School of Law早稲田大学 法学部

For Current Students

在学生の方へ

Grades

成績情報

お知らせ

成績の表示

登録科目につき、出席時間数が授業時間数の3分の2以上である学生に対しては、試験・レポート・授業中の小テスト等を総合して成績が評価されます。なお、その成績が合否判定により合格となった場合は、所定の単位が与えられます。
成績は以下の表示によります。法学部では、評価のみの発表で点数の公表は行っていません。

成績通知書の表示 成績証明書の表示 内容 合否 再試験
受験資格(2015年度以前入学者対象)
2005年度以前入学者 2006年度以降入学者
A+ A+ 100点 ~ 90点 合格
89点 ~ 80点
79点 ~ 70点
69点 ~ 60点
59点 ~ 0点 不合格
【外国語科目】
・出席日数は足りるが 、試験を欠席した場合など
【一般・専門教育科目】
・試験欠席
・評価に必要な要件を欠く
(出席日数、試験、レポート、授業中の小テスト等を総合したうえで、評価に必要な要件を欠いている)

※他箇所設置科目については、上記「内容」記載の基準にて評価されるとは限りません。

GPA証明書について

2009年度以前入学者

GPAは、2010年度以降の入学者に対応している制度です。2009年以前入学者へのGPA証明書の発行はできません。 その旨に関する説明文書は、以下よりダウンロードできます。

【和文】
【英文・English】

2010年度以降入学者

自動証明書発行機より証明書の発行が可能です。(1通200円)
※卒業後は法学部事務所での発行になります。(1通300円)

【GPA算出方法】
科目の成績評価に対して、グレートポイントと呼ばれる換算値(A+は4点、Aは3点、Bは2点、Cは1点、不合格は0点)が決められています。それぞれの「科目の単位数」と「成績評価グレートポイント」の積の総和を「総登録単位数」で割って、スコア化したものがGPA(グレートポイントアベレージ)です。総登録単位数には、不合格科目の単位数も含まれます。
これを式で表すと次のようになります。

(「A+」の修得単位数×4)+(「A」の修得単位数×3)+(「B」の修得単位数×2)+(「C」の修得単位数×1)
                総登録単位数(A+,A,B,C,F,H,G

※GPAは、小数点第2位まで表示します(小数点第3位は四捨五入)。
※GPAは卒業参入単位のみを対象とします(自由科目は含みません)。
※不可科目(F,H,G)も総履修単位数(分母)に含みます。
※成績証明書には、GPAは記載されません。

卒業要件について

法学部では、原則として4年以上(ただし8年を超えることはできない)在学し、所定の卒業単位を修得した者を卒業とし、学士(法学)の学位を授与します。卒業要件については、以下のチェックシートを参照してください。

法学部卒業要件 チェックシート【2013年度以降入学者用】

法学部卒業要件 チェックシート【2006年度~2012年度入学者用】

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/folaw/law/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる