Art and Architecture School早稲田大学 芸術学校

About the School

芸術学校について

From the Dean

ごあいさつ

世代を超え、共に学ぶ

田中 愛治
早稲田大学総長

PROFILE
1975年早稲田大学政治経済学部卒業。1985年オハイオ州立大学大学院修了,政治学博士(Ph.D.)。東洋英和女学院大学、青山学院大学、本学政治経済学術院教授等を経て現職。2006年から本学の教務部長、理事、および世界政治学会(IPSA)President等を歴任。

早稲田大学芸術学校は、1911年に設立した早稲田工手学校を源流とする専門学校を基礎に、21世紀にふさわしい芸術の新たな発信拠点として2001年に誕生しました。そして2011年には創立100周年を迎え、建築・都市・デザインを中心とする学校へと生まれ変わりました。

このことは、早稲田大学が125余年の伝統の中で育んできた多様な文化の蓄積や人材の輩出を踏まえ、21世紀の環境創出に向けて、芸術性と技術力を兼ね備えた先端的な高度建築家の養成をめざす教育を、新たにスタートさせたことを意味しています。
カリキュラム改編、講師陣の充実や、完全スタジオ制による少数精鋭指導体制の構築により、現在芸術学校は文理の境界を超えた総合芸術としての建築を学べる数少ない高等教育機関として高く評価されています。

「人生100年時代」といわれ、情報科学の進展や世の中の仕組みが大きく変わる中、社会で長期に渡って活躍し続けるには、何度も学び直し、知識をアップデートすることが必要と言われています。早稲田大学においても、2012年に策定したWaseda Vision 150の中で社会人教育の拡充を目指しており、社会に出た後も、誰もが生涯にわたって学び続けられる学習機関の役割がますます重要とされています。

本学は芸術学校を専門職大学院等と同様の意義を有するものと位置づけており、芸術学校が、こうした時代の動向を先取りするかたちで、多様な世代や立場の社会人・ダブルスクール生の向学心に応えることのできる、社会に開かれた専門学校として、建築・都市・デザインにおける優れた人材を育成、輩出してくれることを期待しています。
多くの皆さんが、この早稲田大学芸術学校の一員となり、多様な人々と共に学び、大きく成長し、進歩の著しい建築の世界で活躍されることを願っています。

芸術としての建築へ向けて

赤坂 喜顕 早稲田大学芸術学校校長

赤坂 喜顕
早稲田大学芸術学校校長

PROFILE
1977年早稲田大学理工学部建築学科卒業、1979年早稲田大学大学院修士課程修了、竹中工務店入社、1989年早稲田大学非常勤講師、2004年竹中工務店設計総括部長(プリンシパルアーキテクト)、2005年早稲田大学教授、東京藝術大学大学院非常勤講師、2010年9月より早稲田大学芸術学校第15代校長、2015年早稲田大学大学院教授、専門分野は建築計画

2011年に創立100周年を迎えた芸術学校は、早稲田大学で唯一“芸術”という名称を冠する正式な教育機関です。

この“芸術”というジャンルは、今日までの日本教育の弊害であった文系と理系の分断を統合し直す重要な責任を担っており、その中心には古来5千年の歴史をもつ不滅の総合領域である“建築”があります。

本校はこの使命感のもと、2010年より建築デザインを中心にした21世紀の高度建築家養成のための国際的なスーパースクールをめざして再スタートを切りました。そして、2015年より、近年高まる向学意欲に応えた上位進学機関として大学院研究室を創造理工学研究科に開設し、デザイン教育の高度化をさらに加速させました。

また、これにより、専門学校(スペシャルスクール)と大学院(マスターコース)を直結させた、我が国では極めて異色な一貫教育<スペシャルマスターコース>を本格稼働させました。

文系・理系を問わずに広く社会に開かれた本校の教育方針は、まず第1に分野横断型の総合教育、第2にスタジオ型個別指導(2年生・3年生専用スタジオ完備)、第3は効率的な短期集中型教育プログラムの実現です。

さらに、2018年度より、今日の様々な社会問題をデザイン的に解決するために、建築を中心としてインテリアから都市、メディアまでを広く先鋭的に集合させた新カリキュラム〝ASSEMBLE〟プロジェクトを始動させ、よりデザインオリエンテッドなカリキュラムの強化を図ります。

優れた建築のみが具体的な環境と精神を豊かにする大きな可能性を有しています。芸術としての建築をめざす熱意あふれる皆さまの御入学を期待いたします。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/school/art/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる