Center for Higher Education Studies早稲田大学 大学総合研究センター

News

早稲田大学ティーチングアワード受賞者(2020年度春学期)

この度、2020年度春学期の受賞者が以下のとおり決定しましたのでお知らせします。

ティーチングアワード総長賞

賞の概要および賞の贈呈

2021年2月4日に行われる、2020年度「早稲田大学ティーチングアワード」授与式内で総長が授与いたします。

受賞科目・受賞者

推薦箇所 Interview 科目名称 担当教員
社会科学部 話しやすい雰囲気と身近なテーマ設定で、オンラインでも議論中心の授業を実現 Social Development in East and Southeast Asia 1 コーワタナサクン ウッパラット
(社会科学総合学術院
講師)
文化構想学部 オンデマンド授業でも、工夫次第で密にコミュニケーションを取り、クオリティの高い意見交換ができた 社会構築論系演習(共生社会論6) 黒川 悠輔
早稲田大学非常勤講師
理工3学部共通 念願の反転授業に向け、オンデマンドコンテンツ導入の好機となった 社会心理学I 膳場 百合子
(理工学術院 教授)
基幹理工学部 対面vsオンデマンドの対立軸ではなく、ひとつの塊としてより良い教育コンテンツに 複素関数論入門 高橋 大輔
(理工学術院 教授)
創造理工学部 準備中 基礎物理学A 総合機械(2) 湯浅 一哉
(理工学術院 教授)
先進理工学部 未解明の学問を学生とともに学ぶ。学生が「自分ごと」として捉え、「ツボにはまる」分野を見つける場に  脳神経生理・病理学 坂内 博子
(理工学術院 教授)
日本語教育研究科 当初想定していた文字コミュニケーションが中核をなす授業展開とは違っていたが、Zoomによるライブ授業やグループ活動の実施などにより、授業実践に一定の手応えを獲得。学生からの高評価に繋がった  日本語教育実践研究(2) 蒲谷 宏
(国際学術院 教授)
情報生産システム研究科 講義形式でも「聞くだけ」にならないように演習や発表で変化を付ける。活用範囲の広い「問題解決学」も好評  システム工学 大貝 晴俊
(理工学術院 教授)
会計研究科 多様なツールで質問を受け付け、学生のニーズを把握。試験の先にあるハイレベルな学びの機会を提供 管理会計I (1) 目時 壮浩
(商学学術院 准教授)
経営管理研究科 「話したい」ではなく「聞いてもらう」。意識を変えれば工夫も生まれる 企業の経済学(夜間主) 入山 章栄
(商学学術院 教授)
グローバルエデュケーションセンター 教員とクラスメートからの徹底した個別フィードバックで、発見型の学びを体験させる 学術的文章の作成とその指導 2 02クラス 坂本 麻裕子
(グローバルエデュケーションセンター 准教授)

 

ティーチングアワード

賞の概要および賞の贈呈

科目設置箇所の学術院長または研究教育センターの長が授与します。

 受賞科目・受賞者

推薦箇所 科目名称 担当教員
理工3学部共通 独語初級IB 春期木2荒井 荒井 泰(早稲田大学非常勤講師)
理工3学部共通 Communication Strategies 1 月1ファーマー ファーマー ジェームス アンドリュー
(早稲田大学非常勤講師)
基幹理工学部 精密工学 岩瀬 英治(理工学術院 教授)
竹澤 晃弘(理工学術院 准教授)
基幹理工学部 情報通信ネットワークA 森 達哉(理工学術院 教授)
創造理工学部 材料力学B 本郷 照久(早稲田大学非常勤講師)
創造理工学部 技術者倫理と社会システム 柴山 知也(理工学術院 教授)
先進理工学部 生命化学A 小出 隆規(理工学術院 教授)
先進理工学部 生物有機化学 ドド 孝介(早稲田大学非常勤講師)
日本語教育研究科 年少者日本語教育論 本間 祥子(早稲田大学非常勤講師)
情報生産システム研究科 レーザ工学 硴塚 孝明(理工学術院 准教授)
経営管理研究科 財務分析と財務管理[全日制] 西山 茂(商学学術院 教授)
経営管理研究科 人材・組織(全日制) 堀江 徹(早稲田大学非常勤講師)
グローバルエデュケーションセンター 数学基礎プラスα(金利編)03 高木 悟(グローバルエデュケーションセンター 教授)
曽布川 拓也(グローバルエデュケーションセンター 教授)
野口 和範(グローバルエデュケーションセンター 講師)
村尾 智(グローバルエデュケーションセンター 講師)
グローバルエデュケーションセンター 日本のことばと文学(基礎)1 水藤 新子(早稲田大学非常勤講師)

 

早稲田大学ティーチングアワードとは

TeachingAward_emblem200px2014 年度より、優れた教育方法と創意工夫の普及により教育の質のさらなる向上をはかるとともに、学生授業アンケートの活用とその質的向上を目指す一環として、優れた教育を実践している教員に対して早稲田大学ティーチングアワードを授与しています。本学の正規科目を担当する教員を対象に、科目を設置する学部、研究科および研究教育センターごとに受賞者が選出されます。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/ches/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる