとりがマスクをし、手洗いを励行し、密な状態での会食を避けるなどの行動をとって、注意することが必要です。その点は、これまでと同様、自覚を持って行動してくださるようお願いいたします。

勿論、首都圏以外もしくは海外に住んでいる学生の方は、対面授業への出席は難しいと思います。首都圏にいても登校や対面授業に不安のある方は、無理して対面授業に出席する必要はありません。対面の授業でも、できる限り録画かリアルタイムによるオンラインでの配信を各先生にお願いしています。それらの学びの機会を利用して下さい。

皆さんが健康を維持して、学習が続けられることを祈っております。皆さんに会える日を教職員一同楽しみにしております。


 

Toward a Better 2nd Half of Autumn Semester 2020

Dear Students of Waseda University,

November 23, 2020

  I hope that you are all well. We wish we could have offered more face-to-face classes and opportunities to meet other students on campus in this semester if circumstances had permitted. At the same time, we greatly admire your patience and self-control in protecting yourselves from the COVID-19.

Today, as our academic calendar moves into the second half of the Autumn Semester (or Winter Quarter), we are endeavoring to increase opportunities for the students to meet each other, gradually as circumstances permit. Many departments are planning to hold in-person class meetings once a month or more, including some lecture classes. Although some departments will not offer any face-to-face courses for freshmen this semester, they are planning to hold some informal meetings so that those students can meet each other on campus.

I understand that we are moving slowly and let me explain why. In mid-June we began preparations for face-to-face classes for the Autumn semester. We labelled seats for appropriate distancing in each classroom, and we installed advanced air-conditioners capable of circulating 30 cubic meters of fresh air per hour per person in older classrooms at the cost of 340 million Japanese Yen. We are now installing the same type of air-conditioners for all remaining classrooms at the cost of 410 million Japanese Yen for the Spring Semester 2021.

After all of this effort and investment, unfortunately, the third peak of the COVID-19 is hitting Japan. It is conceivable that Waseda could generate big clusters of infected students, staff, and faculty were we to move as swiftly to in-person classes as planned. We are therefore slowing our return to campus to permit at least some face-to-face classes, mainly for freshmen, with utmost caution.

It remains crucial that each of you wear masks, wash your hands frequently, and avoid holding parties, as you have so impressively done so far.

If you live outside Japan or outside Greater Tokyo Metropolitan Area, we must ask that you remain off campus. Moreover, anyone who feels uncomfortable with in-person classes may continue to attend remotely. We are requesting all faculty members to record their face-to-face classes for the sake of students who cannot participate in person.

Please stay healthy and keep studying well. We are looking forward to seeing all of you on campus as soon as prudence allows.

Aiji Tanaka, President
Waseda University

 

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる