Notice大切なお知らせ

コロナ禍での学生生活について

コロナ禍での現在と今後の学生生活について

*English version follows Japanese

早稲田大学の学生 (とくに大学1年生・2年生) の皆さんへ

2020年12月1日
早稲田大学総長

秋学期が始まり2ヵ月が過ぎました。本日は、残り約2ヵ月になりました今学期の学生生活について、学生の皆さんを少しでも励ましたいと思い、メールをお送りしております。秋学期になっても、大学1年生の多くと2年生の一部の学生は、対面授業が少なく、キャンパスに来て、他の学生と交流する機会が、非常に少ないままであるかと思います。教職員一同、たいへんに気がかりで、気の毒な状況が続いていると思っております。
学生の皆さんの気分が少しでも晴れることを期待して、またキャンパスでの学生生活を味わっていない学生の方々に、早稲田の学生生活を少しでも肌で感じていただきたいと思い、大学の現況をお知らせします。
第一に、キャンパスの施設の状況です。早稲田大学のすべてのキャンパスの門は、午前8時から午後8時まで(土日・祝日は午後6時まで)開いており、学生は自由に出入りができます。例年よりも、学生数は少数で、密ではありません。キャンパスの様子を見るだけでも、訪れる価値はあります。早稲田キャンパスの早稲田大学歴史館・坪内博士記念演劇博物館・會津八一記念博物館、戸山キャンパスの早稲田スポーツミュージアム、本庄キャンパスの本庄早稲田の杜ミュージアムは開館しています。また、早稲田キャンパスにある大隈庭園にも入られます(授業実施日の午前9時から午後4時半まで)。創立者・大隈重信の邸宅のあった庭園を見るのも、紅葉の美しいこの季節には、気分転換に良いと思います。
早稲田大学の図書館・図書室も、すべて開館しています。閲覧室での座席を制限している学生読書室等でも、徐々にそれを緩和していく予定です。また、戸山キャンパスの学生会館も開館しています。密にならないように制限をしていますが、大学公認のサークルが活動しています。サークルに入るかどうかは別として、早稲田の先輩たちが、どんな学生生活を送っているのかを垣間見ることができます。
第二に、早稲田スポーツの状況です。競技スポーツセンターの体育各部は、活動を再開しています。野球部は、早慶戦で2戦とも逆転ホームランで勝利をおさめ、10シーズンぶりに六大学の優勝を果たしました。ラグビー蹴球部も、早慶戦に勝利をおさめ、対抗戦グループAで6戦全勝です。12月6日には、最終戦の明治大学との伝統の一戦を秩父宮競技場で行います(入場券はネットで予約必要;テレビ中継はNHK総合で13:50~)。観戦することで、早稲田の学生生活の一部を感じられると思います。
ただし、これらの体育各部も、学生サークルも、厳しい自粛と節制をしています。体育各部は、寮生活をしながら、ほとんどコロナウイルスの感染者を出していません。感染者が出た場合は、当該のチームは公式戦出場停止で、かつ一時的に活動停止になるなど、厳しい措置をとっています。
第三に、「早稲田祭2020」の状況です。早稲田祭は、「早稲田祭2003」以降、「早稲田祭運営スタッフ」により運営されており、教職員は手出しをしません。「早稲田祭2020」では、準備や練習、当日の発表・演劇・演奏・演舞などに、参加団体240、延べ約5,000人もの学生が、交代しながら早稲田アリーナ・大隈講堂のほか様々な教室を利用しました。その際には、参加者全員が感染予防策をしっかりと取り、飲み会やコンパを自粛したと報告されています。開催前には、2団体にそれぞれ1名ずつコロナの感染者が出ましたが、その2団体は登校しての参加を中止しております。
このように、学生の課外活動は、是非とも活動したいという学生の熱意を尊重して、認めています。かれらは自己責任で活動しており、一人でも感染者がでれば連帯責任で、そのチーム全体が活動停止になっています。そうした意味で、学生の課外活動は、感染のリスクがあることを自覚しつつ、参加者が全員参加したいという熱意で自己責任と連帯責任を負って、活動していると言えるでしょう。
最後に一番大切な授業についてです。授業は、課外活動とは責任の所在という点で差異があると考えています。授業は、対面で行えば、通学圏に住む学生の皆さんは、出席しなくてはならないと考えがちになるからです。本学は、そうした圧力により健康のリスクを冒して授業に出席することを求めません。そのため、密にならず、感染症の拡大が起こらないように、最大限の注意を払って、対面授業を実施してきました。
今後も、その考えは基本的には変わりません。そして2021年春学期には、感染状況が許せば約7割の授業を対面で実施できるように、現在計画をたてています。
学生の皆さんは、今後も節制をして、マスク着用、手洗い、うがい、体温測定をし、また何よりも複数の人数での会食を避けて、ご自分を守ってください。皆さんの理性ある行動により、2021年度春学期から対面授業を大幅に増やすことができると考えています。
皆さん、どうかよろしくお願いいたします。

このようなお知らせをもっと早く出すべきだったと反省していますが、感染状況の急速な拡大などによって、迷いが生じました。遅れましたこと、お詫びいたします。


 

On Student Life in this Autumn

Dear Students of Waseda University,

December 1, 2020

I hope that you are all well. Today, I am writing to offer some words of encourage for these two final months of the Autumn Semester. I imagine that many of you freshmen and some of you sophomores have had neither face-to-face classes nor events with other students on campus so far this year. We, faculty members and staff, have been concerned about the situation.
I would like to inform you about the present state of university facilities and student activities so that you can feel some sense of student life at Waseda.
First, as for the state of our facilities on campus now, all the gates of our campuses are open from 8:00 a.m. to 8:00 p.m. (and until 6:00pm on weekends) seven days a week. You are free to come and go. It may be worth visiting your campus to take in the scenery of your university, even though many fewer students are on campus compared with normal years.
The following museums are open: on Waseda campus, the Tsubouchi Memorial Theatre Museum, Aizu Museum of East Asian arts, Waseda University History for Tomorrow Museum; on Toyama campus, Waseda Sports Museum; and on Honjo campus, Honjo-Waseda no Mori Museum. You can also visit the Okuma Garden (9:00 a.m. to 4:30 p.m., open only on weekdays), which is the site of the residence of Mr. Okuma Shigenobu, the founder of Waseda University. You may enjoy seeing the leaves turning red and yellow in the garden.
All the libraries of Waseda are also now open. The seats in the reading room of each school have been limited to protect you against COVID, but those reading rooms are planning to relax the standards to accept more students.
The student union is also open for student activities. You can see some activities of students’ circles regardless of whether or not you participate in any circle. Watching their activities could be fun, to feel the energy of student life at Waseda.
I would like to tell you about some of the activities of the varsity clubs of the Athletic Department. The Waseda Baseball Team won the championship of the Baseball League of Six Universities, clinched by a victory over our arch rival, Keio University. The Waseda Rugby Football Team has won six consecutive matches in their League, including a victory over Keio University. The Rugby Football Team will have a final game with their arch rival, Meiji University on December 6 at Chichibuno-miya Rugby Football Stadium. (The game will be televised via NHK; you may purchase tickets via the internet for the live event). Watching the game always gives me a unique feeling of connection with Waseda and with the team.
Members of varsity athletic clubs and sports circles have been under strict self-control to prevent any infections. It is noteworthy that varsity club members have rarely generated clusters of COVID-19 infections. They are aware that the entire team will not be allowed to participate in any games or in practices if even a single member gets infected.
It also gives me great pleasure to tell you about “Waseda-sai 2020 (Student Festival 2020).” The student members of the “Waseda-sai Administrative Staff” have been planning for this event since 2003 without any help from faculty members or university staff. “Waseda-sai 2020” was held online on November 7 and 8, 2020. About 240 circles or groups and about 5,000 students participated in performing drama or dances, play songs or show other activities in real on campus during “Waseda-sai 2020.” During those days including practices and preparations, they have demonstrated very high levels of self-control and discipline. Only in two groups, one person each was infected with the COVID-19, and as a consequence those two groups gave up coming to campus to perform during “Waseda-sai 2020.”
The university acknowledges the strong wish of varsity athletic clubs or student circles to engage in their activities, and therefore permits these activities as long as they are able to prevent COVID infections. Those students are clearly aware of their own responsibility and understand that they are responsible as a team.
Lastly, and most importantly, let me explain about teaching. We faculty members and university administrative staff clearly distinguish between attending face-to-face classes and participating in student activities. If the university decided to offer face-to-face classes for many courses, the students in the Greater Tokyo Metropolitan Area would feel obligated to come to campus to attend those in-person classes. Facing the strong possibilities that students or professors are infected, we thought that we should not force any students to come to campus for class meetings. We have therefore conducted in-person teaching in a very limited way in this autumn semester.
We will adhere to this philosophy and policy for the time being. For Spring Semester 2021, however, and insofar as the COVID-19 situation permits, we will convert about 70% of classes from online to face-to-face. Please keep wearing masks, washing your hands frequently, gargling, and measuring your temperature every morning. Please avoid parties or group dinners to protect yourselves. We can increase the number of in-person classes from spring 2021 only if everyone adheres to these strict limitations.

I wish I had sent this message of encouragement much earlier. I apologize for the delay on account of my hesitation, but I hope you understand the situation in which there was a sharp increase in infections in November around the world, including Japan.

With cordial best wishes,

Aiji Tanaka, President
Waseda University

 

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる