早稲田大学環境宣言早稲田大学環境方針

早稲田大学は、グローバルな視野とローカルな魂を持つ地球市民の育成と地球規模の課題に対する組織的な取り組みによる人類の未来への貢献という、21世紀にふさわしい大学づくりをめざしている。

そして、早稲田大学は、「地球環境の保全」という地球規模の課題に対し、教育研究をはじめとするあらゆる活動を通じて、社会の一員として先見性と積極的な姿勢をもって取り組む責務があることを認識する。

そこで、早稲田大学は、さまざまな局面において展開されている環境負荷の低減や循環型社会の実現に寄与する活動を統合して、環境マネジメントシステムを構築し、次の活動を積極的に推進する。

  1. 早稲田大学は、地球環境の保全を課題とする教育、研究の推進を図り、人類に貢献する人材の育成および環境分野の研究の進展を期する。
  2. 早稲田大学は、環境にかかわる教育、研究の成果を踏まえて、地域社会をはじめとするあらゆる人々に対する教育、啓発、普及活動を積極的に展開する。
  3. 早稲田大学は、教育研究をはじめとするあらゆる活動が環境に及ぼす影響を常に認識し、地球環境に配慮した「エコ・キャンパス」の実現をめざして、継続的に改善を図るとともに、環境汚染の予防に努める。
  4. 早稲田大学は、教育研究をはじめとするあらゆる活動において、環境に関連する法規、規制、協定、学内規定等を遵守する。
  5. 早稲田大学は、教育研究をはじめとするあらゆる活動が環境に及ぼす影響を調査、分析し、環境目的および環境目標を定めてその実現を図り、定期的に見直しをする。
  6. 早稲田大学は、教育研究をはじめとするあらゆる活動において、地球温暖化低減策の推進、グリーン購入の推進、エネルギー使用量の削減、廃棄物発生量の削減、資源のリサイクルの向上に努める。
  7. 早稲田大学は、あらゆる人々に環境方針を公開し、「地球環境の保全」の取り組みに対して、理解と協力を求める。
  8. 早稲田大学は、大学全体で環境マネジメントシステムを運用し、継続的な改善を図るとともに、学生、教職員および早稲田大学にかかわる人々にその全容を周知する。

1999年11月26日制定
2006年7月1日 第8項を改訂

学校法人早稲田大学

WEMS早稲田大学環境マネジメントシステム

WEMS環境マネジメントシステム

WEMS(Waseda University Environmental Management System)とは早稲田大学独自の環境マネジメントシステムです。

早稲田大学は、環境マネジメントシステムを構築し、2000年6月に西早稲田キャンパス(現在、早稲田キャンパスと名称変更)で「ISO14001」の認証を取得しました。

以後6年間にわたり環境マネジメントシステム運用で蓄積したノウハウを基に、2006年6月より早稲田大学独自の環境マネジメントシステム(WEMS)を構築し、早稲田大学全体で運用を開始しました。環境教育・研究の拡充、活発な環境ボランティア活動、地球温暖化防止、廃棄物削減、リサイクルの促進等の環境保全活動を推進してきました。

2019年7月に、地球温暖化防止の取り組みを強化するため、新たに「エネルギー管理委員会」を設置し、省エネ法、東京都の環境確保条例、埼玉県の地球温暖化対策推進条例により求められる省エネルギーの取り組みおよび、温室効果ガス排出抑制の取り組みを的確に実施する体制としました。これに伴い、環境マネジメントシステムの体制も見直しを実施しております。

体制図

早稲田大学独自の環境マネジメントシステム(WEMS)を推進するため、総務部が中心となって、各箇所の活動のサポートや、大学全体を統一した活動を実現していきます。

早稲田大学の環境保全活動

早稲田大学についてAbout Waseda

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる