Student Affairs Section早稲田大学 学生生活課

Seminar House

セミナーハウス

FAQ

よくあるご質問

チャットボットでのお問い合わせは、パソコンやスマートフォンから24時間ご利用いただけます。
ページ右下のアイコンからお問い合わせ内容を入力してください。

利用資格に関するFAQ

以下の資格の方のみ、同居家族の利用を認めています。

  • 専任教員
  • 専任職員

学生、上記にあてはまらない教職員のご家族の利用はお認めしておりませんので、予めご注意ください。

はい。
この場合は利用人数入力の仕方にご注意ください。
家族男女同室を希望する場合は、男(または女)欄に男女合計数で入力してください。

男性2人・女性2人でも男(または女)4人と入力する。
また、2家族以上の利用で、同室となる部屋が2室以上必要な場合は学生生活課までご連絡ください。
なお、子供料金の設定はありません。ただし、寝具を必要としない場合(大人と一緒の寝具を利用)、
申し込み人数には含めずに入力してください。

いいえ。
教職員の家族(原則同居している方)のみの利用となります。親戚の方などはご遠慮いただいております。

利用できません。
セミナーハウスの利用は本学の学生・教職員に限ります。インカレの利用は認めていません。
また、サークル利用の場合は、卒業生および学外者の利用は認めていません。

原則としてはセミナーハウスの利用資格者は本学の学生と教職員のみとなっております。しかし、他大学との合同ゼミを行うことがもっともと認められる場合に限って利用を許可する例もあります。
その際には申込手続者は原則ゼミの指導教員としてください。他大学との合同ゼミでセミナーハウスの利用を検討されている方がいましたら、詳しくは学生生活課([email protected])までお問い合わせください。
利用が認められた場合、学外者利用申請書が必須となっております。

はい。
ゼミのアドバイザーや運動部のコーチとして参加する場合に限り、卒業生の利用を認めます。宿泊者名簿の学籍番号欄には、「卒業生」と記入してください。
また、利用手続き期限日より前に必ず「学外者利用申請書」の提出をお願いします。提出がされていない場合、または、提出があっても正式に受理されない場合、ご利用を認めないことがございますのでご注意ください。

参加される卒業生の方が学生用宿泊部屋にお泊りになる場合、学生欄に記入してください。
教職員用宿泊部屋にお泊りになる場合、教職員欄に記入して頂きますが、その場合、教職員利用料金となりますので、予めご了承ください。

はい。
バスの運転手さんの宿泊を認めています。教職員の人数に含めて入力してください。また、宿泊者名簿の教職員番号欄または資格欄には、「バス運転手」と記入してください。
なお、運転手さんの部屋を別に予約したい場合は、例えば教職員の人数に追加し、教職員欄の部屋の要望(洋室と和室 など)を2つに分けて申し込んでください。部屋の要望の指定がない場合は、相部屋となります。
また、バーベキューの利用を選択した団体で、運転手さんのみ通常のお食事を希望の場合は、必ず利用手続き期限日より前に学生生活課までご連絡下さい。当日の変更は承ることが出来ません。

セミナーハウスの利用は授業を除き、原則2泊3日までとなっています。運動部など学生生活課で特に認めたもの以外は、原則どおりとします。
延泊を希望される場合は、延泊利用申請書に記入の上、【事前に】学生生活課までご連絡ください。

予約に関するFAQ

抽選申込みは1人1件です。
当選の確率の可能性を高めようとして同じ団体の利用を複数の方の申込みや、虚偽の申込みをすることはできません。そのような登録を確認した場合、全ての予約が落選となります。
また、以降のセミナーハウスの予約ができなくなります。

システム上できません。
2泊3日以上の延泊が必要な場合は、延泊利用申請書に記入の上、【事前に】学生生活課までご連絡ください。

構いません。【当選後】に空き状況を確認し、追加登録してください。
ただし必ず利用したい場合は、<抽選申込み時に入力>してください。

付帯施設の競合による落選を避けるためのポイント

抽選申込みにおいて、選択した付帯施設が他の団体と重なった場合は、利用申込みそのものが【落選】となります。
例えば、同じ面のテニスコートが1時間重複すると競合となり落選となる場合があります。

その付帯施設がなければ、セミナーハウスを利用する目的がが成立しない場合は、抽選申込みの時に附帯施設を登録してください。
例えば、ゼミ合宿での利用だがゼミ室を登録せず当選した。宿泊はできても他の団体にゼミ室を押さえられ使うことができない、ということになる可能性があります。

ゼミ室は必ず押さえたいが、テニスコートは空いていれば使いたい、ということであれば、できる限り競合になる要因を減らすために、<付帯施設(テニスコート)は登録せずに>日付や宿泊人数、食事数のみ入力して抽選申込みを行い、当選後、空き状況を確認し、付帯施設を追加登録するという方法もあります。

また、選択リストの一番上にある付帯施設に予約が集まる傾向があります。
例えば10面あるテニスコートの内、A面だけに予約が殺到し倍率が高くなる傾向が毎年見受けられます。同じ仕様の付帯施設が複数ある場合は、リストの一番上の選択肢を避けて入力するのも方法のひとつです。

これらのことを念頭に置いて、抽選申込みをするのも一つの方法です。

予約申込み画面の付帯施設欄から申込みできます。
【利用する付帯施設を選択してください】というリストボックスからバーべキューを選択してください。
なお、バーベキュー施設は各セミナーハウスによって一人当たりの利用金額と利用可能期間が決められています。
また、バーベキューを予約すると普通食は用意できませんのでご注意ください。食事については直接各セミナーハウスの管理人さんとご相談ください。

できます。
抽選申込み期間中は何度でも予約内容の修正ができます。また、当選後は、二次申込の抽選発表後、随時先着順の申込が開始日から、学生生活課の休業日を除く利用日の7日前まで予約内容の修正が可能です。

2回目の抽選期間に、MyWasedaのMy予約画面から空き状況を確認し、再度利用申込みをしてください。
残念ながら、2回目も落選した場合は、随時先着順受付開始後に空き状況を確認し、予約登録をしてください。

抽選申込み時は、宿泊者名簿の準備は必要ありません。
当選した団体は、随時先着順受付開始後から、利用日の7日前までに(※学生生活課の休業日を除く)、My予約画面から選択した提出方法で宿泊者名簿をご提出ください(アップロードor学生生活課の窓口提出)。

開始日の午前0時となります。

できません。
日程の変更の必要が生じた場合、現在確定している件をキャンセルして新たに予約を取り直す必要がございます。その場合、現状空いている施設のみご予約が可能となりますので、ご注意ください。

「セミナーハウス宿泊室自動割付」によって、次のように部屋が自動的に割り当てられます。

  1. 人数に最適な部屋を選択し、自動的に割り付けます。
  2. 軽井沢セミナーハウス利用申込みにおいて、特に部屋の要望がない場合、学生はA棟、教職員はグリーンハウスを優先して割り付けます。
  3. 2泊の場合は、学生男・女、教職員男・女それぞれに1泊と2泊で多い方の宿泊人数で、2泊にわたって同部屋利用可能な部屋を優先して選択します。

いいえ。
部屋割当は、部屋定員ごとに割り当てていきます。複数の利用者が銘々個室利用となる要望は認めておりませんので、予めご了解ください。他団体と同室となるような部屋割り当てはいたしません。
本庄セミナーハウスの場合、教職員は自動的に1人部屋に割り振られることとなっております。こちらもご検討下さい。

人数の変更は利用日の7日前(学生生活課休業日を除く)までです。それ以降、参加人数が減っても原則的に料金は返還できません。
ただし、台風などで交通機関に影響が出たなどの理由で当日キャンセルとなった場合は管理人に必ず連絡してください。管理人からの連絡により利用料を返還するかどうか判断して申込手続者に連絡します。

いいえ。
人数の変更は利用日7日前(学生生活課休業日を除く)までです。それ以降の人数の追加はできません。利用券に記載されている人数より多い人数で、当日セミナーハウスに行くことも認められませんのでご注意ください。

いいえ。
予約内容の変更は利用日の7日前(学生生活課休業日を除く)までです。それ以降の付帯施設の予約の追加はできません。
ただし、利用当日に施設の空きがある場合は、管理人に追加利用を申し出ることで、利用できる場合があります。なお、管理人に直接電話をしても、追加利用の事前予約はできませんので、必ず利用当日に、現地にて申し出てください。

はい。
利用期間中に荒天のため、施設(屋外テニスコート、バレー・バスケットコートなど)が利用できなかった場合は、施設利用料を返還します。
管理人に申し出て、「利用料返還届」に認印を受け、3カ月以内に学生生活課へ利用券・振込領収書・印鑑を持参のうえ、利用料の返還手続きを行ってください。
念のため押さえたけれども、使用しなかったという自己都合に因るものは返還できませんので、ご注意ください。

校費払いと銀行振込払いの併用は可能です。
費目入力画面で「費目追加」を行い、内一件を「費目名:銀行振込」とし、必要事項を入力して下さい。費目は最大5件まで記入することが出来ます。
給与差引と校費払い、給与差引と銀行振込払いは併用できませんのでご了承ください。

いいえ。
セミナーハウスを利用する場合、セミナーハウス利用予約及びセミナーハウス宿泊者名簿をもって活動届としますので、別途「学校施設外活動届」や「合宿・遠征届」を提出する必要はありません。
ただし、宿泊者名簿に不備があった場合には早稲田大学学生補償制度(傷害補償)「学傷補」の適用を受けられないことがありますの注意してください。

学生生活課メールアドレス([email protected])まで連絡してください。申込手続者を変更します。
変更の申請には登録番号と申込手続者の情報、変更先の方のお名前、Waseda Net ID(メールアドレス)、連絡先電話番号が必要になります。

すべての申込手続きを完了させなければならない日です。手続き期限日までに申込手続きが完了していない場合、予約が【事務登録未完了】となりセミナーハウスの利用はできません。手続き期限日は利用開始日の7日前(学生生活課の休業日を除く)で、MyWasedaから確認できます。

手続き期限日の確認方法

  1. MyWasedaのセミナーハウスのMy予約画面にて、「内容表示・修正」ボタンを押下します。
  2. 予約内容の詳細画面が表示されます。画面上方にある「名簿提出」ボタンを押下します。
  3. 手書き名簿提出画面が表示されます。黄色く強調してある日付が「手続き期限」です。

キャンセルする場合は、手続き期限日までにMyWaseda のMy予約画面でキャンセルする予約の[予約取消]ボタンをクリックし、予約を削除する必要があります。

利用の意思がないにもかかわらず、手続き期限日までにMyWaseda 上で予約削除を行わなかった場合、利用料は全額負担していただきます。

食事に関するFAQ

利用日の7日前(学生生活課休業日を除く)までは、ポータルで変更できます。ただし、20食以内の変更でしたら利用日の3日前(学生生活課休業日を除く)までに、直接各セミナーハウスに電話で変更を伝えてください。

通常ご用意しておりませんので、直接各セミナーハウスに電話で対応可能かお問い合わせください。

一律1,620円(税込)です。(ただし、伊豆川奈ではバーベキューはできません。)

はい。必要な機材は現地にて用意しております。

お食事の時間は昼12:00~13:00、夕18:00~19:00となっております。バーベキューはこれに加え、前後30分~1時間の準備・片付けを要します。
現地の管理人より指示がありますので、必ず従って下さい。

利用手続き期限日より前に連絡があった場合のみ、可能な限り対応致します。
詳細を学生生活課メールアドレス([email protected])まで連絡してください。食事内容にご不安がおありの際は利用開始日1週間前を目途にセミナーハウスまで直接お電話ください。

できません。
調理器具と食材の持込は禁止しております。各セミナーハウスは山に囲まれた立地であり、コンロなどの調理器具の持込は山火事の原因となります。
またセミナーハウスに冷蔵庫を持ち込みますと電源が落ちてしまう可能性がありますので、決して持ち込まないでください。食材については、食中毒の恐れがありますので持ち込まないでください。

付帯施設に関するFAQ

8:00 ~ 12:00、13:00 ~ 22:00です。利用時間は厳守してください。

各セミナーハウスにビデオプロジェクターがありますが、軽井沢(6台)、菅平(2台)では 台数に制限があり、予約により貸出します。管理人へ電話でお申込みください。
伊豆川奈、鴨川の各ゼミ室にはビデオプロジェクターが常設していますので、ゼミ室を予約するだけで 利用できます (※ 鴨川セミナーハウスの 215多目的室を除く)。
パソコンへの接続はD-subケーブルで 接続してください。接続用のケーブルは、セミナーハウスに常備されています。
なお、一部を除き、ゼミ室にはパソコンは設置されていませんので、パソコンは各自で持参してください。

軽井沢、菅平、伊豆川奈、鴨川、本庄の各セミナーハウス

ゼミ室は、チェックアウト後の利用も可能です(清掃等の都合により、原則として17時までとさせて いただきます)。
チェックアウト後にゼミ室を利用する場合は、MyWasedaの予約システムで予約を入れるとともに、事前に管理人に連絡をしてください。利用当日は各自の荷物は宿泊室から出し、ゼミ室へお持ちください。

セミナーハウス施設により貸出用具は異なりますが、無料で貸し出しています。詳しくは施設紹介をご覧ください。
なお、伊豆川奈セミナーハウスには運動施設がないため、貸出用の用具はありません。近隣の小室山運動公園運動施設をご利用の際は、各自で用具(テニス、野球等)を持参してください。

荒天時に利用できる運動施設(卓球)は、軽井沢セミナーハウス「雨天体操場」、鴨川セミナーハウス「215多目的室」です。

いいえ。
菅平セミナーハウスから菅平体育館への無料送迎バスは運行していません。必要に応じて、各自で交通手段を手配してください。
なお、菅平セミナーハウスから菅平体育館までは、車で約10分、徒歩の場合は約40分かかります。

設備に関するFAQ

各セミナーハウスへのパソコン(デスクトップ型)の設置状況は次のとおりです。

  • 軽井沢セミナーハウス グリーンハウス ラウンジ(2台)
  • 菅平セミナーハウス 管理人室の傍 カウンター(1台)
  • 伊豆川奈セミナーハウス 玄関ロビー(1台)
  • 鴨川セミナーハウス
    ラウンジ(1台)
    211・311の各ゼミ室(各1台)
  • 本庄セミナーハウス
    1階食堂(1台)

※その他、軽井沢、伊豆川奈、鴨川セミナーハウスではノート型PC(2台)の貸し出しも行っています。

軽井沢(IP接続)、菅平(IP接続)、伊豆川奈(有線LAN(DHCP))、鴨川(有線LAN(DHCP))の各ゼミ室には情報コンセントを設置しており、本庄の各ゼミ室では学内無線LANを利用することができます。
また、伊豆川奈、鴨川、本庄の宿泊室には、情報コンセントを設置しています。各自ストレートケーブル(カテゴリ5推奨)をご用意いただきバックボーンネットワークで接続してください。
軽井沢9号棟付近では無線ネットワークの利用が可能ですが、電波の状態により入り難いことがあります。
各セミナーハウスのネットワーク状況については個別のご紹介ページ並びに「>>情報機器について」でご案内をしています。詳しくはこちらもご参照ください。

セミナーハウスは基本的に宴会するための場所ではないので、宴会場は設けていません。
食堂を借りたい場合は、管理人に相談してください。ゼミ室や宿泊室で飲食する場合でも次の利用者がいることを心がけ、飲食後は換気・清掃を念入りにしてください。喫煙は、指定場所以外は全面禁止です。

生活に関するFAQ

できません。
やむをえない理由で到着が17時を過ぎる場合は、必ず現地管理人に事前にご相談下さい。
また、事務取扱時間は20時までとなっておりますので、必ず20時まではご到着されるようにお願いいたします。

入浴時間は原則として次のとおりです。利用時間は厳守してください。

  • 軽井沢 16:00 ~ 20:00
  • 伊豆川奈・鴨川・菅平 16:00 ~ 22:00

※本庄は、全ての部屋にユニットバスが備え付けられていますので、終日利用可能です。(大浴場はありません。)

はい。全セミナーハウスの浴室に用意しております。
ただし、タオル、寝間着、歯ブラシ等はございませんので、各自で持参してください。

はい。必ず事前に現地管理人まで連絡をしてください。運び込みに関して管理人より指示がございますので、必ず従って下さい。

はい。ただし、自家用車で行く際は、なるべく便乗してお出かけください。

本当です。軽井沢セミナーハウスには建物自体に暖房設備がないので、ストーブなどを用意しますが、部屋の広さより小型なものです。
春先の早朝は零下にまで冷え込むことがありますので防寒着を用意してください。

セミナーハウスにおける正課中・学校行事中・課外活動中(体育各部または公認サークルの活動に限る。)の事故については、早稲田大学学生補償制度(傷害補償)「略称:学傷補(がくしょうほ)」の適用対象となります。

早稲田大学学生補償制度(学傷補 がくしょうほ)の詳細は、こちらより確認してください。

セミナーハウスの利用登録に際し、「セミナーハウス宿泊者名簿」の提出は必須となります。
必要事項を記入の上うえ、手続き期限までに提出して下さい(アップロードor学生生活課窓口へ持参)。
万が一、セミナーハウス利用中に怪我をした場合、宿泊者名簿に記載が無い者は、学傷補適用となりません。
セミナーハウス利用者については漏れなくご記入ください。

以下の事項については学傷補の対象となりませんのでご注意ください。

  • 宿泊者名簿に記載が無い者が怪我をした場合
  • 正課・学校行事・課外活動(体育各部または公認サークルの活動に限る。)の行程以外の自由行動において怪我をした場合
    (例)個人的な理由でコンビニエンスストアに行く途中に事故に遭う、など。
  • 学外者(学傷補が適用されるのは早稲田大学の学生のみです。)

学外者の方の傷害補償について

学外者の方は、セミナーハウス利用中にケガをした場合、
学傷補の対象となりません。事前に民間の任意保険に加入するようにしてください。

参考

民間の任意保険として以下のものがあります。
※本学提供の保険ではありませんので、加入条件等の詳細は以下のWebサイトを確認してください。

また、利用団体はセミナーハウス利用申込み手続きをもって、「学校施設外活動届」及び「合宿・遠征届」(旧名称:課外活動届)の提出と致します。別途提出する必要はありません。
ただし、宿泊者名簿の記載不備がある場合、「学傷補」が適用されないことがあるので、充分注意してください。
ご不明な点などがある場合は、学生生活課までお知らせください。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/student/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる