Notice大切なお知らせ

ノーベル賞の国スウェーデンとの連携を強化 ~日・瑞共同研究促進プログラムMIRAI2.0がキックオフ~

2020年10月7日(木)と8日(金)の2日間にわたり、日本とスウェーデンの大学間で進めている共同研究促進のプログラムMIRAI2.0のキックオフイベントがオンラインで実施されました。日本、スウェーデンから100名以上の大学関係者が参加しました。

MIRAIプロジェクトは、2015年10月の日本・スウェーデン学長会議をきっかけに始まった事業で、日本とスウェーデンの大学間の長期的な研究分野における協業を促し、双方の大学のプレゼンスを上げる3年間のプロジェクトです。スウェーデンの11大学、本学を含む日本の8大学が参画しています。早稲田大学は、プロジェクト開始から積極的に参加し、前フェーズのMIRAIプロジェクトでは全4分野(Sustainability, Material Science, Ageing, Innovation)のうちのAgeing、Innovationのワークショップの2分野でChairを担い連携促進に貢献しました。

初日は大学発イノベーションの代表例として「ペプチドリーム」創業者の菅裕明東京大学教授によるキーノートスピーチを嚆矢にして、第1期の成果発表が行われました。早稲田大学からは島岡未来子教授(政治経済学術院)が「Innovation-Entrepreneurship」分野で、 富蓉講師(商学学術院)が「Ageing」分野でMIRAI第1期の成果を報告しました。本プロジェクトへの早稲田大学の積極的な参加を示すように全4分野中2分野で早稲田大学の研究者から報告がありました。
報告内容等は特設Webサイトから現在も確認可能です。

 

2日目は「COVID-19」に関するWebinarが実施されました。COVID-19への異なる対応をした両国の違いが研究者の発表からも確認できる興味深い内容となりました。「医療」、「政策」の2つに分けて両国の研究者が発表、ディスカッションを実施しました。

田中総長はこれまでの早稲田大学のCOVID-19対策の取り組みを説明し、新たな環境に最適化した教育、研究環境を実現していくことを力強く宣言しました。
プレゼンテーションに続いて行われたディスカッションにおいてもスウェーデンに先んじて対面授業を再開していくことに触れ、COVID-19以前の状態に戻るのではなく、ポストCOVI-19の社会に適応していく重要性を確認しました。

今後はMIRAI2.0で個別の問題解決に向けて活動する研究グループである「TEG/IEAG」のメンバーが確定して具体的な研究連携がスタートしていきます。
COVID-19の影響で往来が難しい現状ですが、状況が許せば2021年6月にはスウェーデンでの「Research & Innovation Week hosted by University of Gothenburg」も予定されています。

日本とスウェーデンを結ぶMIRAI2.0の活動に今後もご注目ください。

 

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる