Graduate School of Letters, Arts and Sciences早稲田大学 文学研究科

News

ニュース

『文学研究科紀要 第66輯』(2020年度)

早稲田大学大学院 文学研究科紀要 第66輯

2021年3月15日発行、ISSN2432―7344

文学研究科紀要はWebのみによる公開となります。冊子体での発行はございません。

[哲学] [東洋哲学] [心理学] [社会学] [教育学] [日本語日本文学] [英文学] [フランス語フランス文学][ドイツ語ドイツ文学] [ロシア語ロシア文化] [中国語中国文学] [演劇映像学] [美術史学] [日本史学][東洋史学] [西洋史学] [考古学] [文化人類学] [表象・メディア論] [現代文芸] [中東・イスラーム研究] [国際日本学]

哲学 Philosophy

■ 小林 信之 Nobuyuki KOBAYASHI

カントにおける目的なき合目的性について

Zur Zweckmäßigkeit ohne Zweck bei Kant

■ 西山 達也 Tatsuya NISHIYAMA

Erzähl mir keine Geschichten ! ──ジャック・デリダによる『存在と時間』読解──

Erzähl mir keine Geschichten ! : Derrida lectueur de Sein und Zeit

■ Ayumu SHIGETA

New Method for the Analytic Interpretation of Kant: Comparing Three Forms of Neo-Meinongian Readings

■ 道下 拓哉

カント実践哲学と「反省」の問題

Kant’s Practical Philosophy and the Problem of “Reflection”

優秀修士論文概要

東洋哲学 Asian Philosophy

■ 渡邉 義浩 Yoshihiro WATANABE

李延壽「南北史」の大一統

Viewing the Great Unification from Li Yanshou 李延寿’s “Nan Bei Shi 南北史”

■ 櫻本 香織 Kaori SAKURAMOTO

『南方録』「覚書」冒頭部の仏教思想 ──薪水の修行譚を中心に──

Buddhist Theory of the Beginning Part of “Oboegaki” Nanpōroku: Mainly on the Practice of Being Hewers of Wood and Drawers of Water

■ 田中 亜美  Ami TANAKA

狐と堅牢地神 ──日本における〈狐仮虎威〉説話の受容と『摂寿経』──

Fox and Pr. thivī: The Acceptance of “a fox borrows the power of a tiger” in Japan and Shojukyō

■ 武本 宗一郎  Soichiro TAKEMOTO

最澄教学における廻心向大

Saichō’s Theory of Turning from Hīnayāna to Mahāyāna

優秀修士論文概要

心理学 Psychology

■ 汀 逸鶴  Ifu MIGIWA

知的好奇心が文章情報のもっともらしさの 評価に与える影響

Effect of Epistemic Curiosity on Plausibility of Text Information

■ 吉野 伸哉  Shinya YOSHINO

日本における転居願望とBig Five パーソナリティの関連

Relationships between hope to move and the Big Five personality traits in Japan

社会学 Sociology

■ 石田 光規 Mitsunori ISHIDA

子育て期にある母親の居場所としてのNPO の可能性

The Role of Non-profit Organizations for Child-rearing Mothers

■ 池田 祥英 Yoshifusa IKEDA

リシャールのデュルケーム批判(1894-1905) ──「無意識的社会性」をめぐって──

Richard critique de Durkheim (1894-1905)— à propos de la « socialité automatique » —

優秀修士論文概要

教育学 Education

■ 沖 清豪 Kiyotake OKI

中教審高大接続特別部会における入学者選抜制度改革議論の「揺らぎ」 ──入試の公正性と共通テスト導入をめぐる議論に基づいて──

The “Waver” in Discussions on Reform of the Enrollment System at the Special Subcommittee on the Articulation between Secondary and Higher Education in the Central Council for Education: Based on Debate over the Equity of University Entrance Examination and the Introduction of New Entrance Tests

■ 田 稼之 Jiazhi TIAN

学生の進学動機からみた中国地方重点大学3機関における 教育機会選択の階層間格差

Hierarchical Educational Opportunities’ Selection of Chinese Regional Priority University’s Three Institutions from the Viewpoint of Students’ Admission Motivation

優秀修士論文概要

 日本語日本文学 Japanese Studies

■ 池澤 一郎 Ichiro IKEZAWA

幕末維新期の会津藩士の真情 ──韋軒・弘毅斎・羽峰の漢詩唱和──

Some real feelings of warriors in Aizu-Han between at the end of the Edo period and at the time of Meiji Restoration — Some Chinese Poems in chorus written by Akizuki Kazuhisa, Nanma Tunanori and Okudaira Kensuke —

■ 陣野 英則 Hidenori JINNO

『堤中納言物語』「思はぬ方にとまりする少将」論 ──多様な女房たちの標本──

Taking a Closer Look at “The Lieutenants Who Lodged in Unexpected Quarters” from Tsutsumi Chūnagon monogatari: On the Various Ladies-in-Waiting as (Anti-)Role Models

■ 石丸 純一  Juinichi ISHIMARU

春景の松──『懐風藻』松の表現をめぐって──

Pine tree in spring scenery: Poetic expression of pine in ancient Japanese literature

■ 林 宇 Yu LIN

上代文学における「露」の変遷──万葉集を中心に──

Transition of “Tsuyu” in Jōdai literature ― Mainly on Manyoushu ―

■ 穴井 潤 Jun ANAI

別本『忠盛集』と平経盛 ──家集形態の時代性と忠盛敬仰の意識──

Another manuscript Tadamori shu (Taira Tadamori’s poetry book) and Taira Tunemori: The epochal consequence of form of poetry book and The consciousness that respect to Tadamori

■ 甲斐 温子 Atsuko KAI

中御門宣胤の『万葉集』研究 ──『万葉類葉抄』における付訓の様相──

Nakamikado nobutane’s Study of Manyoshu: Focusing on the Way of Reading ‘Waka’ Poetry in Manyo-ruiyousyou

■李 慶旼 Gyeongmin LEE

明治期小説におけるアスペクト形式 ──「単なる状態」を表す意味を中心に──

On the Aspect Forms of the Literature in Meiji Period: Focusing on the Meaning of State

■森 隆夫 Takao MORI

広瀬旭荘と頼山陽における詠史詩 ──両者による三国詠史詩を読む──

Historical poems of Hirose Kyokuso and Rai Sanyou

■ 山本 有香  Yuka YAMAMOTO

内田百閒の日本郵船時代──台湾旅行を中心として──

Uchida Hyakken in Nippon Yusen Kaisha (NYK Line): Focusing on His Travel to Taiwan Under The Rule of Japanese Empire

■ 姚 瑶  Yao YAO

「あ」系感動詞における語の認定について

On Word Recognition of the “a” Type Interjections in Japanese

■ 榎戸 渉吾 Shogo ENOKIDO

『萬葉集』柿本人麻呂「至二宇治河辺一作歌」考

A study of “A verse composed Kakinomoto no Hitomaro as he arrived Uji Riverfront” in The Man’yōshū

■ 大木 エリカ Erika OHKI

谷崎潤一郎「蘆刈」における幻燈(マジック・ランタン)的イメージの研究 ──〈異界〉へ向かう視線──

The Image of Magic Lantern in Tanizaki Jun’ichirō’s Ashikari

優秀修士論文概要

英文学 English Studies

■ 岡田 俊之輔  Shunnosuke OKADA

カーライルのマホメット論を讀むサイード ──『オリエンタリズム』への註釋を兼ねて──

Thomas Carlyle on Mahomet, Read by Edward Said: Annotating Relevant Paragraphs of Orientalism, Ch. 2, §III

■ 皆本 智美 Tomomi MINAMOTO

シャーロット・ブロンテの『ジェイン・エア』における 「心の目」と感情

The ‘Spiritual Eye’ and Emotion in Charlotte Brontë’s Jane Eyre

■ 篠原 健吉  Kenkichi SHINOHARA

キャリバンの夢

Caliban’s Dream

■ 井上 菜々子 Nanako INOUE

Kurt Vonnegut のSlaughterhouse-Five における 覇権的男性性言説への批判について

Kurt Vonnegut’s Criticism against the Discourse of Hegemonic Masculinity in Slaughterhouse-Five

優秀修士論文概要

フランス語フランス文学 French Studies

■ 瀬戸 直彦 Naohiko SETO

ダウデ・デ・プラダスの「教訓詩」(PC 124, 2)について ── tozeta という単語の意味──

Dompna, piucella et soudadieira — sur une pièce didactique de Daude de Pradas (PC 124, 2)

■ Odile DUSSUD

« Non sapio mendacia » ── aspects littéraires de la critique de Nicolas Gueudeville contre le Télémaque de Fénelon ──

■ 佐々木 匠 Takumi SASAKI

アルベール・カミュ作品における視線

Sur le regard dans l’oeuvre d’Albert Camus

■ 早川 卓亜   Takua HAYAKAWA

エドゥアール・グリッサン初期作品研究 ──最初期の詩風の変化をめぐって(1946-55年)──

Une étude sur l’évolution de la poésie d’Édouard Glissant : autour de ses premiers poèmes de 1946 à 1955

■ 馬越 洋平   Yohei UMAKOSHI

「詩の宴」としての『エロディアードの婚礼』 ──「カニバリズム」の転換──

Les Noces d’Hérodiade, en tant que banquet de la poésie — le changement du cannibalisme

■長澤 法幸  Noriyuki NAGASAWA

ボードレール、スウィンバーン、ルネ・ヴィヴィアンの作品に おけるレスボス島の表象

Tryptique lesbien: Essai sur les représentations de l’île de Lesbos chez Baudelaire, Swinburne et Renée Vivien

■ 山本 佳生   Yoshio YAMAMOTO

「豊饒さ」についての一考察 ──『エセー』におけるイメージの使用──

Les images de la “copia” dans les Essais de Montaigne

優秀修士論文概要

ドイツ語ドイツ文学 German Studies

■ 戸嶋 匠 Takumi TOSHIMA

戦間期文学と視覚メディア──トーマス・マン、ホーフマンスタール、 ヘルマン・ブロッホ──

Literatur in der Zwischenkriegszeit und optische Medien — Thomas Mann, Hofmannsthal und Hermann Broch —

優秀修士論文概要

ロシア語ロシア文化 Russian Studies

■ 三浦 清美 Kiyoharu MIURA

府主教フィリップ伝(下) 府主教フィリップへの礼拝の聖歌

The Life of Metropolitan Philip (II) — Translation and Commentary. Liturgy Songs dedicated to Metropolitan Philip

■ 竹内 ナターシャ Natasha TAKEUCHI

F. ソログープの戯曲における「王国」 ──いかに〈詩人〉が世界と関わるか──

«Царство» в пьесах Ф. Сологуба: как «поэт» относится к миру

■ 菅原 彩 Aya SUGAHARA

サロン文化における文学受容: コズロフ『修道士』(1825)をめぐって

Восприятие литературы в салонной культуре:о поэме И. И. Козлова «Чернец» (1825)

■ 安野 直 Sunao YASUNO

ロシアの女性向け大衆小説における女性解放──アナスタシヤ・ヴェルビツカヤ 『幸福の鍵』をめぐって──

Emancipation of Women in the Popular Novels for Women in Russia:On Keys to Happiness Written by Anastasya Verbitskaya

中国語中国文学 Chinese Studies

■ 柯 明 Ming KE

原采蘋の詩における「舟」をめぐって

The “Boat” in Hara Saihin’s Kanshi

■ 張 宇博 Yubo ZHANG

近年の香港映画における「病」の意味 ──『一念無明』、『幸運是我』を例として──

The Metaphor of “Illness” in Recent Hong Kong Cinema:with reference to “Mad World” and “Happiness”

■ 李 家橋 Jiaqiao LI

王国維による元雑劇「杭州中心説」の再考

The re-examination of Yuan-Drama’s “Hangzhou center theory” by WangGuowei

優秀修士論文概要

演劇映像学 Theatre and Film Arts

■ 北原 まり子 Mariko KITAHARA

フォーキン振付《ショピニアーナ/レ・シルフィード》 ──変容する「古典」作品──

Mikhail Fokine’s Chopiniana/Les Sylphides (1907, 1909): Transformations of a classical work through 20th-century ballet’s aesthetic changes

■ 駒井 政貴 Masaki KOMAI

ルイ・ドゥリュック映画の男性性──「文明人」の自画像

La masculinité dans des films de Louis DELLUC—— Un autoportrait de “l’homme civilisé”

美術史学 Art History

■ 児嶋 由枝 Yoshie KOJIMA

日本のイエズス会画派と東アジア:マカオの《聖体顕示台を持つ大天使ミカエル》と マニラの《ロザリオの聖母》

Jesuit “seminário dos pintores” in Japan and East Asia: St. Michael the Archangel Holding a Monstrance in Macau and the Madonna of the Rosary in Manila

■ Tomoyuki MASUDA

The Lectionary Cod. 1 in the Iviron Monastery on Mount Athos and its Encaenia

■ 山本 聡美 Satomi YAMAMOTO

疫病と美術──日本中世絵画に描かれた疫鬼──

Epidemics in Art: The Representation of Disease in Medieval Japan

■ 本間 美紀 Miki HOMMA

ペルシア画家の模写した 「二羅漢図」(メトロポリタン美術館 68.48)について

The Sources for “Two Lohans” (The Metropolitan Museum of Art 68. 48) Copied by Persian Painters

■ 稲葉 秀朗 Hideaki INABA

安陽霊泉寺塔林における「凭几をともなう仏僧像」の意義

The Significance of “Buddhist Monk Statues with an Armrest” of Tomb Towers in Lingquan Temple, Anyang

優秀修士論文概要

日本史学 Japanese History

■ 谷口 眞子 Shinko TANIGUCHI

一八八〇年における西周の国際情勢認識 ──「上隣邦兵備略表」の分析──

Nishi Amane’s recognition of international situation in 1880: An Analysis of “Jo-rimpoheibiryakuhyo

■ 松谷 昇蔵 Shozo MATSUTANI

内閣制度導入前後における文部官僚 ──「教育」経歴の実態──

Bureaucrats of the Ministry of Education before and after Introduction of the Cabinet System: Reality of “educational” career

■ 袁 甲幸 Jiaxing YUAN

府県の定着と「国郡制」

The Stabilization of Prefecture: the Role of the Kokugun System

優秀修士論文概要

東洋史学 Asian History

優秀修士論文概要

西洋史学 Western History

■ 小原 淳 Jun OBARA

東北地方に存するドイツ関連史跡の総合的検討

Comprehensive Research about German-related Historical Sites in Tohoku Region

■ 甚野 尚志・藤原 秀之 Takashi JINNO, Hideyuki FUJIWARA

早稲田大学歴史館「海を渡ったサムライ~朝河貫一展」によせて ──新発見資料の紹介──

The Contents Description of “Kan’ichi Asakawa Exhibition” (Waseda University History for Tomorrow Museum, 2020)

■ 松園 伸 Shin MATSUZONO

「イギリス議会史」叙述形態の変遷について(1)

Change of Narrative Style of “British Parliamentary History” (1)

優秀修士論文概要

考古学 Archaeology

■高橋 龍三郎・山崎 世理愛・隈元 道厚・比留間 絢香・岡本 樹・鈴木 宏和・川部 栞里

Ryuzaburo TAKAHASHI, Seria YAMAZAKI, Michiatsu KUMAMOTO, Ayaka HIRUMA,Itsuki OKAMOTO, Hirokazu SUZUKI, Shiori KAWABE

第3・4次加曽利貝塚デジタル三次元測量・地中レーダー探査(GPR)調査概報

Digital 3D Measurement Survey and GPR Reserch at Kasori Shell Midden: Report of 3rd and 4th Reserch

■ ゴ シンイ  Xinyi WU

遼塼室墓の立体構造に関する一視点──多室墓における天井部の 形態および通廊と墓室の接続関係を中心に──

A study of spatial structure of brick-chambered tombs in Liao

■ 劉 徳凱 Dekai LIU

漢晋期における馬蹄形帯金具の分析に関する視点

A study of spatial structure of brick-chambered tombs in Liao

■ 岡本 樹 Itsuki OKAMOTO

東北地方における3遺跡の製塩土器の 形態的特徴についての一視点

The shape of the salt making potteries in 3 sites of the Tohoku Region

優秀修士論文概要

文化人類学 Cultural Anthropology

■國弘 暁子  Akiko KUNIHIRO

「クイア」に人類学化するために: 「第三」からゼロへの試論

Queerly Anthropologizing the third gender, Hijras of India

優秀修士論文概要

表象・メディア論 Studies of Media, Body and Image

■ Futoshi SAKAUCHI

Trans-/Trance-forming Everyday Living: A Study of Conor McPherson’s The Weir

■Yuchen QIAN

On Authenticity in Photography

優秀修士論文概要

現代・文芸 Creative Writing and Criticism

優秀修士論文概要

中東・イスラーム研究 Middle Eastern and Islamic Studies

優秀修士論文概要

国際日本学 Global Japanese Literary and Cultural Studies

■Rihito MITSUI

Narrative Structure in Two English Translations of Tanizaki Jun’ichirō’s Shunkinshō

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/flas/glas/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる