Notice大切なお知らせ

早稲田大学とUCLAの連携プロジェクト「柳井イニシアティブ」 過去5年間の成果を受け柳井氏が継続支援表明

柳井正氏(株式会社ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長 本学政治経済学部卒)のご寄付により、早稲田大学(以下、本学)とUCLAが2014年から連携して、日本文化研究のグローバル化に取り組んできたプロジェクト「柳井正イニシアティブ グローバル・ジャパン・ヒューマニティーズ・プロジェクト(以下、柳井イニシアティブ)」の発足から今年で6年になることを受け、この度、プロジェクトをより一層発展させ、永続化することを目的に、柳井氏がUCLAに対して、2,500万米ドル(約27億5千万円)の寄付を行うことが、UCLAから発表されました。

柳井氏は、日本文化を積極的に世界に発信することが非常に重要とお考えであり、その観点から、本学の日本文化研究に深いご理解をいただいております。本学も、2014年から始まった文部科学省のスーパーグローバル大学創成支援事業に採択されており、本事業において、本学の「国際日本学拠点」を日本文化研究の国際発信の拠点と定め、研究教育活動を展開してまいりました。

「柳井イニシアティブ」は、日米それぞれで進められていた日本文化研究をひとつのネットワークとして構築し、日本の第一線で活躍する研究者の知識と経験を世界に発信し、日米の研究者や学生が互いに切磋琢磨する中で、未来の日本の文化研究を創造することを目標にしています。柳井氏は、同イニシアティブの運営委員である本学の十重田裕一教授(文学学術院)と、UCLAマイケル・エメリック教授(本学文学学術院教授)が約6年間の同イニシアティブにおいて取り組んできた共同研究や教育への更なる成果に期待し、この度、UCLAに2,500万米ドルを寄付され、「柳井イニシアティブ」の永続化を可能とする基金を立ち上げることになりました。

柳井氏は、「この5年間、本イニシアティブを通じて、独創的かつ画期的な学術・文化事業が数多く実施されてきたことを、大変素晴らしく思います。今後、常設のプログラムとして運営されることで、世界における日本文化研究をどのように変えていけるのか、非常に楽しみです。同時に、今回の寄付を通じて、人文科学の重要性が再認識され、多くの方々に再び、人文科学に関わりを持っていただけることを願っています」と述べています。

これまで同イニシアティブでは、野村万作氏(本学第一文学部卒・芸術功労者)、野村萬斎氏(本学推薦校友)出演による「狂言の夕べ in Los Angeles」や、是枝裕和監督(本学第一文学部卒・理工学術院教授)による映画イベントなどを行ってきました。今後も広く一般に開かれた、日本文化の発信と日本文化研究の深化の双方を実現するような文化プログラムを計画しております。

また、本学では、小説家の村上春樹氏(本学第一文学部卒)から寄託・寄贈いただく小説や翻訳など全ての著作、直筆の原稿、書評などの資料をもとに、国際文学研究と文化交流の拠点をつくる取り組みとして、「早稲田大学国際文学館(通称:村上春樹ライブラリー)」の構想を進めております。柳井氏はその構想に大いに共鳴され、新国立競技場の設計をされた建築家の隈研吾氏が設計して、斬新な姿で2021年春に開館する国際文学館のための建設費用全額(約12億円)を本学に寄付されました。

柳井氏のご厚志に応えるべく、本学としてはますます本格的に日本文化研究を深化させるとともに、積極的に国際発信して行きたいと考えております。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる