School of Law早稲田大学 法学部

News

松澤 伸教授が「Methodology of Criminal Law Theory: Art, Politics or Science?」を上梓しました

 

松澤 伸教授著の「Methodology of Criminal Law Theory: Art, Politics or Science?」が刊行されました。

【著者】松澤伸=キンモ・ヌオティオ編
【内容説明】本書は、松澤教授が行った基調報告に対して、デンマークのエルホルム教授、スウェーデンのアスプ教授が返答報告した国際シンポジウムを元にして編集された書籍であり、北欧、ドイツ、中国、イタリアの第一線の研究者が会して、刑法学の方法論について論じています。早稲田から発信された理論が、国際的な議論を喚起する注目すべき書籍です。
【出版社】Nomos/Hart
【出版年月】2021年6月
【ISBN】978-3-8487-6377-1

なお、本書は、電子書籍のフォーマットでも公刊されています。
出版社のリンクはこちらです。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/folaw/law/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる