Graduate School of Political Science早稲田大学 大学院政治学研究科

For Current Students

在学生の方へ

Student Life

学生生活について

MyWaseda

学生・教職員・卒業生のすべての人が利用する早稲田大学のポータルサイトです。

各種申請

学生証再交付

研究科事務所にて手続きができます。再交付は「破損」「紛失」「磁気不良」「写真交換(在学中1度だけ可能)」「改姓(名)」が対象となります。

必要書類:身分証明証、写真(カラー、脱帽、縦4cm×横3cm) 1部※写真交換の場合のみ

再交付手数料:「破損」「紛失」の場合・・・ 2000円
「磁気不良」「写真交換」「改姓(名)」の場合・・・ 無料

※申請から再交付まで、3-4日(土・日を含まず)程度かかります。この間、学内施設は利用できますが、定期券の購入、学割証の発行はできません。

※同一年度内に、二度以上「破損」「紛失」をした場合には、保証人の署名・捺印が必要です。

 住所、連絡先の変更

現住所や連絡先(携帯電話など)を変更した場合には、必ずMyWasedaから変更手続きを行ってください。

  • 住所を変更した場合は、MyWasedaでの変更手続き後、研究科事務所まで裏面シールを受け取りに来てください。

保証人等

保証人・学費支払者に変更(住所変更を含む)が生じた場合は、研究科事務所にて手続きをしてください。

学費支払口座変更

銀行・口座名義・口座番号等に変更が生じた場合は、必ず研究科事務所で所定様式の書類を受け取り、変更手続をしてください。

  • 申請時期により、学費引落日に変更手続きが間に合わない場合があります。

振込口座届(本人名義の入金専用口座)

銀行・口座名義・口座番号等に変更が生じた場合は、必ずMyWasedaから変更手続をしてください。

  • 申請時期により、入金が遅れる場合があります。

改姓(名)

婚姻等により姓名を変更した場合には、所定用紙に必要事項を記入の上、戸籍抄本と共に研究科事務所への提出と手続きを行ってください。

※改名後、旧姓の使用を続けたい場合は、通称名使用願の提出も必要となります。上記手続きの際に、事務所にて申し出てください。

出張願および海外旅行保険申込書

出張願

指導教員の指示によって学会への出席または学術研究等のために出張する際は、出張願をご提出ください。
出張願の提出により、早稲田大学学生補償制度への届出を兼ねることになります。

出張願(国内用)
出張願(海外用)

海外旅行保険

海外への出張の場合は、大学指定の海外旅行保険への加入が必須です。海外旅行保険申込書は研究科事務所で受け取りの上、出張願とともにご提出ください。
(詳しくはこちらの「危機管理強化対策について」をご確認ください。)

委任状

代理人による諸手続、書類の受領をするために作成するものです。委任者は学生証の写しを添付し、代理人は身分証明証の提示が必要です。

  • 代理人による手続ができない場合もありますので、事前に研究科事務所までお訊ねください。

各種証明書

成績証明書等

「成績証明書」「修了見込証明書」「成績・修了見込証明書」「GPA証明書」「健康診断書」は、自動証明書発行機で発行できます。発行手数料は、1通200円(健康診断書は1通300円)です。

  • 自動証明書発行機での各種証明書の発行には、学生証 および MyWaseda IDのパスワードが必要となります。
  • 証明書によっては、発行可能な期間が制限される事があります。
  • 自動証明書発行機の設置場所・稼働日時については、下記の「ITサービスナビ」からご確認ください。

学割証

自動証明書発行機で発行きます。発行手数料は無料です。

  • 1日4枚、年間10枚まで発行できます。
  • 自動証明書発行機での各種証明書の発行には、学生証 および MyWaseda IDのパスワードが必要となります。
  • 科目等履修生は、学割対象外のため利用できません。
  •  自動証明書発行機の設置場所・稼働日時については、上記の「ITサービスナビ」からご確認ください。

通学証明書

基本的には、学生証の裏面が通学証明書となっていますので、個別発行の必要はありません。しかし、別紙で必要な場合(一部バス会社等)は、研究科事務所にて即日発行します。申請の際には学生証の提示が必要です。

  • 科目等履修生は、学割対象外のため利用できません。

学費納入

口座振替による学費納入について

学費引落口座を登録している場合、年に2回、大学より「学費等口座振替通知書」が学費支払者宛に発送されます。 請求金額と支払期限を確認し、口座振替の前日までに届出口座へ入金してください。

対象期 「学費等口座振替通知書」発送日 口座振替 対象
春学期 2017年4月18日 2017年5月2日 正規生
2017年6月17日 2017年7月1日 延長生、実質正規の延長生*、未納額のある正規生
秋学期 2017年9月20日 2017年10月3日 正規生
2017年11月18日 2017年12月1日 延長生、実質正規の延長生*、未納額のある正規生

 

  • 休学・留学期間を含めて所定年限(修士課程 2年間/博士後期課程 3年間)を超えて在籍している場合は、「実質正規の延長生」となります。

学費の督促について

学期毎に定められた期限までに学費等を納入されていない場合には、督促の振込用紙が対象者全員に送付されます。お手元に届き次第、すみやかに入金してください。

対象期 発送日 対象
春学期 7月21日 6月30日時点未納者
秋学期 12月20日 11月30日時点未納者

 学費延納願

当該学期の所定期間までに学費納入が間に合わない場合は、以下より「学費延納願」をダウンロードのうえ、必要事項を記入し大学院政治学研究科事務所までご提出ください(Eメール不可。事務所提出のみ)。

休学

病気、語学留学、経済的事情などの正当な理由により、引き続き2ヶ月以上授業(試験を含む)に出席することができない場合、所定の手続き・承認を得て「休学」することができます。
休学期間・申請期間については下記「休学願に関する注意事項」を参照してください。

退学

病気その他の理由によって退学しようとする者理由を具し、保証人連署また指導教員の署名・ご捺印の上、願い出てください。

手続き方法

「退学願」(所定用紙)に必要事項を記入してください。
提出は「退学願」に学生証、ロッカーの鍵を添えて、研究科事務所に持参または郵送(書留)してください。

学費

学年の中途で退学する場合でも、在学する期の学費を納めなければなりません。学費が納入されていない場合は、抹籍扱いとなり、最終の学費が納入された学期末に遡っての退学となります。

春学期は4月14日まで、秋学期は9月30日までに退学届を提出すれば、当該学期の学費は発生しません。

再入学について

一度退学した学生が再度入学することを言います。再入学は、退学時の退学理由が、解決・解消されていることが条件になります。また、再入学後の残り在学年数で卒業・修了できることが前提となります。再入学時期の制限は、退学した翌年度から起算して修士課程の場合は4年度、博士課程の場合は5年度までとなります。

再入学の日付は、4月1日あるいは9月21日となります。 再入学を希望する場合は、春学期再入学は前年の11月末まで、秋学期再入学は4月末までに研究科事務所までご相談ください。

延長生

標準修業年限内に学位を取得することができない場合は、引き続き、延長生として在学することが可能です。延長生としての在学可能期間は次の通りです。

課程 標準修業年限 延長可能期間
修士課程 2年間(4学期) 2年間(4学期)
博士後期課程 3年間(6学期) 3年間(6学期)

延長期間を経ても学位を取得することができない場合は、「在学年数満了」となり本学学生の身分を失いますのでご注意ください。

延長生の学費【修士課程・博士後期課程】

学費 不足単位数 徴収する額
授業料 修士論文もしくは博士論文(以下「修士論文等」という。)の審査に合格している者 修了に必要な単位を取得していない者 延長生と同一研究科の同一専攻に在学する当該研究科において設定される標準修業年限の最高学年度の学生(以下「延長生学費等算出基準学生」という。)が支払う金額の50%に相当する金額
修士論文等の審査に合格していない者 前学期終了時までに修了に必要な単位を取得している者 延長生学費等算出基準学生が支払う金額の50%に相当する金額
不足単位数が14単位以下 延長生学費等算出基準学生が支払う金額の70%に相当する金額
不足単位数が15単位以上 延長生学費等算出基準学生が支払う金額と同額延長生学費等算出基準学生が支払う金額と同額
教育環境整備費 延長生学費等算出基準学生が支払う金額の50%
演習料および実験演習料 延長生学費等算出基準学生が支払う金額と同額
 不足単位数とは

考え方:修了所定単位数に対する不足単位数を表します。例えば、修了所定単位が32単位である研究科において、修士論文審査に合格しておらず、前学期終了時点で30単位を取得している延長生学生の場合、不足単位は2単位として計算され、授業は所定額の70%となります。

在留資格

在留資格全般に関する情報は、留学センターのWebサイトよりご確認ください。

健康

早稲田大学には、学生の健康をサポートする 保健センター があります。
保健センターでは、皆様が健康な状態で大学生活を送るとともに、在学中に生涯を通じて心身の健康を自己管理できる能力を身につけられるよう援助しています。

補助費(博士後期課程学生)

博士後期課程学生向けの各種補助費については、早稲田大学研究ポータルサイトにてご確認ください。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fpse/gsps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる