Art and Architecture School早稲田大学 芸術学校

For Prospective Students

受験生の方へ

Students Speak

在校生からのメッセージ

二年生

好きなことを学べる喜びを思い出します。

荒井 淳子 ARAI Junko
上智大学 経済学部 卒業
建築設計事務所 アルバイト

学生の頃から建築に触れることが好きでした。入学前までは金融機関に勤めていましたが、仕事で不動産に関わるうちに、建築そして設計への意欲が再燃し早稲田大学芸術学校の門を叩きました。 設計の知識をはじめ、図面の書き方や模型の作り方も何も知らない状態で入学したので不安はありましたが、好きなことを学べる喜びに溢れていたことを思い出します。
授業中スライドで紹介される建築家とその建築、貴重な図面・資料は毎回心踊りますし、先生方の授業は心に訴えるものがあり、ひきこまれます。 建築設計表現の授業では、想像したり吸収したものを整理し、建築という形で具現化して人に伝えるということの難しさを常に感じています。特に1年次のときはスケッチをしたり手を動かして考える癖がなく、表現について悩むことが多かったです。しかしそれ以上に、案を練って模型を作り、だんだんと形になっていく過程に面白さを覚えていました。
2年次では、社会との呼応や必要性について考え、より広い視野をもって建築に向かっていく必要があると考えています。 早稲田大学芸術学校の魅力は何より、学生の年齢や職業も異なる、様々なバックグラウンドを持った学生が自身の時間を割いて、学びの目的を持って夜間に集まっていることです。みなさんの多角的なものの見方は本当に勉強になりますし、建築を学ぶにあたって今まで培ってきた知識や経験が無駄になることなどないのだ、と気付かされます。そういった多様な個性を認め合い、刺激しあって成長できる場であると感じています。
私は日中、学校の求人募集経由で設計事務所でアルバイトをしています。授業との両立は大変なこともありますが、実務のことを学べる機会となっています。好きなことを追究できる環境にいることに感謝して、これからも精進したいと思います。

パッションの塊の様な赤坂校長と、同様の熱で生徒に接する講師陣。

飯塚 拓也 IIZUKA Takuya
Chelsea College of Arts 卒業

ネットサーフィン中に偶然知り、芸術学校へ実際に訪ねてみて出会ったのは、パッションの塊の様な赤坂校長でした。他にも入学を希望した理由はありますが、この出会いに勝る理由はありません。実際に学校に通ってみて、校長のパッションは本物であり、他の講師陣も同様の熱で生徒に接しているのを目の当たりにすると、ここに来て良かったとその都度思います。
一年生では建築の入り口から丁寧に教わりました。最初の設計課題である5mキューブでは実際にその大きさの空間を体感することから始まり、その空間で起こる構造物と光の共演を各自がデザインすることで、空間のクオリティーというものを知覚させられました。第二課題の住宅設計では、実際にある敷地を分析することから始めることで、第一課題では無かった、プログラムやコンテクストといった違ったアプローチからの建築設計計画を学びました。この二つのプロジェクトを通して、建築が内の世界と外の世界、その間にある曖昧な世界(境界)で構成されているという建築の根本的なことと、実際いかにして計画していくかを学びました。
二年生では色々なビルディングタイプを設計することで、視野を広げ、自分の中に、様々な設計論を蓄積していくのと同時に、多くの設計をすることで、設計ペースをつかむことと、設計体力をつけていきたいです。 卒業後のビジョンは建築意匠の方向で考えています。将来的な独立を視野に入れたキャリア設計をしていきたいです。

自分の中にはない発想に出会える。

稲毛 築 INAGE Kizuku
東洋大学 法学部 卒業

哲学と芸術に興味があり、両分野を横断する建築に関心を持ったのが、建築を学び始めたきっかけです。働きながらでも通えて、かつ資格のためだけの勉強ではなく、学問として建築を学びたいと考えていたときにこの学校に出会い、入学を決意しました。
一年生では、初めて住宅の設計に取り組み、最初は考えなくてはいけない事柄の多さに、何から手をつけていいか分からず戸惑いましたが、熱心に指導してくださる先生方のおかげでなんとか一つの作品を作り上げ、設計をすることの楽しさを知りました。
2年生では、表現方法を磨き、自分の考えた設計を、だれにでも伝わるように発信できる力を身に付けることが目標です。
芸術学校に通う生徒は、年齢も職業もばらばらですが、建築を本気で学びたいという意識は共通しています。課題で行き詰まってしまったときでも、スタジオに行けば、必ずだれかが懸命に取り組んでいる姿を見て、自分ももう少し頑張ってみようと、やる気を貰えたり、様々なバックグラウンドを持った人達が集まっているので、毎回自分の中にはない発想に出会えて充実しています。
また、OBOGや学部生、大学院生との交流も盛んなため、芸術学校という枠を越えた繋がりや、自分が知りたいと思うだけ、建築に関わる様々な知識や情報を手に入れられる環境にも恵まれています。大学院への進学制度も整っているため、今後は就職だけでなく進学も視野に入れて取り組もうと考えています。

芸術学校から踏み出したこの道を歩み続けていきたい。

内田 明日花 UCHIDA Asuka
慶應義塾大学 総合政策学部 卒業
建築設計事務所 アルバイト

建築に興味を持ったきっかけは、大学時代に体験した古民家改修でした。そのまま大学院への進学を検討していた頃、人の紹介で「自分の手で描き思考する」ことを特色にした芸術学校の存在を知りました。進路は最後まで悩みましたが、ゼロから始めるのだから新しい環境でやってみよう、と芸術学校への入学を決めました。
1年生の1年間は、憧れの建築の世界に足を踏み入れたという感動を十二分に感じた年でした。製図板に向き合って何時間も図面を描く、素早くかつ丁寧に模型を作る。数学や物理とも高校以来の再会を果たしました。頭の中のアイデアや思考を空間化するプロセスに膨大な作業と時間が伴うこと、建築は頭だけでなく身体で作るのだということを実感しました。世界中の素晴らしい建築を、建築のプロである先生方が愛情込めて語り尽くしてくれる贅沢なレクチャーも大好きな時間でした。芸術学校には年齢職業問わず色々なバックグラウンドを持つ人が集まっていて、皆ここでなければ出会えなかったような人ばかりです。休日に集まって建築見学に出かけたり、それぞれの設計について議論することもあります。授業だけでなく同級生からも学ぶことの多い刺激的な日々を送っています。日中は設計事務所でアルバイトをしています。自分が勉強していることの延長線上に立ち、現実に建築ができあがっていく様子を見られるのが純粋に面白いです。事務所と授業や課題の反復で、より広い視点から建築を学べるような気がします。
2年生に進級し、いよいよ本格的な設計課題に突入しました。期間はコンパクトで、与えられる条件はどんどん複雑化しています。想像以上に大変ですが、先生方やTAの皆さんの親身な指導のもとで、ゆっくりですが確実に前進していると思います。このまま最後まで駆け抜けていきたいです。設計には答えがなく、やればやるほど先へ進めます。でも、やってもやっても進めない時もあります。まるで生き物を相手にしているようでその扱いは難しいですが、ふとしたことで思いがけない化学反応が起こることもあって、本当に面白い世界です。卒業後も、芸術学校から踏み出したこの道を歩み続けていきたいと思います。

スキルの重要性を強く感じるようになりました。

尾崎 哲生 OZAKI Tetsuo
筑波大学 第三学群 卒業

大学は文系の学科でしたが、都市計画を専攻し、所属していた研究室で日本の伝統的な町並みの調査に取り組みました。各地の歴史的な環境が残る地域や古い民家を訪れるなかで、建築について興味を深めました。
芸術学校に入学する以前は、雑誌で建築作品を見るばかりで、それがどのような技術やプロセスでつくりあげられるのか考えることはありませんでした。しかし、1年生の授業でデザインや構造力学、環境・設備、材料など幅広く建築の基礎を学び、建築が芸術や工学など幅広い分野が総合してできるものであることを実感しました。1年次に特に力を入れて取り組んだのは建築設計表現の設計課題です。自分でアイデアを考え、それを図面や模型で表現することは想像以上に労力を要するものでした。もっと考えを練りたいと思っても、限られた時間のなかで完成させなければならない苦労もあります。しかし、自分が製作したスタディ模型や図面について先生方にアドバイスを頂き、それを踏まえてまた作り直すという作業を繰り返すなかで、少しずつアイデアがかたちになり、建築設計の面白さを実感することができました。また、設計課題に取り組み始めると、周りの景色の見え方も変わります。それまで気に留めることのなかった街中の建物のデザインが気になるようになります。そして、他の学生の作品を見ることも大きな刺激になっています。様々なバックグラウンドをもつ学生が集まる芸術学校では、多様な発想の面白い作品を見ることができます。それが自分のアイデアのヒントになり、また、モチベーションにもつながります。
2年生になると建築史などの授業も始まり、さらに建築について視野を広げることができます。最近では、自分が考えたことをドローイングなどによって人に伝えるプレゼンテーションスキルの重要性を強く感じるようになりました。今後、先生方の指導を受けながら多くの課題に取り組むなかで、技術を磨いていきたいと思っています。

建築の見方や姿勢も学ぶことができる。

岡本 萌 OKAMOTO Moe
自由学園最高学部(大学部) 卒業
組織設計事務所 アルバイト

大学も折り返し地点に差し掛かかり、幼い頃からの“建築家”という夢を実現させる方法を考えていた時に、芸術学校と出会い、建築を“総合芸術”として広く捉える姿勢と、”自分の手で学ぶ”ことを大切にする精神に強く共感し、入学を決めました。
建築を技術のみならず、建築の概念や時代背景、建築家や土地など様々な方面から学ぶことで、建築や空間、環境を広く捉える視野を養い、自分の意見も持つことができるようになっています。知識を蓄えるだけでなく、建築の見方や姿勢も教えて頂いているのだと気がつきました。
設計の課題では、基礎的なことは勿論、自分のやってみたいことをどうすれば実現させられるか、先生方や大学院生のTAの方々が手取り足取り教えてくださり、さらに良くするためにはどうすれば良いかの意見も与えて頂いています。日々コツコツと積み上げることで、設計のせの字も知らなかった私が、自分の目指す建築を人に伝えようと、模型を作り、図面を描き、プレゼンテーションを行っていることに、自分自身驚いています。
1年次から、アトリエ事務所や組織設計事務所でアルバイトをしています。CADを使った作業は未経験なため、所員の方に少しずつ教えて頂き、勉強をしています。そうした中で感じていることは、“自分の手で考える”ことの大切さです。一年間、自分の手を使って製図をし、模型を作ってきたからこそ、今CADの図面を見ても空間を把握することができ、また紙とペンさえあれば自分の作りたい建築を表現し、相手に伝えることができるのだと思います。
様々なバックグラウンドを持つクラスメイトと切磋琢磨する日々は刺激的で、建築ではない分野についても知る面白さがあります。次の休みにはどこへ建築を見に行くかと話し合い、それぞれの考える建築について語り合う仲間との時間は、私にとって楽しくて仕方ありません。

三年生

日々建築に魅了されながら充実した毎日を過ごしています。

早川 玲未 HAYAKAWA Reimi
武蔵野美術大学 芸術文化学科
構造設計事務所 アルバイト

美大で、アートやデザインの社会的関係性を勉強する中で、建築という分野に関心を持ち、芸術としての建築という思想に惹かれ入学しました。1年次はダブルスクールだったため、毎日学校に通うことだけで精一杯でしたが、熱心な先生方やTAさん、そして同級生に助けられながら日々課題に取り組んでいました。そのため、本格的に建築に向き合えるようになったのは2年次からだったように思います。2年次からはスタジオでの作業が可能になり設計課題に集中できる環境が整うため、より一層濃密な建築漬けの日々となりました。同級生と切磋琢磨しながら過ごすスタジオでの時間は有意義なもので、各々が課題に向き合う時間だけでなく、建築について同級生と語り合う時間も楽しく、時にはインスピレーションを得られたりと、大変充実しています。
2年次の設計課題では、自分に合った設計手法や表現をとにかく手を動かして必死に模索していたように思います。振り返ってみると、熱心な先生方の指導のおかげで、図面も全く書けない状態から、自分なりに建築を考え表現できるまで成長できているのを実感しています。課題を重ねるごとに、同級生の様々な個性がより強く現れてきているのも印象的で、各々のバックグラウンドを活かし設計に取り組む姿もこの学校ならではなのかと思います。そのような日々の中で、もっと多くのことを学びたいとの気持ちから3年次への編入を決めました。
また、現在構造設計事務所でアルバイトをしています。授業で、今まで知らなかった「構造の美学」というものに触れ、建築の新たな魅了を知り理解を深めたいと思ったのがきっかけです。構造の世界は、一から学ぶことばかりでとても勉強になっています。アルバイトと学業の両立により、分野を超え幅広く建築の魅力に触れることで、表現や思考の幅が広がりました。そして、第一線で活躍されている先生のもとで、少しでも実務に関われることは大きなモチベーションとなっています。芸術学校には、建築セミナーや芸術展、学外展示など多くのイベントもあります。それらを通して他学年との交流もうまれ、上級生はもちろん、下級生から刺激を受けることも多くありました。とても勇気のいる決断でしたが、芸術学校に入学して本当に良かったです。建築を学べる幸せを感じつつ、日々建築に魅了されながら、残り少ない学生生活を楽しみたいと思います。

多角的に物事を見て、自分で答えを見つけに行くことを建築から学びました。

高橋 賢泰 TAKAHASHI Yoshiyasu
青山学院大学 文学部 卒業
建築設計事務所 アルバイト

大学のころから建築に興味を持ち始め、就職して仕事をしている中でどうしても建築がやりたい、学びたいという気持ちが強まりこの学校に入学しようと決意しました。
1年次には建築についてほぼ何も知らない状態で学び始め、なにも描けない状態で図面をトレースし始めました。しかし、必死になって夢中で手を動かして図面が完成するとなんとなくですが、その建築を理解できたような気がしてきます。本を読むように図面をトレースするということはその建築を読むこと、理解することだと思いました。
2年次では濃密な授業が多く、建築史から構造・施工まで幅広く学び、また、設計課題の比重も大きくなります。その分、建築との濃密な時間を過ごすことができ、とても充実した生活を送りました。スタジオでは同級生に自分の設計をお互いに見せ合ってアドバイスしあい、エスキスでは講師陣からの手厚い指導のおかげで、課題ごとに自分が成長している実感がありました。この学校に入学して建築を学んで、入学する前よりもさらに建築が好きになり、もともと2年制の建築科でしたが、もっと学びたい、もっと成長したいと考え3年編入学を決意しました。
3年次では少人数制で濃密なエスキスを受けることができ、アイデアが出て来ないときや自分の考えが形にならずに辛いときでも、先生方が根気強く指導してくださり、最後にはきちんと形になり建築まで導いてくれます。現在は昼に設計事務所で働き、夜は学校で建築を学ぶという建築漬けの毎日で大変ですが、実務に直接関わりながら学校で課題に取り組むことで建築への考え方がより深まり、設計課題に活かされて来ていると思います。芸術学校に入って大学生のころより学びたいという意欲が高くなり、また、その意欲に応えてくれる講師の方々がいてくれてこの学校で建築を学べているということがモチベーションにつながり、自分の成長につながっています。卒業後はアトリエ系設計事務所に入所し、学校で学んだことを活かして実務経験を積み、いずれは建築家として独立したいと考えております。

卒業生

入学後の授業は期待以上で、他所では得がたいものでした。

kato生来モノ作りが好きで大学では情報工学を専攻、卒業後はシステム会社にてSIとして勤務。しかし、コンピュータシステムでは社会の量的豊かさは実現できても質的豊かさは実現できないことに違和感を感じ、学生時代から興味のあった建築デザインの世界へ転身。ただ建築士という職能に必要なスキルを学ぶのではなく、建築デザイナーとして必要な総合的なデザイン力を学べると考え芸術学校へ入学しました。入学後の授業は期待以上で、出自も専門も異なる様々な人たちが同じ志をもって一堂に会することで、極めて多様で多角的、横断的な知の結集が見られ、そこから得られた濃密な知識・経験は他所では得がたいものでした。また設計演習においてただコンセプトやプログラムを設計する思考作業にとどまらず、造形やプレゼンなど具象化・表現作業にまで行われる徹底した指導は極めて実践的で、この環境を存分に活用し貪欲に学ぶ気概を以って臨めば、芸術学校は間違いなく建築デザイナーを目指す者にとって最良の選択だったと思います。

加藤潤一KATO Junichi
  • 2011年度建築設計科卒業 1977年生まれ、京都府出身。大阪大学大学院基礎工学研究科情報数理系専攻修了。システム会社に勤務し、2009年に早稲田大学芸術学校建築設計科に入学。卒業後、大阪市立大学大学院工学研究科都市系専攻後期博士課程へ進学。現在在学中。

先生からのフィードバックの積み重ねが私を大きく成長させた。

jason建築に強い興味をもつようになったのは、ニューヨーク大学で映画の脚本制作を学んでいる時でした。脚本家になる夢を断念し、紆余曲折を経てミシガン大学の電気工学部に入学した後も、建築への関心は弱まることがありませんでした。卒業後、仕事で来日。半導体等の会社で働きましたが、いずれもinspiringではありませんでした。悶々とした日を送るようになり、「建築家を目指せばよかった」と口にするように。そんな私を見かねて、当時早大の助手だった妻が「じゃあ、やってみたら」と芸術学校を紹介してくれました。その一言が建築と芸術学校との出会いをもたらしたのです。芸術学校で一番好きだったのは、先生方が根気強く指導して下さったことです。特に赤坂先生、鈴木先生、内木先生からのフィードバックの積み重ねが私を大きく成長させてくれました。現在は早大大学院の古谷研究室に所属しています。芸術学校で感じたpassionを忘れず、今後も建築の勉強に励みたいです。

ジェイソン・フェアバンクスJason FAIRBANKS
  • 2012年度建築都市設計科卒業 アメリカ出身。ニューヨーク大学芸術学部脚本専攻卒業後、ミシガン大学電気工学部卒業。その後来日し、早稲田大学芸術学校建築都市設計科へ入学。卒業後、特別選考制度で早稲田大学大学院創造理工学研究科建築学専攻へ進学。2014年度に大学院を修了し、現在は日建設計に勤務。

建築で生きていく上で、かけがえのない仲間に巡り会えた。

nishiyoshi 芸術学校に入学したきっかけは、講師陣はじめ学校環境の魅力でした。講師陣の魅力のみならず、デザインに特化したカリキュラム、スタジオでの自由な創作など理想的な環境で建築を学べることが分かり、自分の決断にとって大きな動機となりました。大学とのダブルスクールを3年間続け、卒業後は早稲田大学大学院へ進学することができました。これも芸術学校特有の進学制度、また先生方の多大なサポートがあったからこそ選ぶことのできた進路であり、芸術学校に入学して本当に幸せだったと思います。 在学中で最も印象に残っていることは、教室全体が学ぶことへの真剣さに満ちていることでした。これは、夜学の芸術学校ならではの雰囲気ではないかと思います。それぞれの学生が全く違ったバックグラウンドを持ちながらも情熱をもって建築に取り組む姿勢は大きな刺激であり、その中でこそ成長できた自分があると思います。毎夜同期と建築について熱く議論した日々も忘れられない思い出であり、今の自分の原動力となっています。 芸術学校では設計を中心に学び、大学院では建築の歴史を専攻、現在の仕事は施工管理です。一見不連続な道程に思われるかもしれません。しかし私自身にとって芸術学校で学んだことは、現在まで建築を考える上での礎であり、今の仕事に就くひとつの契機となっているように思います。例えば、どのような建築が「本物」なのか、自分はどのような建築をつくりたいのかということを初めて本気で考え悩んだのは、芸術学校の設計課題に取り組む中であり、先生方に指導頂いた際に生まれた純粋な問いだったように記憶しています。現代には様々な建築が溢れていますが、現在も仕事として建築に携わる喜びを感じることができるのは芸術学校で頂いた教えのおかげだと思います。また、卒業後も芸術学校の同期とは定期的に会う機会があり、そこでお互いの近況を話すことができるのは自分にとって大きな支えとなっています。このような関係が続けられるのは、芸術学校でお互い真剣に、情熱を持って建築に取り組み、その時間を共有していたからこそだと思います。建築で生きていく上で、かけがえのない仲間に巡り会えたことも芸術学校に入学してよかったと思う理由のひとつです。

西吉永一NISHIYOSHI Eichi
  • 2008年度建築設計科卒業 1987年生まれ、香川県出身。早稲田大学人間科学部とのダブルスクールを経て、早稲田大学芸術学校建築設計科卒業。特別選考制度により、早稲田大学大学院創造理工学研究科建築学専攻に進学。早稲田大学創造理工学術院建築学専攻修士課程修了。現在、株式会社竹中工務店に勤務。
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/school/art/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる