School of Culture, Media and Society早稲田大学 文化構想学部

Global Studies in Japanese Cultures Program

JCulP:国際日本文化論プログラム

Student Support

学生支援

国際コミュニティセンターICC

ICCは学生の皆さんが主体となって創り・育てる異文化交流のコミュニティです。

早稲田大学には現在100を超える国/地域から5,000人以上のInternational Studentsが在籍し、また、毎年4,000人以上の学生が海外へ留学しています。
その国際性豊かな環境を活かし、キャンパスにおける異文化交流のさらなる充実を目指して設立されたのがICCです。
ICCは、すべての学生たちが、国境、国籍、文化の枠を越えて、活発な相互交流を行う過程で、異文化理解を深めながら、新たな価値観や文化を生み出すことを目指し、活動しています。

WAVOC平山郁夫記念ボランティアセンター

It starts with you, here, now はじめよう、今から、ここから、自分から

早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)は早稲田大学の一機関として2002年4月に設立されたボランティアセンターです。
「社会と大学をつなぐ」、「体験的に学ぶ機会を広く提供する」、「学生が社会に貢献することを応援する」という3つの理念をもち、早稲田大学の社会貢献の推進役として、活動してきました。
ボランティア関連科目履修者とプロジェクトに参加した一人ひとりが「社会に対して何ができたのか」「何を学んだのか」「どんな答えがあったのか」それぞれが貴重な体験や、想いを胸に抱き社会で活躍しています。

 

社会連携推進室

WASEDAと社会のリソースをつなぎ新たな人的交流の場を創ります。

年々多様化する、大学の社会連携は如何にあるべきか?社会連携推進室では、その要となるものは、やはり「人とのつながり」だと考えます。
大学の根幹である「教育」を軸に、社会におけるさまざまな人的交流の場を創り出すこと。今までの概念にとらわれずにその可能性を希求していくこと。
それらが、大学はもとより、社会にも新たな価値をもたらすと信じています。
早稲田大学は社会に愛される大学として、これからも大学の資源を活用し、社会との新しい連携のあり方をプロデュースしてきます。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/flas/cms/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる