大礼服姿の田舎武士

歩廊に佇む大隈重信像。視線の先に拡がるは大隈庭園──そこにはかつて大隈邸があった

歩廊に佇む大隈重信像。視線の先に拡がるは大隈庭園──そこにはかつて大隈邸があった

陽光にまばゆく輝く壁面、
夜には温かな灯りがアーチを照らす講堂正面。
その偉容と対比をなすごとく、北面のロマネスク調の歩廊は、
四季の移ろいに彩りを変える大隈庭園の緑を、
いつも柔らかくうけとめている。

歩廊から庭園を見つめる大礼服姿の初代・大隈重信像は、
大学創設25周年と大隈の古稀を祝い、1907年に除幕された。
この年大隈は憲政本党総理を辞任、
華やかでも苦渋に満ちた政治の世界からいちど身を引き、早稲田大学総長に就任する。

「一介の書生、半生の武士……平たく云へば田舎武士」

みずからをこう任じた大隈が、
勲一等伯爵の正装姿の銅像として形象されたことに対して、
すでにこの時からさまざまな意見があった。
そのような前評判を意識してか、除幕式では次のように演説する。

人生はまことに短いものである。
世界に千歳の家なく、如何なる英雄、如何なる豪傑、富者たりとも千歳の家なし、
人類は新陳代謝するものである。

然るに学校と云ふ如き一の団体は、之は永久的のものである。
永久の生命を有つて居る団体である。
斯の如き将来に希望を有つて居る学園に
予の銅像を立てらるると云ふことは、頗る恥づる次第である。

学校は半永久的なものとは云へ、
其方法宜しきを失せば衰運に陥らぬとは云へない。
然るに学校の所謂困難時代の事を此銅像の為に想ひ浮べて
困難に堪へると云ふ利益があるかも知らぬと思ふ。

此位の考へを有つて私は自ら満足する外はない。

人間の有限な生命、大学の無限の生命。
しかしその大学が危機に直面したとき、
この大礼服姿の田舎武士の銅像が、
失意のひとびとを励ますことになるかもしれない──

宮廷服を纏った謹厳な銅像の前ではにかむ
大隈その人の表情が、目に浮かぶようだ。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる