Graduate School of Political Science早稲田大学 大学院政治学研究科

For Current Students

在学生の方へ

Petition for Doctoral Degree

博士学位申請について

分析手法認定試験

領域修了試験/基礎習得認定試験

2019年度 政治学研究科運営委員会日程

論文指導委員会の申請、博士学位申請論文提出前発表会の申請、博士論文提出・受理、最終口頭試問、博士論文審査には、政治学研究科運営委員会での審議が必要です。
会議日程をよく確認の上、各種申請を行うようにしてください。

2019年度 政治学研究科運営委員会日程

春学期
4月 17日(水)
5月 22日(水)
6月 26日(水)
7月 17日(水)

 

秋学期
10月 2日(水)
11月 20日(水)
12月 11日(水)
1月 15日(水)
2月 12日(水)、26日(水)

論文構想試験

博士学位申請論文提出前発表会

博士学位申請

その他の様式

規定

1.課程による者の博士学位(課程博士)

博士後期課程に3年以上在学し、所定の研究指導を受けた上で、博士学位申請論文の審査に合格した者には、博士学位が授与されます。また、博士論文を提出しないで退学した者のうち、博士後期課程に3年以上在学し、かつ必要な研究指導を受けた者は、退学した日から起算して3年以内の論文提出に限り、政治学研究科運営委員会の許可を得て、博士学位申請論文を提出し審査を受けることができます。この審査に合格した場合、課程博士として博士学位が授与されます。

2.課程によらない者の博士学位(論文博士)

上記の課程博士の条件にあてはまらない場合でも、博士学位論文を申請することができます。政治学研究科運営委員会の議を経て学位申請が受理されたとき、学位論文の審査および試験または学識の確認を受けることができます。ただし、提出される論文は、以下に示される博士論文の形式要件および実質的な内容上の要件を満たしたものでなければなりません。なお、学位論文の審査および試験または学識の確認を受ける場合には、審査料が発生します。詳細は政治学研究科事務所までお問い合わせください。(政治学研究科事務所:03-3208-8534)

3.関連事項

博士学位申請に関する詳細は、研究科要項p37~43を必ず確認してください。

4.博士後期課程 研究計画および指導記録書の提出

2015年度より、博士後期課程に在学する学生は、下記の要領で『博士後期課程 研究計画および指導記録書』を政治学研究科事務所へ提出することとなっています。

■「博士後期課程 研究計画および指導記録書」作成要領

 様式 (←クリックすることでダウンロード可)により作成してください。

各項目の行数、改頁位置などレイアウトは変更しても構いませんが、項目の削除、順序の入替などは行わないでください。

■メイン・アドバイザーの承認
フォーマットの文末にある「メイン・アドバイザーの承認」欄に、メイン・アドバイザーの署名を得てください。
■更新時期
提出期限は※各学期末【春学期:9月20日】【秋学期:3月31日】
※学期末が事務所閉室日の場合は、直前の事務所開室日とする

■提出場所
政治学研究科事務所

5.政治公法研究

政治学および公法学に関する研究の増進を目的に、年3回博士後期課程の学生の論文を冊子にして刊行しています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fpse/gsps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる