Art and Architecture School早稲田大学 芸術学校

About the School

芸術学校について

Overview

概要

学校紹介School Introduction

当校の歴史は1911年の工手学校設立に遡ります。その設立以降、夜間の教育機関として、工学・芸術分野における人材育成を行ってきました。1964年に産業技術専修学校、1978年に専門学校、2001年に芸術学校と改称し、2011年度には創立100周年を迎え、建築デザインの高等教育に特化した新しい体制がスタートしました。
当校は早稲田大学の学部や独立した大学院と並列する一つの組織と位置付けられており、建築科(2年制)と建築都市設計科(3年制)の2学科を開設しています。早稲田大学と同様、春学期(4/1~9/20)と秋学期(9/21~3/31)の2学期制をとっており、授業は平日月~金の18:15~21:25に早稲田大学西早稲田キャンパス内で行っています。

学科概要・大学との連携Introduction of department and Cooperation with Waseda University

学科概要

学科は建築科(2年制)と建築都市設計科(3年制)から構成されており、両科とも1、2年次は共通授業となっています。また、建築科を卒業後、建築都市設計科3年次へ進学する学内編入制度があるほか、他の教育機関から建築都市設計科2・3年次への学外編入制度があります。

  • 建築科 2年制

建築科は製図などの実践的導入基礎教育を中心とした1年次の<ベーシッククラス>と、応用・専 門教育を中心とした2年次の<プロフェッショナルクラス>の2年制とし、卒業時に2級建築士の受験資格が取得でき、卒業後4年以上の実務期間を経てから1 級建築士の受験資格が取得できます。

  • 建築都市設計科 3年制

建築都市設計科は、建築科の2年間に建築 デザインについてより高度なデザイン的専門性をプラスした3年次の<ディプロマクラス>を加えた3年制とし、卒業時に専門士の称号および2級建築士の受験 資格が取得でき、卒業後3年以上の実務期間を経てから1級建築士の受験資格が 取得できます。

大学との連携

芸術学校と創造理工学部建築学科との授業連携により、建築学科設置科目の一部授業における芸術学校生の特別聴講制度がスタートしました。また、早稲田大学の学部学生が、新たなスキルを得るために、夜間を利用し、ダブルスクール生として多数芸術学校に在学しています。

大学院への特別選考制度

大 学院創造理工学研究科建築学専攻修士課程に芸術学校系大学院研究室を開設し、専門学校と大学院とのユニークな一貫教育体制としてハイブリッド・デザイン コースがスタートしました。この一貫教育体制により、建築都市設計科(3年制)には、大学院(修士課程2年制)との計5年間で、国家試験受験資格と専門士 の称号が取得でき、大学院修了時には修士の学位が授与されます。
大学院への特別選考制度の対象者は以下の通りです。

  1. 建築都市設計科の卒業(見込)者で、かつ卒業後2年以内の者
  2. 学士の学位を有する者、または翌年3月取得見込みの者
  3. 芸術学校専任教員の推薦を受けた者

大学施設の利用

芸 術学校の学生は、早稲田大学の施設を学部生・大学院生と同じように利用することができます。そのなかには、日本最大級の蔵書を有する大学図書館、国際シン ポジウムが行われる会議場、夜間まで利用可能なコンピュータルーム、400台を超えるドラフターを有する製図CAD室も含まれます。

学生の特色Feature of students

  1. 入学者の男女比は約5:5となっています。
  2. 最も多い入学者の年代層は、20代前半です。これに20代後半を含めると全体の約6割を占めます。
    なお、平均年齢は28.7歳です。
  3. 入学者の学歴は非常に高く、短大・4年制大学以上の出身者が約8割を占めています。また大学学部とのダブルスクールも年々増加傾向にあります。

芸術学校の学生・講師陣を一言で形容すれば、〝多種多彩〟という表現がいちばんぴったりくるかもしれません。昼間は仕事をしながら夜間は芸術学校に通う学生、他の教育機関で建築とは異なる分野を勉強しながらダブルスクールをこなす学生など、多種多彩な背景を持つ学生が集っています。
他方で、芸術学校の講師陣も多種多彩です。大学で教鞭をとる講師、大手総合建設会社で大きな部署の責任を背負っている講師、個人事務所を構えて世界中で活躍する講師。こうした人々を招き入れることができるのは、100年という伝統を持つことはもちろん、芸術学校の授業が夜間に行われているためです。

こうした多種多彩さは、あなたが芸術学校に加わることで、さらにその広がりを増していきます。

沿革History

1882

1882年 大隈重信ら東京専門学校創設
1902年 早稲田大学に改称、大学部と専門部を新設
1904年 専門学校令により早稲田大学となる

1911

1911年 早稲田工手学校(現在の芸術学校)を開校

1948

1948年 早稲田工業高等学校と改称
1949年 新制早稲田大学発足
1964年 早稲田大学産業技術専修学校と改称
1978年 早稲田大学専門学校と改称

1982

1982年 早稲田大学創立100周年
2001年 早稲田大学専門学校を早稲田大学芸術学校と改称

2007

2007年 早稲田大学創立125周年
2010年 建築デザインに特化した建築科・建築都市設計科へと改変

2011

2011年 早稲田大学芸術学校創立100周年 スタジオ型少数精鋭指導体制を実現

2015

2015年 早稲田大学大学院創造理工学研究科に建築芸術論研究室を開設

Waseda Vision 150

芸術学校の将来構想

芸術学校は、早稲田大学創立150周年(2032年)を見据えた将来構想を策定しました。

これは大学として決定したものではなく、あくまで芸術学校における構想段階のものです。今後も引き続き議論を深め、必要性と適切性が認められるものについては正規の手続きを経て順次実現していきます。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/school/art/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる