お茶の水女子大学と早稲田大学が連携及び協力に関する協定を締結

ochadai_eyecatch早稲田大学(鎌田薫総長)とお茶の水女子大学(室伏きみ子学長)は2017年1月31日(火)に「国立大学法人お茶の水女子大学と学校法人早稲田大学の連携及び協力に関する協定」を締結しました。本協定は、両大学における研究・教育・産学連携・地域社会への貢献と相互発展に資することを目的とするものです。

協定調印式後の記者会見で、室伏きみ子学長は、「学部・大学院の単位互換、研究指導・論文指導等の連携を始めとして、これからの新しい時代に即した新たな教育研究体系の構築を進めていく一歩であり、今後さらに全学的な相互交流に拡大していきたい」と抱負を述べました。また、鎌田薫総長は、「理系分野を先駆けとして進めてまいりますが、国内屈指の女子大学であるお茶の水女子大学との連携により、特に男女共同参画時代を担う人材・研究者の育成にふさわしい教育研究環境がより一層充実することを喜ばしく思います」と期待を述べました。

今回の包括協定により、今後連携内容が発展的に展開することにより、さらに研究教育の一層の発展充実が期待されます。

連携及び協力に関する期待

両大学は直線距離にして約1.5kmと近く、研究者や学生が相互交流するためには好ましい環境が整っています。今回の包括協定により、両大学の学生・教職員が刺激し合い、相互に教育研究を発展していくことを期待しています。

お茶の水女子大学は、グローバル女性リーダー育成をミッションに掲げ、少人数制による高度な専門教育を特長とした数少ない国立の女子大学・総合大学として確固たる地位を築いています。2016年4月に「ヒューマンライフイノベーション研究所」「人間発達教育科学研究所」という2つの研究所を新たに立ち上げ、子どもや高齢者の健康・QOLの向上・人間発達・教育科学といったキーワードの下で学際的な研究を進めています。

また早稲田大学は、アジアのリーディングユニバーシティとして世界へ貢献し続けるために「Waseda Vision 150」を策定しています。日本屈指の私立総合大学として、国内外の産官学との連携によりダイナミックな頭脳の国際的流動の中で教育・研究の質を飛躍的に向上させ、国際水準で学習の機会を提供し、グローバルリーダーをより一層輩出すべく、教育研究環境や体験的活動の充実など人間力向上のための施策を強化しています。

なかでも理工系分野においては、お茶の水女子大学理学部と早稲田大学理工学術院との間で共同教育、共同研究による連携が進展することが期待されます。まずは生命情報学分野を皮切りとして、相互の人的・物的資源を生かした単位互換や研究指導、共同研究などの連携を促進していくことにより、環境分野、医療・健康分野、次世代エネルギー分野に大きく寄与することができると考えています。

T02_2267

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる