Graduate School of Political Science早稲田大学 大学院政治学研究科

About the School

研究科について

Political Science Course

政治学コース

人材育成像

新たな世界標準の政治学方法論と日本と世界の政治についての深い理解とを兼ね備えた研究者の養成を目指しています。また同時に、マスター・サイエンスとしての政治学の専門知識を身につけて、公正な地球社会の構築のために様々な分野においてリーダーシップを発揮し、望ましい地球社会の構築に向けて、構想を世界に発信し、志をもってその実現に努力する実践的人材の養成を目指しています。

政治学を専門とする幅広い教授陣

一言に政治学といっても、複雑な事象を分析するためには様々なアプローチが必要となります。本コースには多様な専門分野において国内外の学会をリードする研究者が所属し、研究活動および教育にあたっています。

徹底した「方法論」教育

経験的方法、数理分析、規範理論の3つを教授する方法論3科目(下記参照)を修士課程の必修としています。これらの方法論を習得することで、深みの増した、より独創的な先端的研究を進めることができます。また、それぞれの方法論に沿った「分析手法認定試験」を実施しており、博士後期課程へ推薦入試にて入学しようとする場合は、本試験の合格が必須となります。また、博士後期課程から本研究科へ入学した場合も、本試験の合格は必須となります。

 方法論必修3科目の概要

「政治学研究方法(経験)」

実証的な政治分析を行うための方法論を学んだ上で、実際の政治分析を取り上げて、それを方法論的な視点から検討します。

「政治学研究方法(数理)」

政治理論を厳密な形で構築する方法を学びます。政治学の代表的な数理方法論であるゲーム理論の説明に多くの時間を割くほか、確率論や公理などを使って理論を構築するアプローチも紹介します。

「政治学研究方法(規範)」

概念(concepts)の適切な理解と使用のための、哲学的な読み方、書き方、考え方の技法を「概念分析(conceptual analysis)」と呼びます。この技法を習得することを目的としています。

「研究領域制」と「合同研究指導」

5つの研究領域を軸として、科目編成および研究指導を実施しています。学生は入学後、いずれかの研究領域に所属します。研究領域毎に所属する教員の全員参加のもとで行われる「合同研究指導」により、開かれた指導体制を確立しています。また、所属する研究領域内の教員からメイン・アドバイザーを決定し、毎週行われるメイン・アドバイザーのセミナーにおいて、より専門的な個別の研究指導を受けることができます。

研究領域名

研究領域概要

現代政治研究領域 現代政治学の諸理論の探求と現代日本政治の分析、アメリカ・イギリスといった先進国の比較現代政治分析を行います。その中にはメディアやコミュニケーションの理論と分析も含まれます。
政治思想・政治史研究領域 西洋および日本の政治思想史と現代の規範的政治理論について探求を行います。政治史や政治思想に密着した憲法も同時に学ぶことが大きな特徴です。
比較政治研究領域 世界各地域の政治を、比較と歴史の視座から分析します。世界の中の日本という視点をもって政治の現在に、実証を含む多様なアプローチを試みます。
国際関係研究領域 国際政治、国際関係論、国際政治史、外交史を専門として、国際関係の理論や歴史を学び、現代の国際関係の分析を行います。国際関係をグローバルな視座でとらえ、歴史的、思想的、理論的に探求していく研究方法が特徴です。
公共政策研究領域 行政学、自治行政学、国際行政学などを通じて、ローカルからグローバルなレベルにわたって、行政の理論や政策の分析を、行政法、政治機構・制度などの研究とも関連させながら探求します。

修士課程修了要件および科目紹介

科目区分毎に必要な単位数が設定されており、合計で32単位(社会人入試による入学者は30単位)を習得し、修士論文審査に合格しなければなりません。研究領域毎に科目が豊富に設置されていますので、各自のテーマならびに将来設計に応じて自身の専門知識を高めることができます。詳細はこちらをご覧ください

博士まで5年一貫の指導プロセス

博士学位取得を志し、修士課程から博士後期課程への内部進学を希望する学生向けに、5年間の一貫教育プログラムが設定されています。原則として修士1年次に方法論科目で先進的研究を行うための基礎体力である分析手法を鍛えます。修士2年の第一学期までに「分析手法認定試験」に合格している場合に、修士課程修了時の修士論文審査において同時に博士後期課程への推薦入学選考を受けることが可能です。

博士学位取得までのロードマップ

博士学位を取得するまでにいくつかのチェックポイントを設け、研究を推進するためのロードマップを提示しています。1年次には研究分野に直接・間接的に係わる必読文献のリストを配付し、その習熟度を測る「領域修了試験」を実施します(一般入試にて博士後期課程から本研究科に入学した場合は、「分析手法認定試験」の合格も必須となります)。2年次の中頃には、博士論文執筆へ向けて論文構想が妥当であるかを見極める「論文構想試験」を実施し、研究の方向性を確認します。博士論文の審査にあたっては、論文審査委員会を設置し、厳正かつ公正に行われます。研究の適正な進捗を支援し、早期に博士学位取得を可能にする仕組みです。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fpse/gsps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる