Student Affairs Section早稲田大学 学生生活課

Student life support

学生生活サポート

Health Checkup Coverage

健康診断補助費給付

学生早健会では、会員の皆さんが右記の契約医院(岡崎医院大同病院西北診療所・本庄医院)で健康診断を受診した場合に、以下のとおり申請に基づきかかった費用を補助しています。ぜひ、ご活用ください。

なお、保健センターで毎年度実施している「学生定期健康診断」は全学生が受診対象となっていますので、この健康診断補助費給付制度を利用した受診の有無に関わらず、1年に1度必ず受けるようにしてください。

※大学の発行する「健康診断証明書」が必要な場合には保健センターの「学生定期健康診断」を受診しなければなりません。(外部医療機関での健康診断のみを受診した場合には大学から「健康診断証明書」を発行することができません。)

1) 健康診断補助費

下記の「給付対象受診期間」に、対象の契約医院で健康診断を受診した場合に、申請に基づき、1年度に1回、3,000円までを「健康診断補助費」として給付します。

2) 給付対象受診期間

4月1日 ~ 3月31日の12ヶ月間

3) 申請方法と提出期限

「健康診断補助費請求書(※)」の本人欄に記入のうえ、受診する契約医院に提出し、必要事項を記入してもらい、受診月から3ヶ月目の10日(10日が土日・祝日の場合は次の平日)までに学生証を提示の上、受付窓口に提出(*)してください。
(締切日の詳細は「申請書」提出期限を参照してください。)

※「健康診断補助費請求書」は対象となる各契約医院に常備していますので、持参する必要はありません。

郵送による申請も可能です。郵送による申請をする際には「健康診断補助請求書」のほかに「郵送理由書(要学生証コピー貼付)」が必要です。また提出期限必着となりますのでご注意ください。

(例) 9月 (9月1日 ~ 9月30日まで) に受診した場合の提出期限は12月10日までです。
ただし、12月10日が閉室日の場合、翌営業日が提出期限となります。
詳細は「申請書」提出期限でご確認ください。

4) 健康診断補助費の給付方法

健康診断補助費の給付は、医療費給付と同様、My Wasedaに登録している「本人名義口座」に振込ます。振込日は、「請求書」の提出時期により異なりますが、受診の翌月の10日までに提出した場合は受診月の翌々月の中旬(10日~20日)の振込となります。

5)契約医院の健康診断実施状況

健康診断の受診を希望する場合には、必ず電話で事前予約をしてください。
※健康診断項目については、予約の際に各病院に確認してください。

6) まとめ

Step①

対象の契約医院へ電話で予約する。
※予約時に必ず早稲田大学の学生であること、学生健康増進互助会の健康診断補助を受ける旨を告げること

Step②

予約日時に契約医院へ学生証を持参のうえ受診する。(受付時に必ず学生証を提示すること)

Step③

受診後に支払を行い、契約医院に常備されている「健康診断補助費請求書」に必要事項を記入してもらう。

Step④

「健康診断補助費請求書」を提出期限までに健康増進互助会事務所(学生会館1階)まで提出する。(※郵送による申請も可)

Step⑤

窓口に提出した翌月中旬(10日以降に提出した場合には翌々月中旬)にMy Wasedaの「本人名義口座」に登録された口座に振込。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/student/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる