Notice大切なお知らせ

日本の司法制度は被災者を救えるか

2021年3月11日に発生より10年を迎えた東日本大震災。早稲田大学は特設WEBサイト『10 YEARS SINCE 東日本大震災 ‐研究、教育、貢献で考える 早稲田大学と震災の記録‐』を2021年3月11日(木)にグランド・オープンいたしました。特設サイトより、1つの記事をピックアップして紹介します。

特設WEBサイトはこちら⇒

ARTICLE
日本の司法制度は、本当に被災者を救えるか

教員、学生、卒業生が進める、法務での被災地支援

法学学術院教授・須網隆夫教授は、早稲田大学東日本大震災復興支援法務プロジェクトの代表を務め、被災地の法的支援や現地調査を、学生や卒業生とともに進めてきた。「東日本大震災を通じて見えてきたのは、日本の司法制度の脆弱性、特異性です」。法の力は、東北においてどのように機能してきたのか。法務プロジェクトのメンバーが意見を交える。

特設WEBサイト
10 YEARS SINCE 東日本大震災 ‐研究、教育、貢献で考える 早稲田大学と震災の記録‐

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる