Art and Architecture School早稲田大学 芸術学校

News

ニュース

「ヘルシンキ アート&サイエンス・センター」高橋 正 TAKAHASHI Tadashi

3年次卒業設計

卒業設計にあたり、矩形が並ぶ立面図のイメージが光と影とともに浮んだ。『先ず光ありき』を基本コンセプトに、空間把握し易くするため7.5m キューブを基準に進めた。それを積み上げ、開口部分や天井・壁部分を考慮し、光と影の構成を試すうち、ルーバーとリフレクターリブが建築の主な構成要素として浮かび上がった。リサーチするとアルバ・アアルト設計の数々のデザインと出会い、考え方がまとまり始めた。配置はアート部分を南北に長くとり、展示や光の投影に配慮し、東側壁面を閉じて眺望用開口部を最小限に抑えた。また、西側はガラス面とし、光を取り込むと同時に、街に開かれたイメージを大切にした。サイエンス部分は低層とし、内部での活動を外から見え易くした。求心性を考え円形とした。太陽の軌跡の違いが文化的風土に反映していると考え、北欧の地を選択した。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/school/art/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる