Student Affairs Section早稲田大学 学生生活課

Student life support

学生生活サポート

National Pension System

国民年金保険料について

20歳以上の方は、原則として毎月、国民年金保険料を納めることが義務となっていますが、一定所得基準以下の学生は申請することで保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」があります。

この制度を利用することで、将来の年金受給権の確保だけでなく、万一の事故などにより障害を負ったときの 障害基礎年金の受給資格を確保することができます。
(※ この制度を利用すると、付加年金および国民年金基金はご利用できませんのでご注意ください。また、付加年金および国民年金基金は、過去にさかのぼって加入ができません。)

「学生納付特例制度」とは?

対象者

日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられていますが、学生については、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。本人の所得が一定以下の学生が対象となります。

申請方法

申請先

住民登録をしている市(区)役所・町村役場の国民年金担当窓口、もしくは最寄りの年金事務所
※早稲田大学は「学生納付特例の対象校」ではありませんので大学では申請ができません。

申請書類

日本年金機構のWebサイトからダウンロードできます。
※申請時には在学期間がわかる学生証のコピー(裏面に有効期限、学年、入学年月日の記載がある場合は裏面のコピーを含む)または在学証明書(原本)が必要です。

申請の詳細については日本年金機構のWebサイト年金事務所で最新の情報を確認しましょう。
(上記は日本年金機構Webサイトより2020年9月時点の情報を一部抜粋しています)

国民年金に関するお問い合わせは、住民登録をしている市(区)役所・町村役場の国民年金担当窓口、または、最寄りの年金事務所までご連絡ください。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/student/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる