Graduate School of Letters, Arts and Sciences早稲田大学 文学研究科

For Current Students

在学生の方へ

Thesis and Bulletin

修士論文・博士学位申請・紀要

修士論文

修士論文の手続・作成方法についての情報を掲載しています。

1.修士学位について

文学研究科修士課程に2年以上4年以内在学し、所要の授業科目について32単位以上を修得、かつ必要な研究指導を受けて、修士論文の審査と最終試験に合格した人には「修士(文学)」の学位が授与されます(ただし、優れた業績を上げた人については、文学研究科委員会が認めた場合に限って、在学期間を大学院修士課程に1年以上とします)。

2.修士論文提出までの流れ

※2年生以上が対象となります。
各手続の詳細は、ページ下部のお知らせ欄に随時掲示されますので、ご確認ください。

  1. 修士論文計画書の提出(5月中旬)
  2. 題目届の提出(10月上旬)
  3. 修士論文および概要書の提出(1月上旬)
  4. 最終試験(1月下旬〜2月上旬)
  • 「修士論文概要書」は、論文の概要を、400字原稿用紙20枚程度(日本語以外の場合は日本文を必ず添付)で、修士論文と同様の仕上がり(下記様式参照)で作成 します。
  • 「最終試験」は、論文提出後の指導教員および審査員(副査2名)による面接試験です。
  • 9月修了を希望される方は手続きが異なります。以下URLよりご確認ください。
    文学研究科 成績・修了のページ

3.提出資格・作成様式等

4.お知らせ

  • 修士論文計画書提出について(2017年4月20日掲載)
  • 修士論文計画書提出方法(2017年4月20日掲載)
  • 修士論文題目届提出について(2017年8月下旬掲載予定)
  • 修士論文題目届提出方法について(2017年8月下旬掲載予定)
  • 修士論文提出について(2017年10月中旬掲載予定)
  • 最終試験(口頭試問)の会場について(2018年1月上旬掲載予定)

博士論文計画書 / 研究経過・研究業績報告書

博士論文の計画書提出方法(1年次春学期)や研究経過・研究業績報告書の提出方法(毎年度秋学期末、2007年度以降入学者のみ対象)に関する案内をしています。

博士学位論文

博士学位の申請方法や公開審査会の情報について案内しています。
また、博士学位申請や論文構想発表会の書類も本ページからダウンロードすることができます。

(1)「課程による博士学位」

本研究科博士後期課程に3年以上在学し、本研究科の定めるところにより、所要の研究指導を受けた上、博士学位請求論文の審査および試験に合格した者に対し、「博士(文学)」の学位が授与される。ただし、在学期間に関しては、優れた研究業績を挙げた者について文学学術院教授会が認めた場合に限り、この課程に1年以上在学すれば足りるものとする。

博士学位請求論文を提出しないで退学した者のうち、博士後期課程に3年以上在学し、かつ、必要な研究指導を受けた者は、退学した日から起算して3年以内に限り、文学学術院教授会の許可を得て、博士学位請求論文を提出し、審査を受けることができる。

※「課程による博士学位」は、在学中の者、および退学した日から3年以内に文学学術院教授会において学位請求論文の受理が承認された者をその対象とする。なお、この場合の論文審査料は無料とする。

(2)「課程によらない博士学位」

上記(1)の①②以外はすべて「課程によらない博士学位」扱いとなる。博士学位は、上記の「課程による博士学位」の規定にかかわらず、博士学位請求論文を提出して、その審査および試験に合格し、かつ、専攻学術に関し博士後期課程を修了した者と同様に広い学識を有することを確認された者に対しても、「博士(文学)」の学位が授与される。ただし、この場合、所定の論文審査料(20万円)を納入しなければならない。

【重要】文部科学省学位規則改正に伴い、博士学位論文の公表方法が「印刷公表」から「インターネットによる公表」に変更となりました。それを受けて早稲田大学学位規則の運用に関する文学研究科内規が変更となりました(2013年6月19日)。

《提出していただく論文の仕様について》
「簡易な体裁(バインダーで綴じられた仕様)」で論文を提出することとされておりますが、具体的には一般的に市販されている紙製のもので、穴を開けて綴じ込んでいただければ結構です。耐久性のあるプラスティック製である必要はございません。ただし所定の表紙ラベルをはがれないように糊ないし接着剤で貼付してください。

「課程による博士学位」の申請の場合、研究倫理概論の受講が必要です

課程による博士学位を申請するには、研究倫理概論の受講を済ませている必要があります。学位請求者に応じて、以下のように対応を行ってください。

在籍状況 研究倫理概論受講状況 受講・申請方法
在籍中 完了 “博士学位請求論文受理願”に受講完了年度を記入してください。
未完了 CourseN@viにログインし、研究倫理概論(閲覧用)を受講してください。必要な講義回をすべて受講し、確認テストを受けてください。
退学後3年以内 完了 “博士学位請求論文受理願”に受講完了年度を記入してください。
未完了 オンデマンドコンテンツ視聴用のユーザID/Passwordを発行します。以下の問合せ先に連絡してください。問合せ先:toyama-gakui@list.waseda.jp

審査員(副査)を決めてください

主任審査員(予定者)は、審査員(副査)を事前に決定してください。

主任審査員(予定者)による、類似度判定ソフトを用いた事前確認が必要です

主任審査員(予定者)は、博士学位請求論文の受理申請を行う際に必ず、類似度判定ソフト(iThenticate)を利用して学位請求論文の事前内容確認を行ってください。

類似度確認ソフトによる事前確認手順について

ITサービスナビ(iThenticateについて)

iThenticateクイックガイド

※「課程による者」の内、延長生として在学中に博士学位授与が決定した場合は、学位取得年月日の学期まで学費が必要です。
(例)4月に博士学位授与が決定→当該年度の春学期学費が必要です。

ダウンロードファイルの部分(ファイル形式名称)をクリックすると、書式データをダウンロードすることができます。
電子媒体で提出する書類については、次のアドレスに送付してください→toyama-gakui@list.waseda.jp

1.博士学位申請書類

(1)課程による博士用

書類名 記入者 ダウンロードファイル
1. 学位申請書 申請者 詳細 / 詳細
2. 博士学位申請履歴書 申請者 詳細 / 詳細
3. 博士学位申請研究業績書 申請者 詳細 / 詳細
4. 博士学位請求論文受理願 主任審査員予定者 詳細 / 詳細
5. 博士学位請求論文の確認報告書 申請者・主任審査員予定者 詳細 / 詳細
6. 博士学位請求論文表紙ラベル(受理申請時、簡易な体裁(バインダーで綴じられた仕様)に貼付のこと) 申請者 詳細 / 詳細
7. 公開留保申請書
(インターネットによる論文の公表を留保したい場合のみ)
※両面印刷
申請者 詳細 / 詳細
8. 教授会説明資料(400字要旨)
※電子媒体で提出
主任審査員予定者 詳細

(2)課程によらない博士用

書類名 記入者 ダウンロードファイル
1. 学位申請書 申請者 詳細 / 詳細
2. 博士学位申請履歴書 申請者 詳細 / 詳細
3. 博士学位申請研究業績書 申請者 詳細 / 詳細
4. 博士学位請求論文受理願 主任審査員予定者 詳細 / 詳細
5. 博士学位論文所見書 主任審査員予定者 詳細詳細
6. 博士学位請求論文の確認報告書 申請者・主任審査員予定者 詳細 / 詳細
7. 博士学位請求論文表紙ラベル(受理申請時、簡易な体裁(バインダーで綴じられた仕様)に貼付のこと) 申請者 詳細 / 詳細
8. 公開留保申請書
(インターネットによる論文の公表を留保したい場合のみ)
※両面印刷
申請者 詳細 / 詳細
9. 教授会説明資料(400字要旨)
※電子媒体で提出
主任審査員予定者 詳細

(3)審査委員会用

書類名 記入者 ダウンロードファイル
1. 博士学位請求論文審査報告要旨※電子媒体にて提出 主任審査員 詳細
2. 審査委員会審査報告書 主任審査員 詳細 / 詳細
3. 教授会説明資料(400字要旨)
※電子媒体にて提出
主任審査員 詳細
4. 学識確認審査報告書(課程によらない者の内、該当者のみ) 学位委員会委員 詳細 / 詳細
5. 確認書 申請者 詳細 / 詳細

2.論文構想発表会書類

書類名 記入者 ダウンロードファイル
1. 「論文構想発表会」開催連絡 申請者 詳細 / 詳細

早稲田大学文学学術院事務所学務係博士学位担当
電話:03-3203-4381
メール: toyama-gakui@list.waseda.jp

文研紀要

「文学研究科紀要第62輯」(2016年度)発行のお知らせ

「文学研究科紀要第62輯」を2017年3月15日に発行いたしました。

各論文は下記のリンク先よりご覧いただけます。

2017_cover1

第62輯(2017.3.15発行)

「文学研究科紀要第63輯」(2017年度)の掲載論文募集のお知らせ

「文学研究科紀要第63輯」(2018年3月Web発行予定)の掲載論文募集は2017年5月上旬より開始予定です。

※参考:「第62輯」(2016年度)にて論文募集をした際のお知らせ・申請書・執筆要項・規定

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/flas/glas/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる