Notice大切なお知らせ

一期一会 早稲田国際部はいつも始まりの場所

※この記事は、WASEDA USAニュースレター Vol. 13(2018年冬発行)に掲載したMichael Okumuraさん(1984-1985、国際部)の寄稿記事を転載しています

私が日本への道に歩み出たのは35年前でした。当時は先祖の国を初めて体験するための旅行でありましたが、それ以降は米国と日本を頻繁に行き来するようになりました。このいわゆる「人生の旅」というのは早稲田大学の国際部で過ごした一年間(1984-1985)のお陰です。それは私のホームキャンパスのCSULA(カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校)を通して参加したプログラムでした。1985年5月に国際部での留学を終えると、英語教師のアルバイトをしながら外国為替の専門家としてのキャリアを歩み始めました。これによって私の東京での人生が一層おもしろくなりました。

Michael Okumuraさん(左端)

およそ2年後に、私は生まれ故郷のロサンゼルスに戻り、両国との個人的かつ文化的なかかわりを強くする決意をしました。典型的なアメリカ育ちの日系4世だった私は、父・母の双方の祖父母を和ませるため程度のほんの少し日本文化を当時すでに身につけてはいましたが、日本語のバックグラウンドはありませんでした。

過去を振り返ってみると、私の留学中での経験が教育、仕事、人生に大きな影響を与えたことは驚くことではありません。日本から戻り、1983年に南カリフォルニア大学を卒業した時からの一年後の唯一の目標は、早稲田大学の国際部に留学し、金融の仕事を行いながら、長期間東京で暮らすのに必要な日本語を学ぶことでした。そのきっかけは日本旅行の時に国際部に行って南カリフォルニア大学のクラスメートに会ったことでした。

1980年代は「日本、株」、「ロン・ヤス」(ロナルド・レーガン大統領と中曽根康弘首相)友好政治、バブル経済の時代でした。私の早稲田での留学中は1ドルは約250円だったのを覚えています。ドルから円に換えるのには最高でしたが、帰国した時に円からドルに換えたら逆に損をした気分になりました。留学後の私はしばらく語学学校で語学の学習を続けましたが、仕事が忙しくなり学校のための時間が持てなくなりました。しかし、私は仕事の同僚や私とも友達になったCSULAのクラスメートがホームステイしていた家族の子女、またテニスサークルや書道クラブの早大生の友人とは主に日本語で話しをしていました。

私のCSUグループはとても緊密でそれは今でも同じです。私たちが敬愛する早稲田大学のCSUコーディネーターの風岡多賀子さんとともに、2009年LA(25周年)と2014年4月東京(30周年)のCSU-Waseda同窓会に参加しました。多賀子さんが30年前と同じように私達9人の元クラスメートを国際部の建物や共通教室に案内してくれました。日本での無邪気で若かりし頃の思い出のデジャヴとフラッシュバックです!私はLAのリトル東京で行われた2015年(40名参加)と2016年(多賀子さんを含む80名近く参加)の国際部-SILSのCSU同窓会の企画メンバーでもありました。私とウィング、キャシー、ケン、ルーアン、シャロン、エリック(東京在住)はいつも誰かがLAに来ると集まります。私が東京に行くときは、世田谷にあるホームステイ先の母のRyokoさんと息子のイクマの家族の両方を訪問します。当時私は渋谷区猿楽町の美しい家に住んでいました。

現在、私は日本で最大級の金融機関であるMUFG Union Bank、N.Aで働いています。以前は別の日本の銀行2ヵ所(現在は閉鎖)で働いていました。私は、モンテベロ と芦屋市の姉妹都市協会、リトル東京歴史協会、全米日系人博物館でリーダーシップを発揮するポジションにいます。地域社会との関わりを通じて、日本の天皇皇后両陛下、総理大臣二人や他の政府関係者と会うことができたことを非常に誇りに思っています。今年の年末には、教会ミッションの関係で日本を訪問し、東日本大震災(2011年3月11日)の地震と津波で致命的なダメージを受けた仙台沿岸地域のStudy tourを行う予定です。

まだ割と内向きで外国人はほとんどいなかった80年代と比べると、今の日本は世界的な観光地となり、東京で2020年の夏季オリンピックを開催されるなど、多くのことが変わりました。好評を得た日本の食べ物、文化、映画、音楽、ビジネスは、シームレスに今日の世界規模の社会に統合されています。

私の日本への訪問はその後の人生に大きな意味を持ちました。特に遠い親戚のいる故郷の鳥取県、和歌山県や福島県に泊まる時は、必ずお墓詣りに行きます。私の日本人としてのルーツに感謝しています。私が日本で学び遭遇することは、いつも私の米国での日常生活に統合しようとしています。一期一会、早稲田国際部はいつも始まりの場所でした。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる