Center for Higher Education Studies早稲田大学 大学総合研究センター

About the Center

大学総合研究センターについて

Overview

活動内容

センター設置目的

ミッション

早稲田大学大学総合研究センターは、2014年2月1日に設置され、本学の教育、研究、経営の質的向上に資する自律的・持続的な大学改革を推進するために、大学の理念に基づき、高等教育に関する研究および授業方法の企画・開発・普及促進とその実践を支援することをミッションとして掲げています。

センターの活動

センターは、ミッションを達成するため、以下の活動を行っていきます。

  • 本大学の入学試験を含む高等教育に関する研究および調査
  • 本大学の社会的役割と教育成果に関する恒常的な評価・点検
  • 本大学の自律的な大学改革の推進と自己点検・評価への支援
  • 本大学の教育および経営に係る各種データの収集・分析ならびに提供
  • ICT・遠隔教育を基盤とした教育手法の研究開発および普及促進
  • その他先駆的な教育手法に関する研究開発および普及促進
  • 教員の教育能力開発に関する事業の企画および推進
  • 授業改善のためのワークショップ、研修プログラム等の企画、開発および運営
  • 教育内容公開に関する事項
  • 授業コンテンツ制作のための著作権処理および授業コンテンツの著作権管理
  • 国内外の教育研究機関および企業等との共同プログラムの実施
  • センターの諸活動、成果の社会への発信・広報
  • 研究、教育および調査の受託
  • その他センターの目的達成に必要な事項

活動内容

大学総合研究センターは、高等教育研究部門ならびに教育方法研究開発部門の2つの部門を設置し、以下の活動を行っていきます。また、年度ごとに事業計画を策定し、各種活動を行っていきます。

高等教育研究部門

  • 本大学の入学試験を含む高等教育に関する研究および調査
  • 本大学の社会的役割と教育成果に関する恒常的な評価・点検
  • 本大学の自律的な大学改革の推進と自己点検・評価への支援
  • 本大学の教育および経営に係る各種データの収集・分析ならびに提供
  • センターの諸活動、成果の社会への発信・広報
  • 研究、教育および調査の受託

教育方法研究開発部門

  • ICT・遠隔教育を基盤とした教育手法の研究開発および普及促進
  • その他先駆的な教育手法に関する研究開発および普及促進
  • 教員の教育能力開発に関する事業の企画および推進
  • 授業改善のためのワークショップ、研修プログラム等の企画、開発および運営
  • 教育内容公開に関する事項
  • 授業コンテンツ制作のための著作権処理および授業コンテンツの著作権管理
  • 国内外の教育研究機関および企業等との共同プログラムの実施
  • センターの諸活動、成果の社会への発信・広報
  • 研究、教育および調査の受託

2017年度事業計画

  1. 高等教育研究
    ・高等教育研究委員会における「全学教育のあるべき姿」の議論を踏まえ、「全学教育を担うべき組織論」に議論を発展させる。またこれまでの議論の結果を提言としてまとめたうえで、関連する箇所に提案する。
    ・高等教育研究委員会の拡大版を年2回程度開催し、学内教職員が高等教育の課題について自由に議論できる場を設ける。また学外に開かれたシンポジウムを年1回以上開催する。
  2. IR機能の強化
    ・早稲田大学におけるEM(Enrollment Management)IRの全体像を整理し、実現に向けたロードマップを策定する。
    ・IR担当者連絡会においてEMIR実施のために必要なデータ収集・管理のための仕組み・体制整備に向けた調整を進める。
    ・EMIR実施のために必要なデータ項目にもとづいた分析用のデータセットを整備する。
    ・分散型IR実施のための手引きを作成し、学内で共有する。
    ・IRに必要なデータ分析スキル習得のための研修をSDプログラムとして開発する。
    (Waseda Vision 150核心戦略12関連)
  3. 新たな教育手法の研究開発および普及促進
    ・大総研研究プロジェクト(統計モジュール展開PJ、リーダーシップ育成の研究・開発PJ、反転授業に関する実証研究PJ)について、研究計画に沿って進める。
    ・2016年度に作成した「Active Learning Navi」等を活用し、Good PracticeやTips、具体的な活用事例を学内外に公開する。
    ・高度授業TAの活用事例を共有し、より高度な教育手法の導入を促進する。
    ・シラバスシステムを授業の実態把握、成果測定ならびに情報発信のツールとして位置づけ、要件を整理する。
    ・課外活動DBやポートフォリオと連動した新たな教育手法の開発について計画を策定する。
    (Waseda Vision 150核心戦略4関連)
  4. 教育効果の測定と改善
    ・学生授業アンケートの分析方法を見直す。
    ・学生授業アンケートの回答率向上に向け、システム変更も含め具体的な施策を検討する。
    ・高度授業TAの評価を実施する。
    ・学習データ分析(Learning Analytics)の要件を整理し、研究計画を策定する。
    ・学修行動、課外活動を振り返るツールとしてeポートフォリオの活用を推進する。
    ・ジェネリックスキルテスト(PROG等)のトライアルを実施し、ポートフォリオとの連携を視野に、導入可否(可の場合はその方式)を決定する。
  5. 教育能力開発(FD/SD)に関する事業の企画および推進
    ・全学FDコンテンツならびに高度授業TA教育プログラムについて拡充ならびに改善を進める。
    ・海外派遣型FDプログラムについて、派遣前のアクティビティ、帰国後の継続した活動等も含めた体系化を進める。
    ・夏のワンデイFDに代わる新規プログラムの開発を進める。
    ・ティーチングコミュニティ「Faculty Café」について、英語版を実施する。
    ・Faculty CaféのFacebookページを開設し、常時参加できない教員との情報共有の仕組みを構築する。
    ・優れた教育を実践した教員を顕彰し、その教育方法や創意工夫の普及展開を促進する目的でティーチングアワードならびにe-Teaching Awardを実施する。ティーチングアワードは実施箇所の拡大、e-Teaching Awardはエントリー数の増加を目指す。
    ・相互授業見学について受け入れ科目数の増加をはかりつつ、円滑な運営を実現するためのシステム・体制を整備する。
    ・UW-WasedaジョイントプログラムにおけるFDプログラムの共同開発に向けた具体的なアクションプランを策定し、実行に移す。またラーニングアナリティクスに関する共同研究について計画を策定する。
    (Waseda Vision 150核心戦略4関連)
  6. 教育と学修内容の公開
    ・Contents Creation Studio(旧Waseda-net Commons)の活用促進をはかり、レジュメや教材等の公開コンテンツ拡充をはかる。
    ・MOOC(edX/JMOOC)コースの配信により国内外に本学の優れた教育内容をアピールするとともに、MOOC用に製作したコンテンツの学内における活用を進める。
    ・大学体験Webサイトの充実をはかり、受験生ならびに保護者などに向けた教育と学修内容の公開を進める。
    ・「人間的力量の増進PJ」と連携し、ポートフォリオの利用促進をはかる。
    ・学生の学習成果発表の場として、オンラインプレゼンテーションコンペティション(Japan Korea Global Presentation Competition、Waseda Vision 150 Student Competition)を開催する。
    (Waseda Vision 150核心戦略3関連)
  7. センターの諸活動、成果の社会への発信・広報
    ・本センターの活動ならびに研究成果をWebサイト上で適宜発信する。
    ・SNS等を活用し、タイムリーな情報提供を行う。
    ・本センターの取り組みを広く学内外に発信することを目的としたフォーラム、シンポジウム等を開催する(DCCフォーラムとの共催を含め年間8回程度の開催を目指す)。
    ・本センターの設立後3年間の成果を総括し、公開する。

事業報告

調査・報告(CHEIR)

調査・報告(CTLT)

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/ches/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる