Faculty of Science and Engineering早稲田大学 理工学術院

News

ニュース

バーミンガム大学コーパス研究センター マーバーグ教授とトムソン准教授 シンポジウム・講演会「コーパス言語学から学術と文学的言説を考察する」 (2017/1/19)

170119_symposium01170119_symposium02

早稲田大学・バーミンガム大学の学術連携の一環として、バーミンガム大学コーパス研究センターのマーバーグ教授とトムソン准教授を早稲田大学に招き、シンポジウム・特別講演会を開催します。マーバーグ教授はInternational Journal of Corpus Linguisticsの編集長を勤め、Charles Dickens文学をはじめ、コーパスと文学を結ぶ第一人者として、両研究分野に大きな影響を与えています。トムソン准教授はJournal of English for Academic Purposes の編集長を勤め、各専門分野の言語特徴を明らかにする多くの研究プロジェクトに参加されています。

日時:2017年1月19日(木) 15:10-18:00

会場:早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館1階 第一会議室
※西早稲田キャンパスマップ https://www.waseda.jp/fsci/access/

言語:英語 ※ 通訳はありません

対象:学生、教職員、一般

参加費:無料

主催:早稲田大学理工学術院英語教育センター

申し込み先:https://goo.gl/forms/5sBktR6lNOC2JUKz1 (先着60名)

問い合わせ先: アントニ ローレンス(教授)
早稲田大学理工学術院英語教育センター
anthony@waseda.jp

Dates
  • 0119

    THU
    2017

Place

早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館1階 第一会議室

Tags
Posted

Wed, 28 Dec 2016

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる